二十四節気の計算
このページでは、二十四節気について、指定された年の節入りの月日時刻を定気法と恒気法の二つの方式で計算し表示しています(現在一般に使われる方式は定気法です)。
二十四節気がどのようなものであるかについては二十四節気とはの解説記事をお読みください。
 
二十四節気・一覧
西暦
節気の名称定気法恒気法
月日時刻月日時刻
ここは新・旧暦年が異なります
旧暦年新暦年
十二月節小寒285
十二月中大寒300
ここからは旧暦年と新暦年が一致
旧暦年新暦年
正月節立春315
正月中雨水330
二月節啓蟄345
二月中春分0
三月節清明15
三月中穀雨30
四月節立夏45
四月中小満60
五月節芒種75
五月中夏至90
六月節小暑105
六月中大暑120
七月節立秋135
七月中処暑150
八月節白露165
八月中秋分180
九月節寒露195
九月中霜降210
十月節立冬225
十月中小雪240
十一月節大雪255
十一月中冬至270
ここから新・旧暦年が異なります
旧暦年新暦年
十二月節小寒285
十二月中大寒300
二十四節気 (上の表の説明)
下の表は、年毎の二十四節気の節入りの月日と時刻を計算し表示するものです。
使い方
  1. 表の「西暦」と書いた部分に、求めたい年を4桁の西暦年で指定。
  2. 計算実行」ボタンをクリックする。
  3. 計算結果をエクセルなどに取り込んで使用したい場合は、「CSV表示」ボタンをクリックし、表示されたCSVデータをファイルに保存して使用する。

節入りの時刻等(ただし定気法によるもの)を更に詳細に確認したい場合は、太陽と月の視黄経・黄緯の計算を利用してご確認下さい。七十二候の日付(定気法による)を知りたい方は、七十二候の日付計算をご利用下さい。

補足説明
  • 計算と計算に要する時間
    計算にはJavascriptを使用しています。お使いのコンピュータ環境によっては、計算に1〜2秒の時間を要する場合があります。
  • 定気法と恒気法の表示
    従来の定気法による計算結果の他に、2010/05からは恒気法(注1)による計算結果も参考まで表示するようにしました。
注1: ここで用いた恒気法では、節気間隔の基準として冬至と次の冬至の間隔を用いました。平均年の長ではありません。
表中の月日時刻についての注意事項
表の「月日」は現在の暦(新暦)での月日です。表の二十四節気は新暦の1月から順に並べておりますので、旧暦では前の年の十二月節と中である小寒と大寒が表の最初に表示されます。
「旧暦での今年」の小寒と大寒は新暦では翌年の日付となりますので、表の最後に表示しております。
このため、

 最初の小寒・大寒は新暦で「計算年」
 最後の小寒・大寒は新暦で「計算年の翌年」

となります。注意してください。

この表の日時は太陽の位置計算から得ておりますので、1870〜2100年の間ならば、実用上問題ないレベルで計算出来ます(時刻に関する最大誤差は約2.4分です)。その後のことに関しては、あと50年位したら考えます。
二十四節気とは」も、併せてお読みください。


二十四節気とは
七十二候の日付計算 PV ( ) since 2008.7.8