殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/08/24 05:49)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2006/11/15 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お早うございます。本日の暦データを配信致します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■ 平成 18年 11月 15日 の暦 ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西暦 2006年 11月 15日 (第3水曜日)  [今年の 319 日目  残日数  47 日]
旧暦   9月 25日 (先負)
ユリウス通日 2454054.5 (日本時 9時の値)

■誕生花と花言葉
 カラタチ             思い出
 ラケナリア           持続する愛
 ローズマリー         思い出,私を思って
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇七五三
  数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳のとき、成長を祝い神社に
  参詣する行事。11月15日に行うようになったのは江戸時代、徳川綱吉の子、
  徳松の祝いがこの日に行われたことからといわれている。

 ◇かまぼこの日
  平安時代の古文書に1115年の祝宴の膳にかまぼこが出されたという記述が
  あることからかまぼこ業者が制定。1115年なので11月15日を記念日とした。

 ◇一般鳥獣狩猟解禁
  翌年2月15日まで。 北海道は10月1日〜翌年1月31日。

 ◇きものの日
  全日本きもの振興会が、きものの良さを知ってもらおうと制定した日。
  11月15日としたのは七五三で和服を着る機会が増えることから。

 ◇昆布の日
  日本昆布協会が子供達が昆布を食べて丈夫に育つようにと、七五三の日を
  昆布の日としたもの。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■今日の日干支と主な暦注
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  戊申 [つちのえさる]
 十二直  納   [おさん] 小吉.物品購入,新築吉.婚礼,見合い凶
 二十八宿 箕   [き] 造作大吉.財産の収蔵吉.婚礼大凶.葬式は凶
 二十七宿 軫   [しん] 万事吉.衣類裁断のみは火災の難に注意
 日家九星 七赤金星 [しちせききんせい]

 ◇主な暦注
  不成就日 [ふじょうじゅにち] 凶日.ことに事業開始等大凶

 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 (11/15)
  日出  6時26分  日没 16時12分  日照時間  9時46分
  月出  0時32分  月没 13時35分  正午月齢 23.9
 ・札幌 (11/16)
  日出  6時27分  日没 16時11分  日照時間  9時44分
  月出  1時33分  月没 13時52分  正午月齢 24.9
 
 ◆東京 (11/15)
  日出  6時16分  日没 16時35分  日照時間 10時19分
  月出  0時46分  月没 13時38分  正午月齢 23.9
 ・東京 (11/16)
  日出  6時17分  日没 16時35分  日照時間 10時18分
  月出  1時42分  月没 14時 0分  正午月齢 24.9
 
 ◆大阪 (11/15)
  日出  6時30分  日没 16時54分  日照時間 10時23分
  月出  1時 3分  月没 13時54分  正午月齢 23.9
 ・大阪 (11/16)
  日出  6時31分  日没 16時53分  日照時間 10時22分
  月出  1時59分  月没 14時17分  正午月齢 24.9
 
 ◆福岡 (11/15)
  日出  6時49分  日没 17時16分  日照時間 10時27分
  月出  1時26分  月没 14時15分  正午月齢 23.9
 ・福岡 (11/16)
  日出  6時50分  日没 17時16分  日照時間 10時26分
  月出  2時21分  月没 14時38分  正午月齢 24.9
 
 ◆那覇 (11/15)
  日出  6時47分  日没 17時40分  日照時間 10時53分
  月出  1時42分  月没 14時23分  正午月齢 23.9
 ・那覇 (11/16)
  日出  6時48分  日没 17時40分  日照時間 10時52分
  月出  2時33分  月没 14時50分  正午月齢 24.9
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (日出没計算)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ☆★☆ こよみのページからのCM ☆★☆       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆【かわうその年末・年始お奨め商品】
  おすすめ商品一覧 ⇒  http://astore.amazon.co.jp/koyomi8com-22
  特に年末年始に向けて、あったらいいな商品をまとめてみました。
  
◆【暮らしに生かす旧暦ノート】 河出書房新社刊 (税込 1575円也)
  かわうそ@暦の本です ⇒  http://koyomi8.com/sub/ec/shop.htm
  
◆【暦データ計算・入力等お手伝い致します】
  日出没・月出没計算、二十四節気節入り月日時刻、旧暦情報他、暦と天文
  に関わる計算、データ入力などお手伝い致します。
  対応可能なデータ、価格等についてはお問い合わせください。
  お問い合わせ先 Email office@koyomi.vis.ne.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■ 不定期連載 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■七五三の話
 本日は十一月十五日、七五三の祝いの日です。(もっとも今日は平日ですか
 ら、実際に七五三の祝いで神社が混み合うのは今週末当たりでしょう)。

 七五三は、「しめ(七五三)の祝い」とも呼ばれ、

  男児は三歳・五歳 
  女児は三歳・七歳 

 に祝うことが一般的です。近頃は男女とも区別無く三・五・七歳のいずれに
 も祝うことも増えてきているようです。節目節目に子供が無事に成長するこ
 とを祈る行事は、子供の死亡率の高かった時代には、大切なことだったと思
 われます。

 現在のように七五三が 11/15に行われるようになったのは江戸の中期頃。三
 代将軍家光が後の五代将軍綱吉の袴着(はかまぎ)の儀式をこの日に行った
 ことからだと言われます。それ以前は、「十一月の吉日」であればよく、15
 日に決まっていたわけではありません。

 ではなぜ15日が選ばれるようになったのかと言えば、これは二十八宿(当時
 は、二十七宿方式)の占いによれば最良の日とされる「鬼宿日」に当たって
 いたためです。お釈迦様も鬼宿日生まれといわれ、二十八宿(二十七宿)の
 占いでは大吉日で、二十七宿方式計算すると 11/15(もちろん旧暦の日付)
 は必ず鬼宿日になるため、この日に祝われたのです。

 七五三の祝いの前身は、三・五・七歳に行われた次のような年祝いです。

 ◇髪置(「かみおき」 三歳・男女)
  子供の頭に白髪に見立てた綿帽子をかぶせ、長寿を祈ったもの。

 ◇袴着(「はかまぎ」 五歳・男児)
  男児が初めて「袴」をはく儀式。「袴」という公の場で身につける衣服を
  着用することで、社会を担う立派な構成員となることを祈ったもの。

 ◇帯解(「おびとき」 七歳・女児)
  女子が着物の着け帯びをはずして、大人と同じに帯を締める行事。大人の
  女性の一人となることを祈ったもの。

 因みに、七五三の祝いと言えば定番である「千歳飴」は江戸は浅草で平野甚
 右衛門という飴屋が売り出したものがその始めと言われます。この子に千歳
 までもの長寿が授かりますようにと、翁と媼・鶴と亀を配した目出度い図柄
 で、当時のヒット商品になったもののようです。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■Web こよみのページ情報 (http://koyomi8.com/)
 本日の暦のこぼれ話で取り上げた七五三の記事。更に詳しい記事は
 七五三のはなし (http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0745.htm) で。

■皆様からのお便り (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
 ◇かめさんよりの提案
  陰暦の月の名称「霜月」とか英語の「November」
  さらには、星座などもあったりするといいのかな?
  後、週の情報はいかがでしょう?
  年=46週目/53週中
  月=3週目/5週中

 ⇒なるほどというものもありますので、検討させて頂きます。
  自分では気が付かないこともありますので、「こんなデータも入れて」と
  いった提案が有ればまたお願いします。

 ☆★☆ 御意見募集 ☆★☆

  現在、日刊☆こよみのページの携帯版を作成すべきか否かを真面目に検討
  しております。
  携帯版は有った方がよいか、携帯版が有ればよいと思う方は、どんな項目
  が有ればよいか、長さはどれくらい・・・。

  皆さんの御意見をおきかせ願いたい。
  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp  でお待ち致しております。

■11/14 号の「まぐまぐ」からの遅配について
 メールマガジン発行スタンド「まぐまぐ」からの配信登録をなさってくださ
 っている皆さんには、昨日号が夕方まで届かなかったと思います。ご迷惑を
 おかけしました。

 これは、「まぐまぐ」のメール送信サーバーのトラブルだったとのことで、
 現在は解消されたとの連絡が有りましたので、ご安心下さい。

■編集後記か?
 十一月十五日、今日は七五三の日。

 今日こそは、不定期連載の暦のこぼれ話はお休みするつもりであった。そう
 思っていた矢先に、「今日の記念日」データでこの文字を見つけてしまった。
 十一月十五日は年に一回、今日七五三について書かなければ来年まで書くチ
 ャンスが無いなと貧乏性な私は思った。そして、まるで日刊のような暦のこ
 ぼれ話を書き始めてしまった。

 記念日ネタは、毎日何かの記念日がある(日本記念日協会に登録されている
 記念日は 2万6000件以上。しかも増え続けているそうな)から、書こうと思
 えば毎日書ける。ネタが有るのはうれしいですが、そうなると「不定期連載」
 はどうなるの?
 「暦のこぼれ話休刊記念日」何て言うのも作っちゃうとかねする?


 ▼CM▼ そろそろ来年のカレンダーを。月齢カレンダーはいかが? ▼CM▼
 こよみのページおすすめ品⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8com-22
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>>>  本日発行部数:  567 部  (まぐまぐ 329 / melma! 48 / 直配 190)  <<<
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm

★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )

☆御意見・ご感想そして、質問などは次のメールアドレスまで。
 magazine.std@koyomi.vis.ne.jp

※バックナンバー参照、メルマガ登録・解除は以下のURL から行えます。
 http://koyomi8.com/cgi/magu/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/08/23
19/08/22
19/08/21
19/08/20
19/08/19
19/08/18
19/08/17
19/08/16
19/08/15
19/08/14
19/08/13
19/08/12
19/08/11
19/08/10

古い記事