殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2006/11/28 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お早うございます。本日の暦データを配信致します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■ 平成 18年 11月 28日 の暦 ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西暦 2006年 11月 28日  [月の] 第5週 第4火曜  [年の] 332日目 残り  34日
旧暦  10月  8日 (大安)
ユリウス通日 2454067.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 上弦  半月。月と太陽の黄経差が90°となる日。

■誕生花と花言葉
 キルタンサス         恥ずかしがり屋
 サンダーソニア       望郷
 スイートガーリック   残り香
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇太平洋記念日
  1520年(永正17年・室町時代)にポルトガルの航海者マゼランが、マゼラン
  海峡を通過して太平洋にでて世界一週を達成した。この海をPacificOcean
  (平和な・穏やかな大洋=太平洋)と名づけたことによる。マゼランの部下
  が帰国して、地球が球体であることを証明した。

 ◇税関記念日
  1872年(明治 5年)のこの日、長崎・横浜・箱館(函館)に設けられてい
  た外国との貿易を扱う運上所が税関と改称されたことにちなみ1952年(昭
  和27年)に税関記念日が設けられた。

 ◇親鸞忌,報恩忌
  浄土真宗の開祖・親鸞上人の1262(弘長2)年の忌日。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■今日の日干支と主な暦注
 六曜   大安 [たいあん] 大安吉日なり.万事よし
 日干支  辛酉 [かのとのとり]
 十二直  開   [ひらく] 小吉.造作,婚礼吉.葬式などの不浄事凶
 二十八宿 觜   [し] 入学のみ吉.造作を行えば家財を失う
 二十七宿 室   [しつ] 祭祀,祈願,婚礼,船乗,造作吉.
 日家九星 三碧木星 [さんぺきもくせい]

 ◇主な暦注
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶

 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ☆★☆ こよみのページからのCM ☆★☆       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆【オススメ本:「日本の行事・歳事」】
  日本の伝統の年中行事・歳事に興味の有る方にお勧めの本です。
  読み物として楽しめる本を中心に選びました。
http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mybook-22/250-1053881-3728244?node=1
  
◆【かわうその本】
  かわうそ@暦の書いた本の紹介ページです。
  お買いあげ頂ければ大変うれしい。ご一考お願いします。
http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mybook-22/250-1053881-3728244

◆【月齢カレンダーはいかが? 年末・年始お奨め商品】
  おすすめ商品一覧 ⇒  http://astore.amazon.co.jp/koyomi8com-22
  特に年末年始に向けて、あったらいいな商品をまとめてみました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■酉の市と三の酉の年
 今日は酉(とり)の市、といっても三の酉なのですが。
 酉の市は十一月の酉の日に行われる鷲(おおとり)神社の祭礼。酉の日は一
 月の内に2〜3回あります。最初の酉の日を「一の酉」、次を「二の酉」「三
 の酉」と言います。

 さて、酉の市について書くとすれば普通は「一の酉」の日当たりに書くはず。
 今年なら11/4ですね。まあ、これを逸したとしても「二の酉」が11/16 にあ
 りますからまだ大丈夫。

 なのに、どっちもうっかり見過ごしてしまいました。
 あらら、と思っていたら今年は三の酉まであるじゃありませんか。これはラ
 ッキー! では、幸運に感謝しつつ酉の市の話です。

◇酉の市とは
 酉の市は昔は「酉のマチ(「市」または「町」)」と呼んだといいます。酉
 の祭りの意味ですね。酉の市が立つ神社は東京近辺に約40ほどあるそうです
 が、今は浅草の鷲(おおとり)神社の酉の市がもっとも有名。

 鷲神社はその名の示すように鳥(酉)と関係の深い神社。よってその祭礼の
 日は酉の日です。

 鷲神社は大阪の堺市に本社(日本武尊が白鳥となって降り立った場所に建っ
 た神社)があり東京近辺の鷲神社はその末社。日本武尊縁の神社として、武
 士がその武運を祈るようになったことから、江戸時代に江戸近郊の鷲神社へ
 の参拝が盛んになったと言われます。

◇酉の市、寂れた神社と流行る神社
 元々は葛西花又村(現足立区花畑)の鷲神社の祭礼でこれを本酉と呼んだそ
 うですが、徐々に人気は浅草の鷲神社の方に移っていったと言います。葛西
 花又村が江戸の中心からやや離れすぎていたことと皆が道すがら楽しんだ辻
 賭博(つじとばく)の類が禁止されたことで参拝客の足が遠のいたとか。

 これに対して、浅草の鷲神社はその西隣が新吉原で、鷲神社の祭礼の際には
 普段は締め切っている裏門を開いて通り抜け出来るようにしたことで、酉の
 市のついでに吉原見物が出来るという地の利があったようです。

◇酉の市と、縁起物の熊手
 さて、この酉の市ですが、本酉の葛西花又村の鷲神社近辺は当時は完全な
 「田舎」でしたから、神社の祭礼に併せて付近で開かれる市では、熊手や竹
 箒と言った日用の品々の販売が行われていたらしく、このうち熊手は

   福や金をとりこむ (「とりこむ」は「酉」に掛けている)

 として江戸から訪れた参拝客の土産として人気が出て、酉の市と言えば「縁
 起物の熊手」と言われるほどになったそうです。

◇三の酉のある年は火事が多い?
 さて折角三の酉の日に書いていますから、三の酉の話題を一つ。

 昔から「三の酉のある年は火事が多い」と言われます。
 十一月と言えば冬、暖房として火を使うことも多く、祭礼が続いて気がゆる
 むと火の始末がおろそかになるから、火事が多いとか。
 また、普通は二の酉までしかないのが当たり前なのに、三の酉まである年は
 異常なので何か悪いことが起こるという思いからでたものだとも言われます。

 この後半の話がずっと伝わっているためでしょうか、酉の市について調べて
 いると多くの本に「三の酉まである年は希で」といった記述を見かけます。
 特別な年といった感じですね。

 でもですよ、「三の酉」まである年の条件を考えてみてください。
 十二支ですから、1日が酉の日なら、13,25日が二の酉、三の酉となります。
 現在の11月は30日まで。旧暦時代でも29日か30日まであるわけですから、
 1〜5又は6 日が酉の日なら三の酉まであることになります。

 5/12 or 6/12 の確率で三の酉まであるじゃないですか。つまり半分の年は
 三の酉まであるのです。年の半分が「火事の多い年」て言うんじゃ危なくて
 仕方がない。火事に弱かった江戸の町がそれなりに存在出来たことを考えれ
 ば、「三の酉まである年は火事が多い」は眉唾みたいですね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■Web こよみのページ情報 (http://koyomi8.com/)
 風のたよりに、また一人投稿者が増えました。応援よろしく。
  風のたより ⇒ http://koyomi8.com/wiki/index.php

■皆様からのお便り (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇スーさんより
 「丙戌年十月甲寅」という表記を見て単純な疑問です。
 月は十二支は月毎に固定なのは干支の話で読みましたが、月には十干はない
 のでしょうか?

⇒月の十干もあります。ただしほとんど使われません(使うのは占いくらいか
 な?)。なぜそうなるのかと私なりに考えると、

 1. 5年ごとに月の六十干支は繰り返されるだけである。十二支は月に固定
   されているので、月の十干も限定されてしまってたいした意味がない。
 2.十二支、十干とも循環して重複や不連続を起こさない物であるが、月に
   は閏月がある。ただし、月と十二支の関係が固定されていることから、
   重複するように見え、他の十干十二支と異なった物となってしまう。

 2に関しては、これを避けるために閏月の心配のない節月を使うこともある
 (占い関係)ようですが1に書いたとおり、そこまでしても新しい情報を付
 加する部分はほとんど無いので、無理に使わないのだと思っています。

-----------------------------------
◇山のハイジさんより
 ひとさまのことながら、同年代!?としてあえて
 申し上げます。どうぞ、お疲れのときは、「冬眠」マークでも
 お使いになって編集後記も省略してくださいますよう。(あ、
 かわうそは冬眠しないのかしら?)

⇒ご心配、感謝。
 かわうそは冬眠はしませんが、昼寝はするかも。
 冬眠マークならぬ、「昼寝マーク」を作って時々編集後記辺りに張っておく
 ことがあるかもしれません。
 あるいは、寝言と歯ぎしり音が書いてあるかも。その際はご容赦くだされ。

■アンケートをお願いします
 質問:「日刊☆こよみのページ」の長さについてお尋ねします
  投票 ⇒ http://koyomi8.com/sub/question.php
 (結果を見る ⇒ http://koyomi8.com/cgi/peex/peex.php?mode=result )

■編集後記か?
 旧暦十月は、神無月。
 神無月の語源として雷の無い月というものがあります。
 雷は神鳴り、雷は神があるところに起こる。

 今日は午後から強い雨が降り、稲妻が光りました。何度も何度も。
 神無月のはずでしたが、どうやらまだ残っている神様がいらしたようです。
 その後、雨脚は弱まりましたが雨は夕方まで降り続いていました。

 仕事を終えて外へ出ると、外は星空。南天に半月へと向かう月が掛かってい
 ましたが、それに気が付かないほどくらい夜空。
 それだけ澄んだ空だったのでしょう。

 今日現れた神様は、出雲へ向かう前にまずは掃除と、空の塵を払っていっ
 た几帳面な神様だったようです。


 ▼CM▼ そろそろ来年のカレンダーを。月齢カレンダーはいかが? ▼CM▼
 こよみのページおすすめ品⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8com-22
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>>>  本日発行部数:  652 部  (まぐまぐ 409 / melma! 53 / 直配 190)  <<<
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆次のアドレスで御意見・ご感想そして、質問などお待ち致しております。
 宛先 Email アドレスは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp

☆バックナンバーは次のページから。
 http://koyomi8.com/cgi/magazine/

☆設定変更・配信解除等の手続きは次のURL から。
 http://koyomi8.com/cgi/magazine/index.php#touroku
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆御意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
21/10/21
21/10/20
21/10/19
21/10/18
21/10/17
21/10/16
21/10/15
21/10/14
21/10/13
21/10/12
21/10/11
21/10/10
21/10/09
21/10/08

古い記事