殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2006/12/26 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


 購入して、袋から出さないままだった本を取り出して、

  「とりあえず、本棚に積もう」

 と思ったら、その本は自分がさっきまで読んでいた本だった。要するに同じ
 本を二冊買ってしまったということ。皆さんはありませんか?

 私の場合は大体、時間が無くて焦って本屋さんを巡るときこうした失敗をし
 てしまうのですが、昨日はそれが続けて二冊(「暦の漢字学」「裁判長!
 ここは懲役4年でどうですか」)。

 たまにだったら「忘れてたな」でも済みますが、二冊続けてとなると・・・。
 やはり「脳を鍛えるトレーニング」が必要ですね。

 ちなみに、重複して購入してしまった二冊は汚さないようにとっておいて、
 早速アマゾンに出品。
 新品だし最安値だし、売れる条件の二つはそろっています。問題は、需要が
 少なそうな本だと言うことですね。

----------------------------------
◇【めざせ1000部!】 大キャンペーン中! (であります)
 もうすぐこの『日刊☆こよみのページ』も発行開始から 3ヶ月。おかげさま
 で、 3つの発行元の登録者数の合計も先日 800を突破。
 当初『まずは、1000部』の目標までもう一息ということでちょっとPR。

 皆さんの周囲の方で、日刊☆こよみのページに興味を持ちそうな方がいらっ
 しゃいましたら是非、ご紹介を(このメルマガを転送して頂くとか)。

  バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/

 で行えますので、よろしくお願いします。(何もお礼できませんけど)。

■アンケートをお願いします
 質問:初詣へ出かける予定は?
お正月に初詣に出かける予定はあるか。行くとしたらその場所は?

  投票 ⇒ http://koyomi8.com/sub/question.php
 (結果を見る ⇒ http://koyomi8.com/cgi/peex/peex.php?mode=result )
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■ 平成 18年 12月 26日 の暦 ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西暦 2006年 12月 26日  [月の] 第5週 第4火曜  [年の] 360日目 残り   6日
旧暦  11月  7日 (大安)
ユリウス通日 2454095.5 (日本時 9時の値)

■今日の日干支と主な暦注
 六曜   大安 [たいあん] 大安吉日なり.万事よし
 日干支  己丑 [つちのとのうし]
 十二直  除   [のぞく] 小吉.種まき,医療吉.婚礼,土動かし凶
 二十八宿 觜   [し] 入学のみ吉.造作を行えば家財を失う
 二十七宿 奎   [けい] 大吉.婚礼,棟上げ,旅立ち万に大吉
 日家九星 八白土星 [はっぱくどせい]

 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
 カレープラント       不滅の愛
 コチョウラン(胡蝶蘭)<ピンク> 貴方を愛します
 ブバルディア<白>   幸福な愛
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇プロ野球誕生の日
  1934年(昭和 9年)のこの日、読売巨人軍の前身である、日本初の職業野球
  チーム「大日本東京野球倶楽部」が結成された。
  プロ第一号の選手はは三原修氏。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 (12/26)
  日出  7時 4分  日没 16時 5分  昼 時間  9時 1分
  月出 10時46分  月没 22時26分  正午月齢  5.5
 ・札幌 (12/27)
  日出  7時 5分  日没 16時 6分  昼 時間  9時 2分
  月出 11時 7分  月没 23時41分  正午月齢  6.5
 
 ◆東京 (12/26)
  日出  6時49分  日没 16時35分  昼 時間  9時46分
  月出 10時47分  月没 22時37分  正午月齢  5.5
 ・東京 (12/27)
  日出  6時49分  日没 16時36分  昼 時間  9時46分
  月出 11時14分  月没 23時45分  正午月齢  6.5
 
 ◆大阪 (12/26)
  日出  7時 2分  日没 16時54分  昼 時間  9時51分
  月出 11時 2分  月没 22時54分  正午月齢  5.5
 ・大阪 (12/27)
  日出  7時 3分  日没 16時54分  昼 時間  9時52分
  月出 11時30分  月没 ・・無し 正午月齢  6.5
 
 ◆福岡 (12/26)
  日出  7時20分  日没 17時17分  昼 時間  9時57分
  月出 11時23分  月没 23時16分  正午月齢  5.5
 ・福岡 (12/27)
  日出  7時21分  日没 17時18分  昼 時間  9時57分
  月出 11時51分  月没 ・・無し 正午月齢  6.5
 
 ◆那覇 (12/26)
  日出  7時14分  日没 17時45分  昼 時間 10時31分
  月出 11時29分  月没 23時30分  正午月齢  5.5
 ・那覇 (12/27)
  日出  7時15分  日没 17時46分  昼 時間 10時31分
  月出 12時 3分  月没 ・・無し 正午月齢  6.5
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (日出没計算)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■真太陽時と平均太陽時 ・・・ その1
 冬至の頃になると時々話題になるのが、

  A.日(昼)が一番短くなる日
  B.日の出の一番遅くなる日
  C.日の入が一番早くなる日

 と言う問題。Aは「冬至の日」が正解で今年ですと12/22 。
 B,Cは自明で日が一番短くなるAの日だからこれも冬至の日・・・かとい
 うと実際は違っています。日付で書くと、

 A.12/22(冬至), B.1/7 , C.12/6 (何れも35N,135Eの2006の計算値)

 です。なぜこのようなことが起こるのかというとこれは均時差と呼ばれる現
 象が有るから(記事末尾※1参照)です。上記のように、日の入が一番早く
 なるのは冬至の半月ほど前です(上述のCのこと)。

 最近とある諺を調べることがあって、それらしい諺とその意味・用法などを
 インターネットで調べていると、行き当たる解説がほとんど

  「このCの現象は昔から知られていたからこの諺が生まれた」

 と結論していました。均時差と言う言葉も使われていることが有るのですが、
 「この現象は昔から知られていた」の表現が引っかかってしまいます。

 なぜかというと、日の入の時刻が一番早くなる日が冬至と違という現象は、
 明治時代の中頃以降の話で、それ以前は日の入りが一番早まる日は冬至だっ
 たからなのです。なぜそうなるかは本日の話、真太陽時と平均太陽時と関係
 します。

◇真太陽時(視太陽時)
 我々の常識では、

 「太陽は正午に、真南にありその高度も一日で一番高い」

 と言うことになっています。基本的にはこれが我々が日常使う太陽に基づい
 た時刻系、太陽時の基準となります。太陽中心が真南に来て(これを太陽の
 南中と言います)、翌日再び南中するまでの時間が 1日でこれを24等分した
 ものが 1時間。
 こうして決まった 1日、 1時間は正確には真太陽日、真太陽時と言います。
 (または視太陽日、視太陽時とも言いますが以後は「真」と使います。)

 太陽が真南を通過する時刻を計れば、その日の正午が解りますから非常に簡
 単で解りやすい。またこの真太陽時では、

  日の出〜正午までの時間 = 正午〜日の入までの時間

 と言う関係になります(厳密にはわずかに違いが生じますが、今回の話の本
 質には関わらないので「=」として進めます)。
 つまり真太陽時を用いると、冒頭に掲げたA,B,Cの日付は何れも同じ日、
 冬至の日になるのです。

 この真太陽時は解りやすい反面その長さ(1日、1時間の)が季節によって変
 化する欠点を持っています。ただしその差は、 1日の長さで最大30秒以内程
 度のものですから正確な時計が生まれるまでは気が付かれることもありませ
 んでした。

 よって、この真太陽時はごく最近(百年とちょっと前まで)まで、使われて
 いました。


 真太陽時と平均太陽時の話を書き始めましたが、この時点で大分分量超過気
 味。と言うことで、本日は真太陽時の説明でひとまず終了。平均太陽時の説
 明はまた明日とさせて頂きます。

 ※1 参考サイト 冬至は一年で一番日の出の遅い日か・・・均時差の話
          ⇒ http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0508.htm

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ☆★☆ こよみのページからのCM ☆★☆       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆【かわうそ@暦のおすす商品】
 かわうそ@暦の書いた本 ⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22

かわうそのおすすめ雑貨⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8com-22
暦参考 http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=1
 〃  http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=2

◆【暦データ計算・入力等お手伝い致します】
  日出没・月出没計算、二十四節気節入り月日時刻、旧暦情報他、暦と天文
  に関わる計算、データ入力などお手伝い致します。
  対応可能なデータ、価格等についてはお問い合わせください。
  お問い合わせ先 Email office@koyomi.vis.ne.jp
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■皆様からのお便り (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇H.N さんから
 初日の出を見るかですが、もちろん見ますけれど、今日の日の出こそ初日の
 出ではないのかとずっと思ってきました(※注:12/23に頂いたメール)。

 つまり、冬至翌日のsunrise ですね。この解釈は独り善がりでしょうか。そ
 れで今日私は九十九里へ初月の出を見に行きました。いや、九十九里だと、
 水平線に三日月は昇ってきません。けれども、視界がとにかく滅茶苦茶いい
 のでねえ。

 水平線から昇ってきたのは冬の星座たちです。東京では考えられぬほどの輝
 度を持っておりました、当たり前ながら。
 水平線からオリオンの三ツ星がまっすぐ縦に昇ってくるのは本当に凄いです
 よ。南紀でもそうだとは思いますが。

⇒世界各地で冬至の日に冬至祭りと言うべき祭礼が有る(クリスマスしかり)
 のはH.N さんと同じ考えを持つ人々が沢山いるという証でしょう。

 以前暦のこぼれ話で初日の出の話を採り上げた時に書きましたが、太陽への
 感謝が基本なので、何も初日の出の日だけに限る必要は無く、H.N さんのよ
 うな考えで、節目を捉えるのもよいのでは。
 昇るオリオン座に関しては、H.N さんは

  「三ツ星がまっすぐ建てに昇るのは本当に凄い」

 との感想ですが、私は「ああ、オリオン座が寝っ転がっている」と感じます。
 これって、人間性の違いってことでしょうか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>>>  本日発行部数:  842 部  (まぐまぐ 579 / melma! 70 / 直配 193)  <<<
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )

☆御意見・ご感想そして、質問などは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
※バックナンバー参照、メルマガ登録・解除は以下のURL から行えます。
 http://koyomi8.com/cgi/magu/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
21/10/21
21/10/20
21/10/19
21/10/18
21/10/17
21/10/16
21/10/15
21/10/14
21/10/13
21/10/12
21/10/11
21/10/10
21/10/09
21/10/08

古い記事