殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2007/01/09 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


 どうも風邪の具合がよくありません。
 寝込むような事は無いのですが、どうもすっきりしない状態が続いています。
 かえって寝込むほど悪ければそれはそれであきらめもつくのですが、普通に
 生活出来きるけれど、その普通の生活全般に寒気や疲労感がつきまとうのが
 何とも鬱陶しい。

 何とかならないかなと思いながら、普通の生活の一部となったこのメールマ
 ガジンを作っていると、今日の記念日データに「風邪の日」を見つけてしま
 いました。

 いくら日刊☆こよみのページを作っているからと言って、こんなところまで
 暦どおりで無くてもいいのに。
 さっきからむずむずしはじめたハナをかんで、さてもう一がんばりです。

◇【めざせ1000部!】 大キャンペーン中!
 皆さんの周囲の方で、日刊☆こよみのページをご紹介下さい。
 バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ☆★☆ こよみのページからのCM ☆★☆       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆【かわうそ@暦のおすす商品】
 かわうそ@暦の書いた本 ⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22

かわうそのおすすめ雑貨⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8com-22
暦参考 http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=1
 〃  http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■ 平成 19年  1月  9日 の暦 ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西暦 2007年  1月  9日  [月の] 第2週 第2火曜  [年の]   9日目 残り 357日
旧暦  11月 21日 (先勝)
ユリウス通日 2454109.5 (日本時 9時の値)

■今日の日干支と主な暦注
 六曜   先勝 [せんがち] 朝〜昼は障りなし.昼過ぎ〜夕は悪い
 日干支  癸卯 [みずのとのう]
 十二直  満   [みつ] 大吉.移転,旅行,婚礼,元服,普請はど全て吉
 二十八宿 尾   [び] 婚礼,回転,移転,造作吉.衣類裁断は凶
 二十七宿 角   [かく] 衣類裁断、柱建、井戸掘吉.葬式は凶
 日家九星 四緑木星 [しろくもくせい]

 ◇主な暦注
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶

 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
 ノースポール          誠実
 パンジー              私を思ってください
 ヒトリシズカ(一人静) 静謐
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇風邪の日
  1777年春場所から63連勝( 4年間)の記録を樹立し、 230回中、負けが11回
  という第 4代横綱、谷風梶之介(たにかぜかじのすけ)が、1795年当時流行
  したインフルエンザにかかり、現役中にこの世を去った。

 ◇クイズの日,とんちの日
  とんちで有名な一休さん(一休宗純)から、「いっ(1)きゅう(9)」の語呂合
  せ。一休宗純禅師は室町時代中期の臨済宗の僧侶で、京都・大徳寺の住持
  であったが、諸国を漫遊しました。

 ◇青々忌
  ホトトギス派の俳人・松瀬青々の1937(昭和12)年の忌日。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)


■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 1/ 9)
  日出  7時 5分  日没 16時18分  昼 時間  9時13分
  月出 22時10分  月没 10時 0分  正午月齢 19.5
 ・札幌 ( 1/10)
  日出  7時 5分  日没 16時19分  昼 時間  9時14分
  月出 23時11分  月没 10時17分  正午月齢 20.5
 
 ◆東京 ( 1/ 9)
  日出  6時51分  日没 16時46分  昼 時間  9時54分
  月出 22時17分  月没 10時 5分  正午月齢 19.5
 ・東京 ( 1/10)
  日出  6時51分  日没 16時47分  昼 時間  9時55分
  月出 23時13分  月没 10時27分  正午月齢 20.5
 
 ◆大阪 ( 1/ 9)
  日出  7時 5分  日没 17時 4分  昼 時間  9時59分
  月出 22時34分  月没 10時21分  正午月齢 19.5
 ・大阪 ( 1/10)
  日出  7時 5分  日没 17時 5分  昼 時間 10時 0分
  月出 23時29分  月没 10時43分  正午月齢 20.5
 
 ◆福岡 ( 1/ 9)
  日出  7時23分  日没 17時28分  昼 時間 10時 5分
  月出 22時55分  月没 10時41分  正午月齢 19.5
 ・福岡 ( 1/10)
  日出  7時23分  日没 17時28分  昼 時間 10時 5分
  月出 23時50分  月没 11時 5分  正午月齢 20.5
 
 ◆那覇 ( 1/ 9)
  日出  7時18分  日没 17時54分  昼 時間 10時37分
  月出 23時 7分  月没 10時51分  正午月齢 19.5
 ・那覇 ( 1/10)
  日出  7時18分  日没 17時55分  昼 時間 10時37分
  月出 23時57分  月没 11時18分  正午月齢 20.5
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (日出没計算)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ・・・・・・ 本日はおやすみです ・・・・・・

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■コトノハ・言の葉
 【葦を啣む雁】 (あしをふくむかり)

 渡り鳥の雁は、遠く海を渡る前に海上で翼を休めるための葦を用意し、これ
 をくわえて渡りの旅に出たという伝説から、準備が整い手抜かりがないこと
 の例え。出典は淮南子(えなんじ)。

 これに対応するかのような「雁風呂(がんぶろ)」伝説が、日本の津軽地方
 があります。
 秋に海を渡り終え、津軽の浜にたどり着いた雁は、浜にくわえてきた葦や小
 枝を落としてさらに南へと旅して行きます。春になり今度は北へ向かって海
 を越える際には津軽の浜で秋に落とした小枝を拾って飛び立って行きます。

 雁の北帰行が終わる頃になると、浜には秋から春の間に命を落としてしまっ
 た雁の数だけの小枝が残されます。津軽の人々はこの小枝を拾い集めて風呂
 をたて、旅の途中で命を失った雁を供養したと言います。この供養の風呂が
 雁風呂です。

 こう書いて行くと【葦を啣む雁】と【雁風呂】が見事に一致するのですが、
 実際はどうかというと、雁が葦の葉をくわえて渡りをすることはないそうで
 す。また、雁風呂伝説自体が津軽地方には無いそうです。どうやら都人が津
 軽の浜の冬場の漂着物と淮南子の故事を結びつけて生み出した物語だろうと
 思われます。

 暦でこの話に関連する言葉を探すと七十二候に
  「雁来る」  (寒露の初候 10/9 頃)
  「雁水へ帰る」(清明の初候 4/10 頃)
 が見つかります。

■皆様からのお便り (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇T.S さんから
 今日のメルマガは100号で、発行部数980!
 明日は101号、祝1000部!!でしょうか!楽しみです。

 達成してからメールすればいいんでしょうが、
 なんかメールしたくなりましたので・・・。

⇒T.S さん、応援有り難うございます。
 残念ながら、 101号で1000部には届きませんでした( 995部)が、それはも
 う一日先の楽しみにとっておきましょう。
 T.S 様の他にも、「祝 100号」のメールを送って下さった皆さんへ、この場
 を借りてお礼申しあげます。有り難うございました。

-----------------------------------
◇猫姐@上海在住 さんから

 質問があります。
 農暦の「閏月」は誰がどのようにして決めるのでしょうか?

 今年は閏月があった関係で、来年の旧正月が2月18日と大変遅くなっていま
 す。こちらでは立春よりあとに旧正月(春節)が来る年を、
 「春のない年」として忌み嫌いますが、それなら前年の閏月を
 なくしたらいいのに、と思うこともあります。
 これは一体誰がどのようにして決めて公示しているのでしょう?

 そんなわけでこちらはただいま「年末」です。
 今日ウォルマートにいったら、正月用の飾り物を売るワゴンが出ていました。

⇒上海在住、農暦、春節と有りますのでお隣中国の話ですね。
 農暦は、日本で言うところの旧暦に相当するもので、中国がグレゴリウス暦
 (その名前が使われているか否かは知りませんが)に改暦する以前に使われ
 ていた、時憲暦に準じた方法で計算される「非公式」の暦の事です。

 日本の旧暦同様、正式にはこれを管理する公的機関は無いと思います。おそ
 らく「農暦」は日本の旧暦同様、銘々勝手に計算しているのだと思うのです
 が、日本と一つだけ違うことがあるとすれば、それは旧正月元日に当たる日
 が中国では「春節」という祝日になることです。

 つまり、「農暦」自体を管理する機関は無くとも、農暦を計算しないと決定
 出来ない「春節」を計算している機関は有ると言うことです。
 それはどこかというと、紫金山天文台。日本で言えば国立天文台に相当する
 ような機関です。

 農暦は銘々勝手に計算しているとは言っても、計算した結果の旧正月元日が
 春節と合わないとなれば、その暦は売り物にはならないでしょうから、そう
 考えれば、実質的には農暦は紫金山天文台のコントロールを受けていること
 になります。ですから、「どこが閏月を決めるのか」と言われれば紫金山天
 文台という答えになりそうです。
 さて、御質問中に

  > こちらでは立春よりあとに旧正月(春節)が来る年を、
  > 「春のない年」として忌み嫌います

 と有ります。
 このように旧正月より前に立春を迎えてしまうことを「年内立春」と言いま
 す。「春のない年として忌み嫌われる」というとなんだか特別な年のように
 思えるのですが、実はそうではありません。ほぼ 1/2の確率で「春のない年」
 が出現します。

 2007〜2011年の 5年間を眺めてみると、「春のない年」は2007,2008,2010年
 の 3回。春のある年の方が 2009,2011年の 2回と少数派。

 「不吉」という迷信に合わせて暦を人為的に変更するとすると、ほとんど隔
 年毎にそうした人為的な改変を施す必要があって、それほど頻繁に暦をいじ
 っては、暦の暦としての機能が果たせなくなってしまいますので、そうした
 ことは為されないと思います(というか、為されないはずです)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>>>  本日発行部数:  995 部 (まぐまぐ 714 / melma!  85 / 直配 196)  <<<
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )

☆御意見・ご感想そして、質問などは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
※バックナンバー参照、メルマガ登録・解除は以下のURL から行えます。
 http://koyomi8.com/cgi/magu/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
21/10/21
21/10/20
21/10/19
21/10/18
21/10/17
21/10/16
21/10/15
21/10/14
21/10/13
21/10/12
21/10/11
21/10/10
21/10/09
21/10/08

古い記事