殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2007/01/25 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


 本日の七十二候は、「水沢あつく堅し」。
 もちろんこの「堅し」は氷ですね。沢の水が堅く凍るほど寒い時期だと言う
 ことですが、確かに昨日の夕方から冷え込みが厳しいようです。
 今日は何の日のデータを見れば、日本の最低気温記録が記録された日でもあ
 りました。どおりで寒いはずだ。

 ずっと長引いていた風邪(多分)も大分良くなりましたが、この寒さでぶり
 返したりすることの無いように気を付けようと思います。

 今日は何の日データと言えば、今日は「左遷の日」であり「お詫びの日」で
 もあります。
 「弱り目に祟り目」と言う言葉がありますが、今日という日にはいろいろな
 弱り目と祟り目が織り込まれているようです。

 それはそうと、「お詫びの日」のもととなった1077年の「カノッサの屈辱」。
 高校生の頃世界史で聞いてからなぜかこの言葉が脳裏を離れません。
 そのためというわけではありませんが、私の部屋には

  「カノッサの屈辱」

 というTV番組を録画したDVD があります。
 その昔フジテレビ系で放送された歴史(?)番組。今でもたまに思い出した
 ように見るのですが、良くできていて笑えます。
 制作は、ホイチョイプロダクション。制作会社の名前もいいですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ☆★☆ こよみのページからのCM ☆★☆       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆【かわうそ@暦のおすす商品】
 かわうそ@暦の書いた本 ⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22

かわうそのおすすめ雑貨⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8com-22
暦参考 http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=1
 〃  http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■ 平成 19年  1月 25日 の暦 ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西暦 2007年  1月 25日  [月の] 第4週 第4木曜  [年の]  25日目 残り 341日
旧暦  12月  7日 (赤口)
ユリウス通日 2454125.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 水沢あつく堅し   七十二候の一つ(71候)

■今日の日干支と主な暦注
 六曜   赤口 [しゃっく] 悪日.万事忌む.但し昼時は障りなし
 日干支  己未 [つちのとのひつじ]
 十二直  破   [やぶる] 大凶.訴訟,交渉事は吉.造作,移転,慶事凶
 二十八宿 井   [せい] 神事,種まき吉.衣類裁断は離婚に至
 二十七宿 胃   [い] 就職,婚礼,造作吉.衣類裁断大凶
 日家九星 二黒土星 [じこくどせい]

 ◇主な暦注
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日

 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
 サンシュユ(山茱萸) 持続・耐久
 ビワ(枇杷)         内気
 ミミナグサ           純真
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇左遷の日
  901 (延喜元)年、右大臣・菅原道真が醍醐天皇によって九州の大宰府に左
  遷された。彼の才能を妬む左大臣・藤原時平の策略により、醍醐天皇天皇
  は道真のことを逆臣と思いこむようになり、901年1月20日に菅原道真を太
  宰権帥に左遷、筑紫国に流罪とした。

 ◇お詫びの日
  1077年のこの日より 3日間、神聖ローマ皇帝ハインリッヒ 4世が雪の中で
  裸足で城の前に立ち、教皇グレゴリウス 7世に破門の許しを乞う「お詫び」
  をした。
  これを「カノッサの屈辱」と呼ぶ。カノッサとはイタリア北部の地名。

 ◇日本最低気温の日
  1902年(明治35年)、北海道の旭川地方気象台で -41.0℃という日本の最低
  気温を記録したことによる。上空の強い寒気の通過と放射冷却現象による
  ものと考えられている。記録は午前2時ごろのものと推定。

 ◇天神縁日
  天神様の縁日(毎月25日)

 ◇中華まんの日
  寒い日には特に中華まんがおいしい事から、食べてあたたまってもらおう
  と日本の最低気温の日をあてた。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 1/25)
  日出  6時57分  日没 16時37分  昼 時間  9時40分
  月出  9時55分  月没 ・・無し 正午月齢  6.0
 ・札幌 ( 1/26)
  日出  6時56分  日没 16時38分  昼 時間  9時42分
  月出 10時21分  月没  0時 3分  正午月齢  7.0
 
 ◆東京 ( 1/25)
  日出  6時46分  日没 17時 1分  昼 時間 10時15分
  月出 10時13分  月没 23時56分  正午月齢  6.0
 ・東京 ( 1/26)
  日出  6時46分  日没 17時 2分  昼 時間 10時17分
  月出 10時44分  月没 ・・無し 正午月齢  7.0
 
 ◆大阪 ( 1/25)
  日出  7時 0分  日没 17時20分  昼 時間 10時19分
  月出 10時31分  月没 ・・無し 正午月齢  6.0
 ・大阪 ( 1/26)
  日出  7時 0分  日没 17時21分  昼 時間 10時21分
  月出 11時 3分  月没  0時11分  正午月齢  7.0
 
 ◆福岡 ( 1/25)
  日出  7時19分  日没 17時43分  昼 時間 10時24分
  月出 10時53分  月没 ・・無し 正午月齢  6.0
 ・福岡 ( 1/26)
  日出  7時18分  日没 17時43分  昼 時間 10時25分
  月出 11時26分  月没  0時31分  正午月齢  7.0
 
 ◆那覇 ( 1/25)
  日出  7時16分  日没 18時 7分  昼 時間 10時50分
  月出 11時13分  月没 ・・無し 正午月齢  6.0
 ・那覇 ( 1/26)
  日出  7時16分  日没 18時 8分  昼 時間 10時51分
  月出 11時51分  月没  0時31分  正午月齢  7.0
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (日出没計算)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■時刻と時間 ・・・ その1
 暦の話をする上で、避けては通れないのが「時」の話。
 そして「時」の話をするときに避けては通れないのが「時刻」と「時間」の
 話。本日はこの時刻と時間という言葉について考えてみます。

◇日常会話における「時刻」と「時間」
 時刻も時間も同じものじゃないのとおっしゃるかたも多いと思いますので、
 実例として次の言葉を考えてみましょう。

 ア.今何時? 誰か今の 「○○」 を教えて。
 イ.約束の 「○○」 に遅れそう。
 ウ.現在の 「○○」 は零時。日付が変わりました。
 エ.急いで急いで、もう 「○○」 が無いんです。
 オ.明日の日の出の 「○○」 は 午前 6時10分です。

 さて、日常会話でもよく使われるような例文を 4つ作ってみました。この例
 文の中の「○○」に「時刻」または「時間」という言葉を入れて使ってみて
 下さい。

 「時刻」でも「時間」でもどちらでも入りそうなものと、そうでないもの、
 あるいは、入りはするけど違和感を覚えるものなど有るはずです。その違い
 に気が付くようでしたら、なぜ違いがあるのか考えてみて下さい。

◇辞書に書かれた「時刻」と「時間」・・・広辞苑第四版より
 言葉に迷った時には、まずは辞典からということで、国語辞典を引いてみま
 す。

 【時刻】 
  A.一瞬一瞬を刻みつつ流れるものとしての「とき」。
  B.時の流れにおける或る一瞬。

 【時間】
  a.時の流れの二点間の長さ。
  b.俗に時刻と同義。
  c.空間と共に人間の認識の基礎を成すもの。時間(a)と時刻とを併せ
    たような概念。

 解ったようで、解らない辞書の記述ですが、時刻と時間の違いを示す重要な
 キーワードはやはり入っています。それは、

  ・時の流れにおける或る一瞬 → 時刻
  ・時の流れの二点間の長さ  → 時間

 時刻は「一瞬」で時間は「長さ」。これがキーワードですね。

◇暦と「時刻」の関係
 暦は元々は天文観測から作り出されてきたものです。こうした天文現象の観
 測から求められる或る瞬間とは、時刻でしょうか、それとも時間?

 簡単な例をあげて考えてみましょう。太陽中心が真南を通過する瞬間(南中
 といいます)を正午(12時)とすると言うとき、この「正午」は時刻か時間
 か。これに対する答えは「時刻」です。

 太陽が真南を通過するのは(長さのない)一瞬のこと。辞書の説明Bにある
 「或る一瞬」です。

◇暦と「時間」の関係
 暦の中には、 1年とか 1月、 1日と言った時の長さを表す時間の単位があり
 ます。もっとも身近で解りやすいものとしては、例えば 1日。昔から太陽が
 南中し、翌日再び南中する長さを 1日の長さとしています。現在はこの「太
 陽」に現実の太陽でない「平均太陽」という架空の天体を用いるのですが、
 まあその話はひとまず置いておきます。

 時間の単位である 1日とはこの説明でもわかるとおり、「太陽の南中を二度」
 観測しないと長さが決まりません。辞書の解説aの通り、時間ですね。

◇時刻は「点」、時間は「線」
 自訴の説明でも暦との関係との説明でも述べたとおり、

  時刻は長さのない「点」
  時間は長さのある「線」

 を表す言葉です。時刻という点を二つ以上もうければ、その点と点の間に長
 さを持った線が出来ます。この線が「時間」。

 長さを持った線は、つなげて延ばすことも出来ますし、細分化することも出
 来ます。
 1 日をつなげて行けば、 1年というより長い単位を作ることが出来ます。24
 等分に分割すると 1時間という短い単位も作ることが出来ます。

 これに対して長さを持たない点である時刻は、つなぐことも分割することも
 出来ません。
 太陽が南中する瞬間は、ただ一度きりで、つなぐことも分割することも出来
 ません。ただ、「今日の南中」と「明日の南中」という別々の点が存在する
 だけです。

 卑近な例として定規を考えてみて下さい。定規には長さを測るための目盛り
 が刻まれて(印刷されて?)います。
 この目盛り一つ一つは時における「時刻」であり、この目盛りを使って計ら
 れる長さが「時間」なのです。

◇「日の出の時間」は「日の出の時刻」
 冒頭で採り上げた例で、「日の出の○○」と言うものを掲げています。
 日常の会話では、「明日の日の出の時間」と言うことも多いのですが、日の
 出という現象は定義上、「或る一瞬」を表す言葉ですから、正しくは

 「明日の日の出の時刻」

 となります。

 「時刻」と「時間」、同じなようで同じでは無い言葉。
 この違いは、とっても大切なので「時刻と時間」の話はまた続きを書くこと
 にします(明日になるか、ずっと先か?)。

 ではまたそのときに。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■皆様からのお便り (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇すずめ さんから
 今日の読者からのお便りにあった「ハナ」が先端という意味をもつというこ
 とについて、なぜ「ハナ」が先端になるかの理由を何かで小耳に挟んだこと
 があります。

日本には朝鮮半島から伝来した言葉が多数見受けられますが、「ハナ」もそ
 の一つだというのです。
韓国語で「ハナ」は数字の1を意味します。つまり物事の始まり。それが日
 本語にも用いられた、とのこと。

ちょっと思い出したのでお便りしました〜。

⇒すずめさん、情報有り難うございました。
 そうした考えもあるかもしれませんね。
 語源の話、とくに古くからあって、当たり前に使われる言葉のそれは、なか
 なか「これ!」といった決定的な定説が出来にくいですから、いろいろな説
 を考えて、比較してみると面白いですね。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>>>  本日発行部数: 1114 部 (まぐまぐ 834 / melma!  87 / 直配 193)  <<<
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )

☆御意見・ご感想そして、質問などは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
※バックナンバー参照、メルマガ登録・解除は以下のURL から行えます。
 http://koyomi8.com/cgi/magu/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
21/10/17
21/10/16
21/10/15
21/10/14
21/10/13
21/10/12
21/10/11
21/10/10
21/10/09
21/10/08
21/10/07
21/10/06
21/10/05
21/10/04

古い記事