殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/08/23 11:58)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2007/02/19 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


 本日は、種子島でこの原稿を書いております。
 最近は出張先でも宿泊先にインターネットへの接続環境がある場合がほとん
 どだったので(正しくは、そうした選択をした結果ですけど)、PCさえ持っ
 て行けば問題なかったのですが、ここではそうはいかず、携帯電話をPCにつ
 ないでのインターネット接続。

 久々に、ダイヤルアップ時代に感じた「料金と恐怖」を感じております。使
 用パケット代はどれくらいになるのか・・・。怖い怖い。
 料金の心配は帰ってからするとして、さ、とりあえず本日の記事をアップす
 ることにします。

▲▽▲ 訂正 ▼△▼
 2007/2/18号、「暦のこぼれ話」より
 誤:ほたるさん、誤納得頂けたでしょうか?
 正:ほたるさん、御納得頂けたでしょうか?

◇【めざせ2000部!】
 皆さんの周囲の方で、日刊☆こよみのページをご紹介下さい。
 バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ☆★☆ こよみのページからのCM ☆★☆       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆【かわうそ@暦のおすすめ商品】
 かわうそ@暦の書いた本 ⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22

かわうそのおすすめ雑貨⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8com-22
暦参考 http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=1
 〃  http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■ 平成 19年  2月 19日 の暦 ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西暦 2007年  2月 19日  [月の] 第4週 第3月曜  [年の]  50日目 残り 316日
旧暦   1月  2日 (友引)
ユリウス通日 2454150.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 雨水             二十四節気の一つ 旧暦正月中気
 土が潤い起る     七十二候の一つ(4候)

■今日の日干支と主な暦注
 六曜   友引 [ともびき] 友びきとて半ばよし.昼時悪し.葬礼忌む
 日干支  甲申 [きのえさる]
 十二直  破   [やぶる] 大凶.訴訟,交渉事は吉.造作,移転,慶事凶
 二十八宿 畢   [ひつ] 神事,祭礼,造作,不動産取得吉.婚礼は凶
 二十七宿 壁   [へき] 大吉.造作,婚礼大吉
 日家九星 九紫火星 [きゅうしかせい]

 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
 アネモネ             はかない恋・真実
 キンギョソウ(金魚草) 出しゃばり・お節介
 スミレ(菫)         誠実・小さな幸せ
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇万国郵便連合加盟記念日
  1877年(明治10年)の今日、日本が万国郵便連合(UPU)に加盟したこ
  とを記念するもの。

 ◇強制収容を忘れない日
  1942年(昭和17年)のこの日、ルーズベルト大統領の命令によって日系アメ
  リカ人が強制収容所へ転住させられた。

 ◇プロレスの日
  1954年(昭和29年)に日本ではじめてプロレスの本格的な国際試合、力道山
  ・木村組対シャープ兄弟の試合が開催された。

 ◇瓢々忌
  小説家・尾崎士郎の1964(昭和39)の忌日。 代表作『人生劇場』の主人公
  ・青成瓢吉から瓢々忌と呼ばれます。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 2/19)
  日出  6時27分  日没 17時10分  昼 時間 10時43分
  月出  7時14分  月没 19時 9分  正午月齢  1.4
 ・札幌 ( 2/20)
  日出  6時26分  日没 17時11分  昼 時間 10時46分
  月出  7時36分  月没 20時29分  正午月齢  2.4
 
 ◆東京 ( 2/19)
  日出  6時24分  日没 17時27分  昼 時間 11時 2分
  月出  7時16分  月没 19時18分  正午月齢  1.4
 ・東京 ( 2/20)
  日出  6時23分  日没 17時28分  昼 時間 11時 4分
  月出  7時45分  月没 20時31分  正午月齢  2.4
 
 ◆大阪 ( 2/19)
  日出  6時39分  日没 17時44分  昼 時間 11時 5分
  月出  7時32分  月没 19時36分  正午月齢  1.4
 ・大阪 ( 2/20)
  日出  6時38分  日没 17時45分  昼 時間 11時 7分
  月出  8時 2分  月没 20時47分  正午月齢  2.4
 
 ◆福岡 ( 2/19)
  日出  6時59分  日没 18時 6分  昼 時間 11時 7分
  月出  7時53分  月没 19時58分  正午月齢  1.4
 ・福岡 ( 2/20)
  日出  6時58分  日没 18時 7分  昼 時間 11時 9分
  月出  8時23分  月没 21時 8分  正午月齢  2.4
 
 ◆那覇 ( 2/19)
  日出  7時 2分  日没 18時25分  昼 時間 11時22分
  月出  8時 0分  月没 20時10分  正午月齢  1.4
 ・那覇 ( 2/20)
  日出  7時 1分  日没 18時25分  昼 時間 11時24分
  月出  8時36分  月没 21時15分  正午月齢  2.4
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■記念日考 ・・・ その1
 昨日(2/18)号またそれ以前(2/15)の号で、西行忌の日付についてふれる機会
 がありました。それぞれの号でふれた西行忌とそれにまつわる日付について
 見てみると、

  ア. 2月15日 ・・・ イと涅槃会(二月十五日)などとの複合から
  イ. 2月16日 ・・・ 西行の命日「文治六年二月十六日」から
  ウ. 3月23日 ・・・ イの日付をユリウス暦に置き換えたもの
  エ. 3月30日 ・・・ イの日付をグレゴリウス暦に置き換えたもの

 と一人の人の命日に基づいた記念日の日が 4つも登場しました。
 記念日の中には、西行忌のように複数の日付をもつものが少なくないのです
 が、なぜこのようなことになるのでしょうか?
 西行忌の 4つの日付はそれを考える上でちょうど良いサンプルとなりますの
 で、良い機会ですから考えてみることにしましょう(結構な大作になる予感)。


◇旧暦の日付での出来事の新暦での日付とは?
 
  韓国の人は誕生日が二つある

 そんな話を聞いたことはありませんか?
 もちろん人が二度生まれたわけではありません。未だに旧暦(中国では「農
 暦」などとも呼ばれる)で行事を行うことの多い地域ではこうしたことがあ
 ります。これは旧暦での誕生日と新暦の誕生日の二つを持つと言うことなの
 です。発端となった西行忌で言えば、イとエの関係がそれに相当する話とい
 えます。

 たとえば、今日平成19年2月19日(2007/2/19)を例として考えてみます。

  新暦 2007/2/19 = 旧暦 2007/1/2

 さて、今日という日は二つと無い日にもかかわらず、ここに二つの暦日が登
 場します。一方は2007/2/19、他方は2007/1/2 。どちらの日付も今日を表し
 ているので、今日生まれた者の誕生の日をどちらの暦で表したとしても、生
 まれた日は同じです。では来年、誕生の日を祝うとするとどうなるでしょう。

   1年後の誕生の日とは?
   a.新暦 2008/2/19 ・・・ 旧暦では 2008/1/13
   b.旧暦 2008/1/ 2 ・・・ 新暦では 2008/2/ 8

 さて、a,b それぞれのパターンでそれぞれに2種類の日付が生まれてしまい
 ました。韓国の方達の「二つの誕生日」では、上の例では、

  新暦 2008/2/19(aの新暦)と、2008/2/8(bの新暦)

 という二つの誕生日が出来ます。
 何故こんなことが起こるのか、それは「 1年後」といったときの「 1年」に
 違いがあるためです。

 二つの誕生日の日付からそれぞれの 1年の日数を見れば、前者は 365日。後
 者は 354日。 1年の長さが違うのですから、「 1年後」がいつかという問い
 への答えも変わるわけです。

 どちらの「 1年」を考えるかによって、1年後、2年後・・・10年後、 100年
 後の日付は違ってしまうのは当然のこと。 1年という暦の繰り返しの周期を
 どのように考えるかによって、記念日がいつかという答えは変わって行くの
 です。

 ここまで書いただけで大分長くなりましたので、本日はここまで。予定通り
 大作になる予感を残して。「記念日考 ・・・ その2」に続きます。
 皆さんも、記念日の日付とは何か、次回まで考えてみてください。

 ※注意
  新暦(グレゴリウス暦)の 1年は 365日または、 366日の 2種類。
  旧暦の 1年は 353,354,355,383,384,385日の 6種類に日数があります。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■コトノハ・言の葉
 【菜の花】 (なのはな)
 アブラナの花。また、アブラナ。春の季語。
 例:「菜の花や月は東に日は西に」(蕪村)。「菜の花畑」

 ととりつく島も無いような記述は広辞苑の解説より。
 日本の春の代表的な風景を選んだとしたら、一面に広がる菜の花畑の眺めは
 その中に必ずくわえられるもののはずです。
 一本だけ切り取って花瓶に飾ったとしても、菜の花はあまり見栄えのする花
 ではありませんが、一面を埋め尽くすような菜の花畑の眺めは春の日本の原
 風景と言っても過言では無いでしょう。

 菜の花は江戸時代に油を得るために輸入され、大量に栽培されるようになっ
 たものだそうです。「日本の原風景」と思っている風景は、昔からただそこ
 にあった風景ではなく、人々との関わりの中で生み出されて来た風景だった
 のです。

 日本の風景、日本の春、そうしたものはただ残していけば良いものなのでは
 なく、産み育ててゆくものなのだと言うことを菜の花は教えてくれているの
 では無いでしょうか。
 先人が生み出した菜の花畑の風景のように、我々も何かを産みだし、そして
 残して行けるのでしょうか。

■皆様からのお便り (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
 ・・・・本日は特にありません・・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>>>  本日発行部数: 1297 部 (まぐまぐ 996 / melma! 117 / 直配 194)  <<<
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )

☆御意見・ご感想そして、質問などは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
※バックナンバー参照、メルマガ登録・解除は以下のURL から行えます。
 http://koyomi8.com/cgi/magu/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/08/22
19/08/21
19/08/20
19/08/19
19/08/18
19/08/17
19/08/16
19/08/15
19/08/14
19/08/13
19/08/12
19/08/11
19/08/10
19/08/09

古い記事