殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2020/02/28 12:13)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2007/03/05 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


 日曜日、雛祭り翌日&満月で大潮と言うことで、

  「蛤ほり」

 をしようと思い立って親子で出かけてきました。
 海に着いて、弁当を食べる場所として選んだのは砂浜では無く岩場。
 私の趣味の一つである、「焚き火」をして持参のソーセージなどを焼き弁当
 (おにぎり)のおかずにしようと考えたので、砂浜より岩場の方が都合がよ
 いためです。

 冬の間に波が運んできた大量の流木が岩場に打ち上げられていましたので、
 焚き火にはもってこい。服から薫製の香りがするほど存分に焚き火を楽しみ
 ました。

 焚き火のために岩場に向かったので、その流れで午後はそのまま岩場での磯
 もの(小型の巻き貝。食べられます)採りとなって、約 2時間。気が付くと
 海の潮は満ち始めていました。

 磯ものも大分バケツに溜まった事でもあるし、引き上げて砂浜の有る方向に
 向かいましたが、なにせ潮は満ちてきており、蛤ほりもない状況。
 蛤ほりはまた次回と言うことで、そのまま帰宅しました。

 捕まえられた磯もの達は、その晩には焼かれて食卓に。採るばかりで、貝が
 嫌いで食べない私以外の家族の胃袋に収まってゆきました。
 さて次回は、蛤だ(こちらも採るばかりで食べない私です)。

▲▽▲ 訂正 ▼△▼
2007/3/4のコトノハの誤り

 誤:過ぎの球花
 正:杉の球花

◇【めざせ2000部!】
 皆さんの周囲の方へ、日刊☆こよみのページをご紹介下さい。
 バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■ 平成 19年  3月  5日 の暦 ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西暦 2007年  3月  5日  [月の] 第2週 第1月曜  [年の]  64日目 残り 302日
旧暦   1月 16日 (仏滅)
ユリウス通日 2454164.5 (日本時 9時の値)

■今日の日干支と主な暦注
 六曜   仏滅 [ぶつめつ] 大悪日.万用ゆべからず
 日干支  戊戌 [つちのえいぬ]
 十二直  成   [なる] 小吉.婚礼,開店,造作,移転吉.交渉事凶
 二十八宿 心   [しん] 心事,仏事,移転,旅行吉.造作大凶
 二十七宿 軫   [しん] 万事吉.衣類裁断のみは火災の難に注意
 日家九星 五黄土星 [ごおうどせい]

 ◇主な暦注
  受死日   [じゅしにち] 黒日ともいう.最大悪日とされる

 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
 クンシラン(君子蘭) 高貴
 ミツマタ(三椏)      意外なこと
 リナリア             私の恋を知ってください
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇スチュワーデスの日
  1931(昭和 6)年、東京航空輸送が実施した日本初のスチュワーデス採用試
  験の結果が発表された。「エアガール」という呼び名で募集され、 2月 5
  日に試験が行われた。140人の応募に対し、合格者は3人だった。

 ◇ミスコンの日
  1908(明治41)年、時事新報社が全国から「良家の淑女」を対象に写真を募
  集し、その審査結果を公表した。これが日本初のミスコンテストとなった。
  1 等に選出されたのは小倉市長・末弘直方の四女・ヒロ子で、学習院女子
  部 3年に在学中だった。コンテスト参加は学習院で大問題となり、彼女は
  退学処分になった。

 ◇珊瑚の日
  「さん(3)ご(5)」の語呂合せと、珊瑚が3月の誕生石であることから。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 3/ 5)
  日出  6時 5分  日没 17時28分  昼 時間 11時23分
  月出 18時48分  月没  6時27分  正午月齢 15.4
 ・札幌 ( 3/ 6)
  日出  6時 3分  日没 17時29分  昼 時間 11時26分
  月出 19時50分  月没  6時44分  正午月齢 16.4
 
 ◆東京 ( 3/ 5)
  日出  6時 7分  日没 17時40分  昼 時間 11時33分
  月出 18時54分  月没  6時33分  正午月齢 15.4
 ・東京 ( 3/ 6)
  日出  6時 6分  日没 17時41分  昼 時間 11時35分
  月出 19時51分  月没  6時55分  正午月齢 16.4
 
 ◆大阪 ( 3/ 5)
  日出  6時23分  日没 17時57分  昼 時間 11時34分
  月出 19時11分  月没  6時49分  正午月齢 15.4
 ・大阪 ( 3/ 6)
  日出  6時21分  日没 17時58分  昼 時間 11時36分
  月出 20時 7分  月没  7時12分  正午月齢 16.4
 
 ◆福岡 ( 3/ 5)
  日出  6時43分  日没 18時18分  昼 時間 11時35分
  月出 19時32分  月没  7時10分  正午月齢 15.4
 ・福岡 ( 3/ 6)
  日出  6時41分  日没 18時19分  昼 時間 11時38分
  月出 20時27分  月没  7時34分  正午月齢 16.4
 
 ◆那覇 ( 3/ 5)
  日出  6時49分  日没 18時33分  昼 時間 11時43分
  月出 19時42分  月没  7時21分  正午月齢 15.4
 ・那覇 ( 3/ 6)
  日出  6時48分  日没 18時33分  昼 時間 11時45分
  月出 20時33分  月没  7時48分  正午月齢 16.4
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ・・・・・・ 本日はおやすみです ・・・・・・

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ☆★☆ こよみのページからのCM ☆★☆       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆【暦データ計算・入力等お手伝い致します】
  日出没・月出没計算、二十四節気節入り月日時刻、旧暦情報他、暦と天文
  に関わる計算、データ入力などお手伝い致します。
  対応可能なデータ、価格等についてはお問い合わせください。
  お問い合わせ先 Email office@koyomi.vis.ne.jp
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■コトノハ・言の葉
 【蛤】 (はまぐり)
 蛤は、「浜栗」の意。春の季語。
 春は蛤の食べ頃の時期。

 また、蛤のような二枚貝は離してしまうと、もとの同じ貝同士でないと絶対
 にピッタリと合わないと言うことから、女性の貞節を象徴するものとされ、
 蛤の潮汁や焼き蛤は雛祭りには欠かせない目出度い献立となりました。

 さて、本日は「四季のことば ポケット辞典」という本の三月のページを開
 いた時に目に飛び込んできた「蛤」を採り上げてみました。
 昨日の日曜日には、私自身蛤採りをしようと海に出かけた事もあって、ちょ
 うど頃合いの言葉でした。

 件の本の解説は季語としての「蛤」の部分はよかったのですが、その前段に
 書かれた記述に多少問題あり。それは次の説明。

  「潮の干満の差が大きい春は、貝の収穫期にあたります。」

 「春の大潮」という言葉は、気象関係の本でも見かけることがあり、春は潮
 の干満が大きいと思われがちですが、日本のような中緯度の地域にある場所
 では、実はそうはなりません。
 潮の干満の大きさという点で考えると、夏至や冬至の時期の方が大きくなる
 はずで、実際にもまたそうなるのです。

 「春の大潮」という場合の春が五月末辺りを指すのだというのならわからな
 いでもないのですが、五月末を春の代表と捉えるのはかなり無理がある気が
 しますので、潮汐について考えるとき「春の大潮は干満の差が大きい」とい
 う表現は誤解を生むだけのようです。

 潮汐が起こる原理を考えれば、日本付近では夏至や冬至の方が干満差が大き
 くなることはすぐに気が付くはずなのに、気象についての解説本にもまだ
 「春の大潮は干満差が大きい」という記述が有るのは、春が潮干狩りのシー
 ズンであることから、「干満差が大きなはず」と誤った思いこみをしてしま
 っているのかもしれません。思いこみは危険ですね。


■皆様からのお便り (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇紫式部さんから
 校正担当者の紫式部です。
 自慢じゃありませんが、私、花粉症です。
 このところ毎日、目の痒み・くしゃみ・鼻水と
 闘って(大げさな)います。

 そんな私が、「杉」に関するミスを
 見逃すはずがありません。
 「過ぎの雄の球花」→「杉の雄の球花」
 こっそり直してください。

⇒全国1300人の校正担当者の皆様、いつも有り難うございます。
 皆様の厳しい目でのチェック、本日もよろしくお願い致します。

 と言うことで、こっそり(?)直しておきました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>>>  本日発行部数: 1367 部 (まぐまぐ1050 / melma! 122 / 直配 195)  <<<
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )

☆御意見・ご感想そして、質問などは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
※バックナンバー参照、メルマガ登録・解除は以下のURL から行えます。
 http://koyomi8.com/cgi/magu/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
20/02/27
20/02/26
20/02/25
20/02/24
20/02/23
20/02/22
20/02/21
20/02/20
20/02/19
20/02/18
20/02/17
20/02/16
20/02/15
20/02/14

古い記事