殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/08/19 23:56)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2007/03/15 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


 「こんな時に限って」
 と思うことがありませんか?
 
 私は、ラケットを振り回す(?)競技を趣味としております。
 ラケットにはガット(正しくは、ストリングというべき)が張られておりま
 すが、使っていると時々切れます。

 切れる頻度は人により、練習量により、違いますが私の場合はだいたい 2週
 間に一度切れるのが普通。最近はいろいろあって練習が思うように出来ない
 のでこの間隔が、少々開いて 1月に一度くらい。

 切れたらこまめにまた張ればいいのですが、最近は忙しくてさぼり気味。 6
 本もっているラケットのうち、よく使うラケット 3本だけはガットを張って
 いますが、後の 3本は「暇になったら張ろう」と切れたまま。

 今度の日曜日も試合ですが、まあ 3本あれば大丈夫かなと思っていたのです
 が・・・。月曜日の練習でその一本が切れました。

  「仕方がない、土曜日この一本だけ張ろう」

 そう思っていました。そして本日は残り 2本のガットの張ってあるラケット
 をもって練習へ。そして今、ガットの張ってあるラケットは一本も無くなっ
 た。そう、本日の練習で 2本ともガットが切れました。
 「なぜこんな時に限って」

 さてと。試合まで何本ガット張ればいいんだろう・・・。

▲▽▲ 訂正 ▼△▼
2007/3/13号、暦のこぼれ話での誤り
 誤:このため「河図」とか「洛書」とか呼ばれます
 正:このため「亀書」とか「洛書」とかよばれます
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ☆★☆ こよみのページからのCM ☆★☆       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆【かわうそ@暦のおすすめ商品】
 かわうそ@暦の書いた本 ⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22

かわうそのおすすめ雑貨⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8com-22
暦参考 http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=1
 〃  http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=2
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■ 平成 19年  3月 15日 の暦 ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西暦 2007年  3月 15日  [月の] 第4週 第3木曜  [年の]  74日目 残り 292日
旧暦   1月 26日 (友引)
ユリウス通日 2454174.5 (日本時 9時の値)

■今日の日干支と主な暦注
 六曜   友引 [ともびき] 友びきとて半ばよし.昼時悪し.葬礼忌む
 日干支  戊申 [つちのえさる]
 十二直  執   [とる] 小吉.婚礼,種まき,造作吉.金銭収納凶
 二十八宿 奎   [けい] 大吉.婚礼,棟上げ,旅立ち万に大吉
 二十七宿 虚   [きょ] 入学吉.造作,相談ごと大凶
 日家九星 六白金星 [ろっぱくきんせい]

 ◇主な暦注
  天一天上終わり 
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉

 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
 イベリス             初恋の思い出
 ジンチョウゲ(沈丁花) 栄光・不滅
 ワスレナグサ(勿忘草) 私を忘れないで・真実の愛
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇涅槃会
  仏教の祖・釈迦が亡くなったとされる釈迦入滅の日。各寺院で釈迦の遺徳
  を偲ぶ法会が行われる。元々は旧暦の 2月15日(→2/15参照)だが、現在
  では月遅れの3月15日に行われることが多い。

 ◇万国博デー
  1970(昭和45)年、前日に開幕式が行われた大阪府吹田市千里丘陵の「日本
  万国博覧会(大阪万博)」の一般入場が開始された。

 ◇マージャンの日
  (毎月第3木曜)

 ◇オリーブの日
  小豆島で実施。

 ◇靴の日
  1870年(明治 3年)のこの日、佐倉藩士・西村勝三により東京・築地入舟町
  に伊勢勝製靴工場が開設されたことによる。日本初の西洋靴を生産する工
  場であった。1932年(昭和7年)に日本靴連盟が制定。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 3/15)
  日出  5時48分  日没 17時40分  昼 時間 11時52分
  月出  3時45分  月没 12時40分  正午月齢 25.4
 ・札幌 ( 3/16)
  日出  5時46分  日没 17時41分  昼 時間 11時55分
  月出  4時20分  月没 13時58分  正午月齢 26.4
 
 ◆東京 ( 3/15)
  日出  5時53分  日没 17時49分  昼 時間 11時55分
  月出  3時26分  月没 13時12分  正午月齢 25.4
 ・東京 ( 3/16)
  日出  5時52分  日没 17時49分  昼 時間 11時58分
  月出  4時 6分  月没 14時25分  正午月齢 26.4
 
 ◆大阪 ( 3/15)
  日出  6時 9分  日没 18時 5分  昼 時間 11時56分
  月出  3時39分  月没 13時32分  正午月齢 25.4
 ・大阪 ( 3/16)
  日出  6時 8分  日没 18時 6分  昼 時間 11時58分
  月出  4時20分  月没 14時44分  正午月齢 26.4
 
 ◆福岡 ( 3/15)
  日出  6時30分  日没 18時26分  昼 時間 11時56分
  月出  3時57分  月没 13時57分  正午月齢 25.4
 ・福岡 ( 3/16)
  日出  6時28分  日没 18時27分  昼 時間 11時58分
  月出  4時39分  月没 15時 8分  正午月齢 26.4
 
 ◆那覇 ( 3/15)
  日出  6時39分  日没 18時38分  昼 時間 11時59分
  月出  3時49分  月没 14時27分  正午月齢 25.4
 ・那覇 ( 3/16)
  日出  6時38分  日没 18時39分  昼 時間 12時 0分
  月出  4時34分  月没 15時34分  正午月齢 26.4
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■暦注の話 ・・・ 九星(2)
 「星空の出来事」で、一回飛びました九星の話、2回目です。
 本日は、年ごとに振り分けられた九星、年家九星(ねんかきゅうせい)につ
 いてです。

 始める前に一つお詫び、本日の「訂正」にも書いたとおり、前回この九星は
 黄河から現れた亀の甲羅の模様から考えられたという、多分権威付に使われ
 た話をしました。その際、これを「河図」または「洛書」というと書きまし
 たが、これは誤り。

 「亀書」または「洛書」というと書くべきでした。これは私の記憶ちがい。
 失礼致しました。ちなみに、「洛書」の洛は、亀の出てきた河が黄河の支流
 の名前が「洛水」だったからです。

◇本命星・月命星
 日の吉凶について考えるとき、まず目に付くもっとも「馬鹿馬鹿しい点」は
 例えば、六曜の大安のように、

  その日が万人にとって目出度い日

 などという、どう考えてもあり得そうもないことを平気で主張することです。
 その点九星占いは本命星・月命星という生まれの年・月によって異なるもの
 によって、日の吉凶を人毎に違えるという方式を導入して「もっともらしさ」
 を醸し出すことに成功しています。

 本命星はその人の生まれた年、月命星はその人の生まれた月の九星です。
 ただここで気を付けなければいけないのは、この「年月」が普通の暦の年月
 では無くて、節切りの年・月だという事です。

 年は、立春から翌年の節分までの1年。月は二十四節気の節気で区切った月
 です。この点は気を付けて。

◇年家九星はどうやって決める?
 九星は、一つずつ順送りに移動しますから 9年で一巡りします。
 また暦の年月日にはそれぞれ六十干支が割り振られていて、これも循環して
 います。

  9と60の周期で循環する二つの周期が完全に一致する周期は 9と60の最小公
 倍数である 180。つまり九星が20回、六十干支が 3回循環するとまた九星と
 六十干支の組み合わせは、元の状態に戻ります。
 年家九星において、この 180年を三元(さんげん)と呼びます。三元の初め
 の60年間を「上元」、次を「中元」、最後を「下元」と呼びます。

 三元の始点は六十干支の「甲子」の年。そしてこの年を「一白水星」とし、
 「上元甲子」といいます。
 年家九星はこの上元甲子がいつであるか判れば後は循環するだけですから、
 その年の九星が何かはすぐにわかります。おっと、だたし年家九星の巡りは、

  一白 → 九紫 → 八白 → 七赤 ・・・・

 という逆回(陰遁(いんとん)といいます)りですのでご注意を。


◇上元甲子の年
 最初の上元甲子は、隋の文帝仁寿四年( 604年)とされていますから、ここか
 らたどると、

  604 , 784 , 964 , 1144 , 1324 , 1504 , 1684 , 1864 , 2044 , ・・・

 となり、最近では 1864年がその年にあたります。
 とすると、2007年はこの上元甲子から 144年目、二黒土星の年ということに
 なります。これが判れば、来年も再来年も、「○○運勢暦」など購入しなく
 ても自分で、年家九星を求めることができますね。

   2007年 二黒土星
   2008年 一白水星
   2009年 九紫火星
   2010年 八白土星
    ・
    ・

◇上元・中元・下元
 占いをなさる皆さんは、三元を大層重視しているようで世の盛衰すらもこの
 三元の循環に一致していると考えていらっしゃるようです。この三元と九星
 による運勢の巡りを「三元六甲の法」などというようです。

 面白い(?)のは、生まれが上・中・下元の何れであるかによって、その人
 の品性まで違っているというのです。
 なんでも、上元生まれの人は品性が良く、中元生まれならほどほど、下元生
 まれなら下品だそうです。なんだかとっても判りやすくていいですね。

 ちなみに私は「中元」の期間の生まれですから、品性は「ほどほど」。
 1984年(昭和59年)以後に生まれた方々は、下元の生まれということになる
 ので、皆さん下品だということになります。かわいそうに(って、私がいっ
 ているわけでは無いので、「下品」といわれても、怒りのメールは送らない
 で下さい)。
 
◇九星占い、大丈夫?
 九星の最初の上元甲子は 604年で、あとは 180年ごとに三元が循環するとい
 いましたが、どこでどう間違えたのか、日本の九星暦家は貞享元年(1684年、
 上元甲子の年)を下元甲子の年と長いこと思いこんでいたようです。

 この年、中国から輸入した暦を見たら「上元甲子」だというじゃありません
 か。みんなこの年が下元甲子だと思って、それにもとづいて占いたてていた
 のに。下品だと思ってたら実は上品だって・・・。

 しかし、こんなとんでもない間違いをしてそれで運勢を占っていた占い師の
 皆さんは、何事もなかったように(内心の葛藤は如何ほどか、うかがい知れ
 ませんが)、いつの間にか中国の暦に合わせてしまいました。

   「え? そんなんで本当にあたるの?」

 残念ながら占い師ではない私には何とも答えられません。
 信じる信じないは、皆さん次第ということですね(私は信じてませんからど
 うでもいい)。

           ----------------------------------
 月家九星他の話もまたそのうち、「九星(3)」として続けます。連続にな
 るか、間に何かを挟むかは、行き当たりばったりです。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■皆様からのお便り (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇S.S さんから
 最近では「禹」・・なんて聞くと、鳥肌がたってしまいます。
禹の治水工事の時現れた亀の甲羅に・・が「洛書」で、「河図」は伏羲(ふ
 くぎ。夏代のさらに前の神話時代の三皇の一人)の時代に黄河に現れた竜馬
 (りゅうめ)の背中に描いてあったという図。易の八卦は伏羲がこれをかた
 どって作ったとか。

開封市に「禹王台公園」と言うところがあり、ここに清の乾隆帝が書いた
「功在河洛」という額が掛けられているそうです。意味がわかりませんが、
 字をみると関係ありそうな気がします。(かなり思い込み・・?)今度行っ
 たら撮ってきますね。

⇒仰るとおり、九星の話で亀の甲羅にあった図を「河図」としましたが、これ
 はS.S さんがお書き下さったとおり、竜馬の背に現れた図のことです。洛書
 とは別物でした。

 お詫びというわけではありませんが、「功在河洛」は治水に功績のあったも
 のを顕彰する言葉のようです。ネットで調べるとこの額は禹王台にある「水
 徳祠」にかかっているとありました。
 禹は、黄河の治水に成功したという功績により、舜から帝位を禅譲されたと
 される人物ですから、ピッタリかも。
 
 それと、関係ないかもしれませんが、これを書いたのが清の乾隆帝だという
 のも意味があるかも。何ていっても「清」は水徳の王朝とされていますから。
 関係ないかな?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>>>  本日発行部数: 1398 部 (まぐまぐ1077 / melma! 125 / 直配 196)  <<<
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )

☆御意見・ご感想そして、質問などは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
※バックナンバー参照、メルマガ登録・解除は以下のURL から行えます。
 http://koyomi8.com/cgi/magu/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/08/18
19/08/17
19/08/16
19/08/15
19/08/14
19/08/13
19/08/12
19/08/11
19/08/10
19/08/09
19/08/08
19/08/07
19/08/06
19/08/05

古い記事