殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/12/06 05:23)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2007/06/30 号 (No.0273)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


◇◆◇ 遅配のお詫び ◇◆◇
  本日、私の諸般の事情により、発行が大変遅くなりました。
  お詫び致します。
                    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 昨夜は近くの小学生とその父兄総勢70名を相手に、観望会を実施しました。
 夕方から、金星・土星・木星そして、満月直前の月当たりを眺める予定だっ
 たのですが、結果は惨敗。

 ほとんど雲で眺めることが出来ませんでした。
 ほんのちょっとだけ、雲の間から木星や月を眺めることが出来る人もいまし
 たが、大部分は、

  残念でした

 という結果でした。
 延期か実施か判断したのは午後の 4時頃。
 天気予報は夕方から曇りと言うことでしたが、その時点では快晴。
 梅雨時のことで、延期したからといって次の日が晴れる保証もない。という
 ことで、思い切って実施したのですが、結果は天気予報の圧勝。

 素人判断より、やはり気象庁の判断は正しかったと言うことですね。
 参りました。

◇◆◇ melma! 登録の皆さんへの「評価投票」のお願い ◇◆◇
 melma! でメールマガジンの末尾に、
  ■今回の記事はいかがでしたか?
 という箇所にメールマガジン評価ページへのリンクが有ります。
 お時間が有れば、このメールマガジン評価をお願いします。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ☆★☆ こよみのページからのCM ☆★☆       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◆【かわうそ@暦のおすすめ商品】
 かわうそ@暦の書いた本 ⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22

かわうそのおすすめ雑貨⇒ http://astore.amazon.co.jp/koyomi8com-22
暦参考 http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=1
 〃  http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=2
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 19年  6月 30日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2007年  6月 30日  [月の] 第5週 第5土曜  [年の] 181日目 残り 185日
旧暦   5月 16日 (友引)
ユリウス通日 2454281.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 満月  望。月と太陽の黄経差が180°となる日。天文学的満月。
    旧暦の十五夜とは一致しないことが多い(現に今日は十六夜)。

■今日の日干支と主な暦注
 六曜   友引 [ともびき] 友びきとて半ばよし.昼時悪し.葬礼忌む
 日干支  乙未 [きのとのひつじ]
 十二直  除   [のぞく] 小吉.種まき,医療吉.婚礼,土動かし凶
 二十八宿 女   [じょ] 髪すきなどを除き凶.葬式は大凶
 二十七宿 斗   [と] 土動かし,造作は吉
 日家九星 五黄土星 [ごおうどせい]

 ◇主な暦注
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日

 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
 アガパンサス         誠実な愛,恋の訪れ
 ビヨウヤナギ(美容柳) 気高さ
 ブーゲンビレア       情熱・熱心
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇夏越の祓,大祓
  大祓は、罪と汚れをはらい清める神事で、 6月と12月の末日行われる。疫
  病よけの茅の輪くぐりなどの行事が行われる地方もある。

 ◇集団疎開の日
  1944年(昭和19年)のこの日、都市の学童を地方へ、学校単位で集団疎開さ
  せることが閣議決定された。

 ◇トランジスタの日
  1948年(昭和23年)のこの日にアメリカの科学者、ショックレー、バーデ
  ィン、ブラッテンの3人によりトランジスタが世界で初公開されたことに
  ちなむ。

 ◇アインシュタイン記念日
  アインシュタインが、1905年(明治38年)の今日、相対性理論の最初の論
  文となる「運動物体の電気力学について」を発表したことに由来。

 ◇ハーフタイムデー
  一年も残すところあと半分となる日。
 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■夏越の祓(なごしのはらえ)
この記事をベースに、写真などを加えて、
 夏越の祓(なごしのはらえ)
 http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0733.htm
 として、Web こよみのページに掲載しております。
 そちらのページもご覧下さい。    by かわうそ@暦
 今日は六月の最終日。一年の上半期の最後の日です。  この日の行事として思い浮かぶのは、夏越の祓。六月の晦日の行事です。  夏越の祓はまた、水無月の祓(みなづきのはらえ)ともいいます。文字につ  いても昔は、名越の祓と書いたそうです。  旧暦で言えば六月は、夏の終わりの月でもありましたので、「夏越の祓」と  呼ばれます。 ◇夏越の祓と大祓  夏越の祓と対になる行事が十二月にもあります。  これを大祓(おおはらえ)といいます。  普通は大祓といえば十二月の晦日(みそか)に行われる祓えを指しますが、  夏越の祓を大祓と呼ぶこともありますし、両者の総称として「大祓」と言う  こともあります。  十二月の大祓は言わずとしれた、その一年の穢れを祓って新しい年を迎えよ  うと言う行事で、大祓の後には、「正月」という晴れの行事が待っています。  では夏越の祓はといえば、同様に一年の前半が済んだところでその半年の穢  れを祓い、正常な身で「盆」という晴れの行事を執り行います。  西日本ではこの夏越の祓に、「サネモリオクリ」などの虫送りの行事が行わ  れることがありますが、これは収穫の秋に向かって、禍を除こうとするもの  で、禍が積み重なった穢れの結果に呼び寄せられるという考えが垣間見られ  ます。禍が来ないように、穢れを除こうというわけですね。 ◇夏越の祓の行事  夏越の祓の行事としてよく見られるものが、「茅の輪くぐり」。  茅(ちがや)で大きな輪を神社の境内に作り、この茅の輪をくぐることで病  気や禍を免れようと言う神事です。   「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延というなり」  と唱えながらこの輪を、先ず左足から踏み入れ 8の字を描くように 3度くぐ  るのが正しい茅の輪くぐりだそうです。  他に、神社で紙で作った形代(かたしろ、人形)に姓名・年齢を書いて、こ  れで体を撫でて自分の穢れをこの形代に移し、これを河などに流す行事が有  ります。ところによっては穢れを移すものが藁の人形であったりと、形は多  少異なりますが、同種の行事があちこちに残っています。  この形代に穢れを移して河に流すという行事は、禊ぎ(みそぎ)の行事が形  式化したものと考えられます。 ◇茅の輪と蘇民将来(そうみんしょうらい)  夏越の祓には茅の輪の他に、「蘇民将来札」というものを家の入り口に張る  風習が長野県などに残っています。  この二つは、神話の中で次のように結びついています。   武塔の神が旅の途中、ある村で一夜の宿を請うたところ、裕福な巨旦将来   はこれを断り、巨旦将来の兄の貧乏な蘇民将来はこれを受け入れて、もて   なしました。   その後旅の帰りに再びこの村を訪れた武塔の神が宿を与えなかった巨旦将   来の一族を皆殺しにしてしまいましたが、その際に巨旦に嫁いでいた蘇民   の娘だけは目印として「茅の輪」を腰に付けさせて助けたといいます。   そして、蘇民将来には子々孫々疫病から免れることが出来るという福を授   けて去っていったと言われます。  ということで、今でも「蘇民将来子孫」と書いた蘇民将来札を掲げておくと、  疫病を免れるるといわれます。また茅の輪をくぐって禍を逃れるというのも  この神話からといわれています。  夏越の祓の今日、私も蘇民将来の子孫を騙って、疫病から免れることにしま  しょうかね?   (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、    magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- ★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- ■皆様からのお便り紹介 (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)  ・・・・本日は特にありません・・・・ ※※いただいたメール全てを掲載することが出来ません。ごめんなさい。※※ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- >>> 本日発行部数: 部 (まぐまぐ1711 / melma! 180 / 直配 201) <<< =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- ■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- ☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp  バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/ ★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、    http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★ ☆発行者について  かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。  プロフィール ⇒ http://koyomi8.com/msuzuki.htm ★Web こよみのページもよろしく!  http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ ) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/12/05
19/12/04
19/12/03
19/12/02
19/12/01
19/11/30
19/11/29
19/11/28
19/11/27
19/11/26
19/11/25
19/11/24
19/11/23
19/11/22

古い記事