殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/12/15 01:20)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2008/04/12 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


 昨日、職場の屋上から外の景色を眺めておりました。
 一昨日の大雨のお陰で、空気に浮かんだ細かな塵もきれいに洗い流されて春
 なのに空はすっきりとした青空。
 昨日は雨で海面すら確認出来なかった海は、遙か水平線までくっきりとみて
 ていて、沢山の船が行き交う様が手にとるようによく見えました。

 そんな中、海より近い手前の藪の中から何かが飛び出しました。普段見かけ
 る小鳥と比べると大分大きな何かです。

 目が飛び出した物体に追いつくと、そこに見えたのは緑のビロードの輝きを
 見せる雉の雄が空中を飛んでいる姿。

 雉が藪や田んぼの間を「走る」姿はよく見かけますが、飛んでいるのを見る
 ことはあまりありませんので、本当に雉かなと一瞬我が目をうたがいました
 が、間違いなくあれは雉でした。そしてしっかりと飛んでいました。

 雉はそのまま6〜70mを飛んだ辺りで大きく左側に旋回し Uターン。
 その後も飛び続けて最初にいた藪から少し離れた別の藪の中に飛び込むまで
 約200mあまり飛行していました。

 その飛行の様子は、鳥として考えるとあまり見事とは言えません。頭上での
 んびりと輪を描いている鳶などと比べれば、涙ぐましいほどの勢いで羽を羽
 ばたかせてその「重い体重」を支えていた感じ。まるでおぼれてもがいてい
 るかのようです。

 とは言え、いくらおぼれているみたいな情けない飛行であっても、200mあま
 りも無着陸で彼が飛行したのは事実。
 雉族としては、超人(鳥人?)的努力の賜かも。
 何れ、こうした超人(鳥人)の子孫がもっと高い空まで飛ぶようになって、

  「ああ、地球は青かった」

 何ていうようになったりして(地球は青かったの謎解きは本文で)。
 すごいものみちゃったのかな?

 ※注意
  昼日中から屋上でサボっていたわけではありません。仕事で屋上に上って
  いたのでした。言い訳みたいですが、「本当です!」。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 「地球は青かった」・・・世界宇宙飛行の日
□勝手に『御紹介』 ・・・ かぐや画像ギャラリー
□皆様からのお便り紹介
□隅掘り隊通信

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ☆★☆ こよみのページからのCM ☆★☆       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◆私の好きなもの・・・商品案内
【かわうそ@暦の関わった本】
 http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 20年  4月 12日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2008年  4月 12日  [月の] 第2週 第2土曜  [年の] 103日目 残り 264日
旧暦   3月  7日 (先負)
ユリウス通日 2454568.5 (日本時 9時の値)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(4/12)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  壬午 [みずのえうま]
 十二直  満   [みつ] 大吉.移転,旅行,婚礼,元服,普請など全て吉
 二十八宿 胃   [い] 就職,婚礼,造作吉.衣類裁断大凶
 二十七宿 鬼   [き] 最大吉.万事に大吉.鬼宿日と呼ばれる
 日家九星 四緑木星 [しろくもくせい]

 ◇主な暦注
  三隣亡   [さんりんぼう] 棟上げ,土起こし等大凶.三輪宝の誤記か?
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  母倉日   [ぼそうにち] 吉日.婚姻には大吉日
  月徳日   [つきとくにち] (月とく)とも書く.吉日
  天火日   [てんかにち] 棟上げ,家屋修造等凶
  狼藉日   [ろうじゃくにち] 凶日

◆明日(4/13)のデータ
 六曜   仏滅 [ぶつめつ] 大悪日.万用ゆべからず
 日干支  癸未 [みずのとのひつじ]
 十二直  平   [たいら] 大吉.祝い事全て吉.特に婚礼は大吉
 二十八宿 昴   [ぼう] 神仏祈願,大工仕事の始め,造作吉
 二十七宿 柳   [りゅう] 造作に凶.葬儀を行えば不幸が重なる
 日家九星 五黄土星 [ごおうどせい]

 ◇主な暦注
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  地火日   [じかにち] 基礎工事,柱立て,葬送等凶
  滅門日   [めつもんにち] 凶日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(04/12) の誕生花
 アンズ(杏)         はにかみ
 マツムシソウ(松虫草) 喪失・再起
 ライラック           愛の芽生え・初恋の思い出

◆明日(04/13) の誕生花
 ウォールフラワー     愛情の絆
 クマガイソウ(熊谷草) 見かけ倒し
 ボリジ               勇気・憂いを忘れる

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇世界宇宙飛行の日
  1961(昭和36)年、世界初の有人宇宙衛星船・ソ連のボストーク 1号が打ち
  上げに成功しました。搭乗したガガーリン少佐は、宇宙から地球を見た時
  の感想を「地球は青かった」と表現し、流行語になりました。

 ◇東京大学創立記念日
  1877年(明治10年)のこの日、「東京開成高校」と「東京医学校」が一緒
  になり、「東京大学」が創立された。

 ◇パンの記念日
  パン食普及協議会が1983(昭和58)年 3月に制定。1842(天保13)年の 4月12
  日に伊豆韮山代官の江川太郎左衛門英龍が軍用携帯食糧として乾パンを作
  りました。これが日本で初めて焼かれたパンと言われています。
  また、毎月12日を「パンの日」としています。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 4/12)
  日出  4時57分  日没 18時14分  昼 時間 13時17分
  月出  9時21分  月没  0時40分  正午月齢  6.0
 ・札幌 ( 4/13)
  日出  4時56分  日没 18時15分  昼 時間 13時19分
  月出 10時35分  月没  1時25分  正午月齢  7.0
 
 ◆東京 ( 4/12)
  日出  5時12分  日没 18時12分  昼 時間 13時 0分
  月出  9時56分  月没  0時18分  正午月齢  6.0
 ・東京 ( 4/13)
  日出  5時11分  日没 18時13分  昼 時間 13時 2分
  月出 11時 6分  月没  1時 7分  正午月齢  7.0
 
 ◆大阪 ( 4/12)
  日出  5時30分  日没 18時28分  昼 時間 12時58分
  月出 10時17分  月没  0時31分  正午月齢  6.0
 ・大阪 ( 4/13)
  日出  5時29分  日没 18時28分  昼 時間 13時 0分
  月出 11時26分  月没  1時21分  正午月齢  7.0
 
 ◆福岡 ( 4/12)
  日出  5時52分  日没 18時47分  昼 時間 12時56分
  月出 10時42分  月没  0時49分  正午月齢  6.0
 ・福岡 ( 4/13)
  日出  5時50分  日没 18時48分  昼 時間 12時58分
  月出 11時51分  月没  1時39分  正午月齢  7.0
 
 ◆那覇 ( 4/12)
  日出  6時 9分  日没 18時52分  昼 時間 12時43分
  月出 11時14分  月没  0時39分  正午月齢  6.0
 ・那覇 ( 4/13)
  日出  6時 8分  日没 18時52分  昼 時間 12時44分
  月出 12時20分  月没  1時32分  正午月齢  7.0
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■「地球は青かった」・・・世界宇宙飛行の日
 ユーリー・ガガーリン少佐の有名な言葉、

  地球は青かった

 は1961/04/12、地球周回軌道上のボストーク1号から見た地球の姿を語った
 ものだといわれます。
 「地球は青いヴェールをまとった花嫁のようだった」というのが正しいとい
 う説もありますが、定かではありません(定かなのは、日本語で言ったわけ
 じゃ無いだろうと言う事くらいですかね)。

 1961年というとまだ私が生まれる前の話。
 小学生の時に学校の図書館にあった本(書名は忘れてしまいましたが、おそ
 らくガガーリン著の「宇宙への道」か?)で、地球は青く美しかったといっ
 たとガガーリンが書いていたのを読んで、これが「地球は青かった」という
 ことなのかと思った記憶があります。

 ガガーリンがこの言葉を語ってから、もう47年。
 今は、日本の打ち上げた月周回衛星(衛星の月を回っているから正しくは孫
 衛星?)「かぐや」が月から見た地球の映像を送ってくる時代となりました。
 月面から昇る地球の画像を見れば、地球は今も青いようです。
 これからもずっと青い地球でいてくれるとを祈りたいです。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◆私の好きなもの・・・商品案内2
【雑貨編】
 http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=4
【読み物】
 http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033?node=1
 http://astore.amazon.co.jp/koyomi8mb-22/250-2494496-7577033
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■勝手に『御紹介』(Webサイト,メルマガ,本,etc を勝手に紹介します)
◇かぐや画像ギャラリー (http://wms.selene.jaxa.jp/)
 ここは、JAXA(宇宙航空研究開発機構)のSELENEプロジェクトの公式サイ
 トです。
 月周回衛星かぐやの画像・動画・観測結果から得られた月面図などを見る、
 あるいはダウンロードすることができます。
 今日4/12は、「世界宇宙飛行の日」ということで、ガガーリンの

  「地球は青かった」

 が本当かどうかこのサイトで確認してきました。
 ビデオアーカイブスというコーナーに、月面からの

  地球の出 / 地球の入り

 画像などがあります(次のURL へどうぞ)
 http://jda.jaxa.jp/jda/v3_j.php?mode=level&time=N&genre=5&category=5025

 大気の無い、くっきりとした月面から昇る、沈む地球はやはり「青かった」
 です。動画ですからちょっとサイズは大きめですが、一件の価値は有りです。
 ちなみにこの月探査衛星の名前は「かぐや」。プロジェクト名のSELENEは、
 ギリシャ神話の月の女神セレネを表します。
 

■皆様からのお便り紹介 (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇浜こじきさんから
 あまりに初心者な質問ですので、読んでアホらしかったら捨ててください。

 先日「月がうっすら下弦に光ってて素敵だったわよねー、あれは新月かしら」
 とぼそっと言ったら
 「新月はまっくらなんじゃない?」と友人。

 さっそくかわうそさんの暦の頁をチェックしたら、たしかに黒い月+ちらっ
 と月の灯り。まるで黒いというわけじゃないのでしょうか・・・

 あと、「こよみのぺーじ」に月例の頁がありますが、
 月は垂直に立っていますね。でも実際肉眼で見る月はやや斜めっている・・。
 それはなぜなのですか?
 南半球でみても、やっぱり斜めに月は満ちかけるのですよね?
 まるで子供電話相談室みたいですが・・・。
 いまさら恥ずかしくてだれにも聞けないので教えてください。

→まずは「新月」について。
 現在普通に使われる新月(天文学的な意味での新月)はご友人のおっしゃる
 とおり、「まっくら」と言って良いでしょう。一番わかりやすいのは日食の
 ときのあの真っ黒な月。あれが新月です。

 こよみのページの新月の画像にうっすら明るい部分のある理由は・・・月が
 そこにあるよと示すためです。黒丸だけでは「月」らしくないでしょう?

 次に「月の傾き」について
 月が傾いて見えるというのは「何に対して傾いていると考えたか」を冷静に
 考えると答えがわかります。何に対して傾いていると考えました?
 私たちが「月の傾き」の話をするときには地平線、あるいは地平線に対して
 垂直な上下の線に対して「傾いている」考えていると思います。いかがです?

 これがわかれば話は簡単です。月のような天体の場合、地球のどこから眺め
 ようと、その形はほとんど変化しません。ところが今回月の傾きの基準と考
 えた地平線はというと、「彼方が丸い地球のどの辺にいるか」で違って見え
 るものなのです。よって、月の傾きが変わるというよりそれの基準となる地
 平線の月に対する傾きが地球上の場所(緯度)の違いで変化するというべき
 です。

 南半球では・・・何て疑問のために、実は解説記事を書いております。
 Web こよみのページの、暦と天文の雑学に

 月の見え方・北半球と南半球
 http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0210.htm

 がそれです。図を使って説明しているので、文章だけで読むよりはわかりや
 すいかも。
 これで疑問は氷解? でしょうか。

 (※頂いたメールのすべては御紹介は出来ません。ごめんなさい。)
■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇4/11号、前書き
 > 「朝の読書の時間」は【必要見たい】ですね → 【必要みたい】ですね

 > 私の部屋で見つけた「面白そうな歴史の本」を【見つけ】
 →私の部屋で「面白そうな歴史の本」を【】

◇4/11号、コトノハ
 > そこかしこに【見かける】この紫の小さな花を見かけます
 →そこかしこに【】この紫の小さな花を見かけます

⇒練馬のんべ隊員、紫式部隊員、かわうそ@暦隊員からの報告がありました。
 隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆御意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/12/14
19/12/13
19/12/12
19/12/11
19/12/10
19/12/09
19/12/08
19/12/07
19/12/06
19/12/05
19/12/04
19/12/03
19/12/02
19/12/01

古い記事