殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2020/02/28 11:52)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2008/12/16 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ オリオンとさそり(蠍)
□皆様からのお便り紹介
□隅掘り隊通信

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 20年 12月 16日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2008年 12月 16日  [月の] 第3週 第3火曜  [年の] 351日目 残り  16日
旧暦  11月 19日 (大安)
ユリウス通日 2454816.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 鮭魚群がる       七十二候の一つ(63候)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(12/16)のデータ
 六曜   大安 [たいあん] 大安吉日なり.万事よし
 日干支  庚寅 [かのえとら]
 十二直  満   [みつ] 大吉.移転,旅行,婚礼,元服,普請など全て吉
 二十八宿 室   [しつ] 祭祀,祈願,婚礼,船乗,造作吉.
 二十七宿 翼   [よく] 種まき,出行などに吉.婚礼は離婚に至る
 日家九星 一白水星 [いっぱくすいせい]

 ◇主な暦注
  三隣亡   [さんりんぼう] 棟上げ,土起こし等大凶.三輪宝の誤記か?
  帰忌日   [きこにち] 凶日.旅行からの帰宅は特に凶

◆明日(12/17)のデータ
 六曜   赤口 [しゃっく] 悪日.万事忌む.但し昼時は障りなし
 日干支  辛卯 [かのとのう]
 十二直  平   [たいら] 大吉.祝い事全て吉.特に婚礼は大吉
 二十八宿 壁   [へき] 大吉.造作,婚礼大吉
 二十七宿 軫   [しん] 万事吉.衣類裁断のみは火災の難に注意
 日家九星 九紫火星 [きゅうしかせい]

 ◇主な暦注
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  受死日   [じゅしにち] 黒日ともいう.最大悪日とされる
  地火日   [じかにち] 基礎工事,柱立て,葬送等凶
  滅門日   [めつもんにち] 凶日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(12/16) の誕生花
 エンゼルランプ       あなたを守りたい
 カンギク(寒菊)     健気な姿
 ハンノキ             忍耐

◆明日(12/17) の誕生花
 シーマンニア         コミュニケーション・繁栄
 フユボタン(冬牡丹) 高貴
 フリージア           純潔・無邪気

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇念仏の口止め
  正月の神様(年神様)は念仏が嫌いであるとして、この日の翌日から 1月16
  日の「念仏の口明け」までは念仏を唱えないというしきたりがある。
  この日はこの年最後の念仏を行う日となる。

 ◇紙の記念日
  1875年(明治 8年)のこの日、元幕臣の渋沢栄一が設立した東京の抄紙会社
  が営業運転を開始したことによる。こちらは王子製紙の前身。

 ◇電話の日
  1890年(明治23年)のこの日、日本で初めて電話が開通したことに由来する。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 (12/16)
  日出  6時59分  日没 16時 1分  昼 時間  9時 2分
  月出 20時16分  月没  9時55分  正午月齢 18.4
 ・札幌 (12/17)
  日出  7時 0分  日没 16時 1分  昼 時間  9時 1分
  月出 21時31分  月没 10時23分  正午月齢 19.4
 
 ◆東京 (12/16)
  日出  6時44分  日没 16時30分  昼 時間  9時46分
  月出 20時37分  月没  9時45分  正午月齢 18.4
 ・東京 (12/17)
  日出  6時44分  日没 16時30分  昼 時間  9時46分
  月出 21時46分  月没 10時19分  正午月齢 19.4
 
 ◆大阪 (12/16)
  日出  6時57分  日没 16時49分  昼 時間  9時52分
  月出 20時56分  月没 10時 0分  正午月齢 18.4
 ・大阪 (12/17)
  日出  6時58分  日没 16時50分  昼 時間  9時51分
  月出 22時 4分  月没 10時35分  正午月齢 19.4
 
 ◆福岡 (12/16)
  日出  7時15分  日没 17時13分  昼 時間  9時57分
  月出 21時19分  月没 10時20分  正午月齢 18.4
 ・福岡 (12/17)
  日出  7時16分  日没 17時13分  昼 時間  9時57分
  月出 22時27分  月没 10時55分  正午月齢 19.4
 
 ◆那覇 (12/16)
  日出  7時 9分  日没 17時41分  昼 時間 10時31分
  月出 21時41分  月没 10時18分  正午月齢 18.4
 ・那覇 (12/17)
  日出  7時10分  日没 17時41分  昼 時間 10時31分
  月出 22時44分  月没 10時58分  正午月齢 19.4
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■オリオンとさそり(蠍)
 昨夜(12/15) は星を見上げながら道を歩いていました。
 歩いていた道はちょうど南北に走る道で、時間は午後10時頃。
 私は南に向かって歩いていましたから、ちょうど歩いて行く方向にオリオン
 座が昇っていました。
 オリオンが南中するまではもう少しかかりそうで、南中する頃は直立(?)
 するオリオンが少し斜めになっていました。

   そろそろかな、仕方ない

 などとぼやきながら起きあがっている途中でしょうか。

◇蠍(さそり)座生まれ
 昨夜、ぼやきつつ起きあがっていたオリオンといえば、サソリに刺されて亡
 くなったことになっています。またサソリも、このオリオンに踏みつけられ
 てやはり亡くなりました(神話の中での話)。
 こうした経緯があったので今でもオリオンとサソリはお互いを避けて、同時
 に空に昇らないようになったと言われます。

 昨夜は、オリオンがぶつぶつ言いながらも空に昇っておりましたから、当然
 サソリは何処を探しても見つかりません。
 「何処を」と言っても草むらや、朽ち木の皮を探したわけじゃ、もちろんあ
 りません。夜空です、夜空。

 さそり座と言えば、その胴体中央に真っ赤なアンタレスを戴く星座で、よる
 この星座が見やすい季節はと言えば、夏です。
 さそり座は「夏の銀河」の畔にある星座です。
 ところでこのメールマガジンをお読みの方の中にはきっと、

  「私は、さそり座の女(男)よ」

 という方もいらっしゃることでしょう(確率からいえば1/12はそうなるはず)。
 と言うことはです、さそり座の女(男)の皆さんは、自分の誕生日の頃にい
 くら夜空を見上げても自分の誕生星座を見つけることは出来ないということ
 ですね。
 見つかるのはサソリにとっては宿敵のオリオンの姿ばかり。
 残念でした。


◇誕生星座は昼間の星座?
 さそり座生まれの話でもお解りいただけたように、誕生星座とはその人が生
 まれた時期には「昼間の星座」となっています。
 よって、自分の誕生日の頃に、夜空に自分の誕生星座を見つけることは出来
 ません。

 現在の誕生星座がもとは、季節を知るために生まれた暦の上の目盛りの役割
 をはたすもので、その季節季節の「太陽が位置」を表したものだったことを
 考えれば、これは当然のことなのですが、今はそうした本来の意味が忘れら
 れてしまったため、

   なぜ誕生日に誕生星座は見えないの?

 と不思議がられる結果となっています。
 その時期に見えない星座を誕生星座にするなんておかしい、なぜです・・・
 という怒り(質問?)メールを頂いたこともあるのですが、そんなこと、私
 にいわれても。

◇参商
 【参商】を辞書で引くと、

   「遠く引き離されて会うことが出来ないことのたとえ」

 という意味が書かれています。
 ここで登場した「参」と「商」は共に中国の星座名で、それぞれオリオン座
 とさそり座に該当すると考えられます(中国の星座は、概してずっと小さな
 領域を示していますので、オリオン座の一部、さそり座の一部というのが正
 しいでしょう)。

 古代の中国でもやはりこの二つの星座は空の両端にあって、遠く離れ一緒に
 なることがないことが知られていたから、この二つをあわせた【参商】が、
 遠く引き離されて会うことが出来ないたとえとなったのでしょう。


 今日は、昨夜眺めたオリオンの姿から思い浮かんだ暦のこぼれ話でした。
 昨日、起きあがりつつあったオリオンは今は地平線下でお休み中ですね。
 そしてこのオリオンに替わってサソリが空に昇っているはずです。
 もちろん見えませんけれど。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■皆様からのお便り紹介 (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇練馬のんべさんから(隅掘り隊報告より)
  (前略)
 >   朋有り遠方より来たる
 >   亦、楽しからずや
  (中略)
 素敵なお言葉!のんべも大賛成!
 それにしても、毎日の配信、大変ですよねえ、本当にありがとうございます。
 さて隅掘り。
  (後略)

→お褒めの言葉はお褒めの言葉、隅掘り隊隊員の仕事は仕事。
 ううん、この公私(?)の切り替え、流石です。

  褒められて、へへへ・・・
  隅掘りで、あらら・・・

 目まぐるしい変化でした。
 (※頂いたメールのすべては御紹介は出来ません。ごめんなさい。)
■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇12/15 号、コトノハ
 > 好きで【初めて】、どうやら → 好きで【始めて】、どうやら

 > 物理的な問題は始めた時から、ある程度仕方がないと【始めから】諦めて
 →物理的な問題は始めた時から、ある程度仕方がないと【】諦めて

⇒練馬のんべ隊員、かわうそ@暦隊員からの報告でした。
 隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆御意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
20/02/27
20/02/26
20/02/25
20/02/24
20/02/23
20/02/22
20/02/21
20/02/20
20/02/19
20/02/18
20/02/17
20/02/16
20/02/15
20/02/14

古い記事