殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2020/02/28 12:54)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ ---【日刊☆こよみのページ】2009/03/08 号 --- ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□コトノハ・言の葉 ・・・ 【啓蟄】
□隅掘り隊通信
□埋め草の記

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 21年  3月  8日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2009年  3月  8日  [月の] 第2週 第2日曜  [年の]  67日目 残り 299日
旧暦   2月 12日 (先勝)
ユリウス通日 2454898.5 (日本時 9時の値)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(3/8)のデータ
 六曜   先勝 [せんがち] 朝〜昼は障りなし.昼過ぎ〜夕は悪い
 日干支  壬子 [みずのえね]
 十二直  納   [おさん] 小吉.物品購入,新築吉.婚礼,見合い凶
 二十八宿 虚   [きょ] 入学吉.造作,相談ごと大凶
 二十七宿 張   [ちょう] 大吉.出行,就職,婚礼,種まき吉
 日家九星 四緑木星 [しろくもくせい]

 ◇主な暦注
  八専入り 
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  母倉日   [ぼそうにち] 吉日.婚姻には大吉日
  滅門日   [めつもんにち] 凶日

◆明日(3/9)のデータ
 六曜   友引 [ともびき] 友びきとて半ばよし.昼時悪し.葬礼忌む
 日干支  癸丑 [みずのとのうし]
 十二直  開   [ひらく] 小吉.造作,婚礼吉.葬式などの不浄事凶
 二十八宿 危   [き] 壁塗り,出行など吉.衣類の裁断等は凶
 二十七宿 翼   [よく] 種まき,出行などに吉.婚礼は離婚に至る
 日家九星 五黄土星 [ごおうどせい]

 ◇主な暦注
  八専間日 [はっせんまび] 八専期間中の例外日.この日は障り無し
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(03/8) の誕生花
 アッツザクラ         愛を待つ
 コブシ(辛夷)       友情・自然の愛
 チューリップ<赤>   恋の告白

◆明日(03/9) の誕生花
 アセビ(馬酔木)     犠牲
 クロッカス<黄>     青春の喜び
 シバザクラ(芝桜)   合意・一致

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇神のヨハネの祝日
  聖ヨハネは病人、特にアルコール中毒者の守護聖人。
  1495年にポルトガルで生まれ、突如として襲われた狂気から回復した四十
  歳以後、世俗の生活を捨て全く神の聖旨のままに生きた所から、ヨハネ・
  デ・デオ(神のヨハネ)と呼ばれるようになる。
  1539年グラナダに病人を看護する修道会を創立し、貧困者や病人、浮浪者、
  娼婦のために献身した。1550年没。

 ◇ビールサーバーの日
  ビールサーバー・ドットコムを主催する木村栄寿さんが2001(平成13)年に
  制定。 「サー(3)バー(8)」の語呂合せ。

 ◇ミツバチの日
  全日本蜂蜜協同組合と日本養蜂はちみつ協会が制定。「みつ(3)ばち(8)」
  の語呂合せ。 なお、8月3日は「はちみつの日」となっている。

 ◇赤ちゃん&こども『カット』の日
  赤ちゃん筆センターが1999(平成11)年に制定。
  「さん(3)ぱつ(8)」(散髪)の語呂合せ。
  赤ちゃんと子供専用の理容室の存在をPRする日。

 ◇みやげの日
  観光と土産品の需要の増大を図る目的で、全国観光物産振興協会が制定し
  た日。「み(3)や(8)げ」の語呂合わせ。
  なお、この団体は毎月8日を「おみやげ感謝デー」とも提唱している。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 3/ 8)
  日出  5時59分  日没 17時32分  昼 時間 11時33分
  月出 14時10分  月没  4時12分  正午月齢 11.1
 ・札幌 ( 3/ 9)
  日出  5時57分  日没 17時34分  昼 時間 11時36分
  月出 15時28分  月没  4時44分  正午月齢 12.1
 
 ◆東京 ( 3/ 8)
  日出  6時 2分  日没 17時42分  昼 時間 11時41分
  月出 14時34分  月没  4時 0分  正午月齢 11.1
 ・東京 ( 3/ 9)
  日出  6時 0分  日没 17時43分  昼 時間 11時43分
  月出 15時46分  月没  4時37分  正午月齢 12.1
 
 ◆大阪 ( 3/ 8)
  日出  6時18分  日没 18時 0分  昼 時間 11時42分
  月出 14時54分  月没  4時15分  正午月齢 11.1
 ・大阪 ( 3/ 9)
  日出  6時17分  日没 18時 1分  昼 時間 11時44分
  月出 16時 5分  月没  4時52分  正午月齢 12.1
 
 ◆福岡 ( 3/ 8)
  日出  6時38分  日没 18時21分  昼 時間 11時43分
  月出 15時17分  月没  4時34分  正午月齢 11.1
 ・福岡 ( 3/ 9)
  日出  6時37分  日没 18時22分  昼 時間 11時45分
  月出 16時28分  月没  5時12分  正午月齢 12.1
 
 ◆那覇 ( 3/ 8)
  日出  6時46分  日没 18時35分  昼 時間 11時49分
  月出 15時42分  月没  4時30分  正午月齢 11.1
 ・那覇 ( 3/ 9)
  日出  6時45分  日没 18時35分  昼 時間 11時50分
  月出 16時48分  月没  5時13分  正午月齢 12.1
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ日刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■コトノハ・言の葉
【啓蟄】(けいちつ)
 (蟄虫、すなわち冬ごもりの虫がはい出る意)
 二十四節気の一。太陽の黄経が 345度の時で、 2月の節(せつ)。
 太陽暦の3月6日頃に当る。驚蟄。春の季語。
  《広辞苑・第五版》

 日刊☆こよみのページにも度々登場する二十四節気の一つ。
 今年(2009年)は 3/5に節入りとなりました。

 「啓」は開くという意味があり、「蟄」は虫が土中に隠れること、閉じこも
 ることという意味がありますから、二つ組み合わさって土中に閉じこもって
 いた虫がその穴の口を開いて出てくるという意味になります。

 土中の虫が冬眠から覚める頃とありますが、この時期に目を覚ますのは何も
 虫たちばかりではありません。
 蛙や蛇や熊たちも目を覚ます頃です。
 このことから、この季節を表す季語には「蛇穴を出ず」「熊穴を出ず」とい
 うものもあります。

 まだこの春には蛇の姿を見ていませんが、蛙は田んぼで盛んに鳴いています
 から、確かに冬眠していた様々な生き物が目覚める季節となったようです。

◇虫出しの雷
 春の始めの啓蟄の頃には大気が不安定になって、時に雷鳴が轟くことがあり
 ます。この春先の雷のことを「虫出しの雷(むしいだしの らい)」と呼び
 ます。冬眠している虫に春の訪れを告げ、早く起きなさいと知らせる自然の
 目覚まし時計です。
 皆さんの住む街には、春を告げるこの目覚まし時計の音は届きましたか?

◇日本の「啓蟄」、中国の「驚蟄」
 二十四節気は中国で生まれて、それがそのまま日本に輸入されて使い続けら
 れてきたものですので、その言葉も文字も同じなのですが、唯一この啓蟄だ
 けは使われる文字が異なります。現在の中国では「驚蟄」と言う文字が使わ
 れています。

 今では啓蟄と驚蟄と言うように異なった文字を使うようになっていますが、
 元々は中国でも日本と同じく啓蟄の文字を使っていました。現在中国で使わ
 れている驚蟄は、漢王朝の六代皇帝景帝の諱(いみな)の「啓」を避けるた
 めに意味の近い「驚」に置き換えられたものです。
 (こちらの記事もどうぞ → http://koyomi8.com/doc/mlwa/200803060.htm )

 「啓蟄」という言葉はその生まれ故郷の中国では当初の姿を失ってしまいま
 したが、海を渡った日本では今も春を告げる現役の言葉として生きています。

■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇3/7 号、暦のこぼれ話
 > チラシとして「宣伝効果大!」なのです(頭【言い】)。
 →チラシとして「宣伝効果大!」なのです(頭【良い】)。

⇒e-arf 隊員、おこじょ隊員からの報告でした。
 隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。

■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 「かわうそ(獺)」を見てきました。
 昨日です。

 日本では野生の獺は絶滅してしまったらしい(近所の河ではまだ時折目撃情
 報があるのですが、生息を裏付ける確実な証拠はありません)ので、もちろ
 ん動物園で飼育されているものです。

 私が「かわうそ」を名乗るようになったのは、私の部屋の状況からであって、
 獺好きだからでは無かったのですが、名乗ってみると「かわうそ」という言
 葉に愛着が芽生え、同じ名前を持つ動物にも愛着を覚えるようになりました。
 今ではすっかり、獺好きです。

 昨日見た獺たちは、ちょうど飼育場所の清掃の時間で、飼育係のおじさんに
 清掃の邪魔をしないようにと餌を手渡されて喜々として餌の魚を食べている
 ところでした(魚の頭からパクパクと)。

 あの太い尻尾と、餌を捧げ持つようにつかんだ短い前足、くりっとした目の
 なんと愛らしいこと。
 口元にはイタチ科らしく魚の血を滴らせていても愛らしく見えるんですから、
 その愛らしさは怖ろしい程。

 獺の愛らしさにうっとりした余韻に浸りながら家の玄関を潜るとそこにはカ
 メが二匹。ふと目があったカメのその目が

  浮気者

 と言っているような気がしました。考えすぎでしょうか。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■ こよみのページ オフィシャルマガジン 【日刊☆こよみのページ】 ■■
  《 まぐまぐID: 0000210127  //  melma!(メルマ!) ID: 162826 》
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆御意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
20/02/27
20/02/26
20/02/25
20/02/24
20/02/23
20/02/22
20/02/21
20/02/20
20/02/19
20/02/18
20/02/17
20/02/16
20/02/15
20/02/14

古い記事