殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/08/23 22:59)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2009/07/25 号 (No.1029)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。


読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 土曜日は週の始まりの日
□皆様からのお便り紹介
□埋め草の記

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 21年  7月 25日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2009年  7月 25日  [月の] 第4週 第4土曜  [年の] 206日目 残り 160日
旧暦   6月  4日 (先負)
ユリウス通日 2455037.5 (日本時 9時の値)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(7/25)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  辛未 [かのとのひつじ]
 十二直  建   [たつ] 中吉.柱立,事業開始,婚礼吉.屋敷内土動凶
 二十八宿 女   [じょ] 髪すきなどを除き凶.葬式は大凶
 二十七宿 張   [ちょう] 大吉.出行,就職,婚礼,種まき吉
 日家九星 二黒土星 [じこくどせい]

 ◇主な暦注
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  五墓日   [ごむにち] 土動かし,種まき,旅行等凶

◆明日(7/26)のデータ
 六曜   仏滅 [ぶつめつ] 大悪日.万用ゆべからず
 日干支  壬申 [みずのえさる]
 十二直  除   [のぞく] 小吉.種まき,医療吉.婚礼,土動かし凶
 二十八宿 虚   [きょ] 入学吉.造作,相談ごと大凶
 二十七宿 翼   [よく] 種まき,出行などに吉.婚礼は離婚に至る
 日家九星 一白水星 [いっぱくすいせい]

 ◇主な暦注
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(07/25) の誕生花
 アガパンサス         誠実な愛,恋の訪れ
 インパチェンス       短気
 サギソウ(鷺草)     純情・無垢

◆明日(07/26) の誕生花
 キバナコスモス(黄花コスモス) 野性的な美しさ
 ヒャクニチソウ(百日草) 遠い友を思う

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇大ヤコブの祝日
  弟である使徒ヨハネとともにガラリヤ湖のほとりでイエスに会い、漁師と
  しての生活を捨ててイエスの弟子になったとされる。

 ◇聖クリストフォロスの祝日
  旅行者・航海者・自動車の運転者の守護聖人。
  大男で力持ちであった彼は、世界最強の王に仕えることを望んでその王に
  出会えることを待ちながら、旅人を背負って川を渡る仕事をしていた。
  ある暴風雨の夜、子供の姿をしたキリストを肩に乗せて川を渡り、真の王
  とは誰かを悟り、この時から「キリストを背負う者」という意味の「クリ
  ストフォロス」と名乗るようになった。
  ローマ皇帝デキウスの迫害の時に殉教したと伝えられている。

 ◇日本住宅公団発足の日
  1955年(昭和30年)のこの日、日本住宅公団が発足した。

 ◇味の素の日
  1908年(明治41年)のこの日、池田菊苗博士は昆布の「うま味」成分の研究
  により、その主成分がアミノ酸の一種であるグルタミン酸であることをつ
  きとめ、その製造法の特許をとった。鈴木三郎助とともに商品化に着手、
  新調味料は「味の素」と名付けられた。

 ◇体外受精の日
  1978年(昭和53年)に世界初の体外受精児(試験管ベビー)誕生した。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■土曜日は週の始まりの日
 本日は、土曜日(2009/07/25)。週の始まりの日です。

 土曜日が週の始まりとは、いきなり何を言い出すのかと思われる方もいらっ
 しゃるでしょうが、曜日の生い立ちを考えるとどうもそのようです。

◇週とは
 日月火・・・と続く週が、現在のような形で使われるようになったのは紀元
 前1〜2世紀頃のローマだったと考えられています。

 暦には、一日、一月、一年といった一定の長さのサイクルがあります。ここ
 で挙げたサイクルは、地球の自転、月の満ち欠け、地球の公転という天体の
 動きに基づいたサイクルです。この中で現在の「一月」は実際の月の朔望と
 は無関係になってしまっていますが、元々の成立過程を考えれば少なくとも
 その生まれた時代には月の朔望の周期によって生まれたサイクルであること
 は間違いありません。

 一日、一月、一年の長さはこのように天体の動きから導かれたものであった
 ので、その長さはある種必然的に定まったとも言えますが、これに対して本
 日取り上げた「週」は人為的に定まった長さといえます(多分、月の満ち欠
 けの 1/4。新月から半月、半月から満月・・・という周期とは関係している
 と考えられますが)。

 現在の「週」はメソポタミアに栄えた古代のバビロニアで生まれたものと考
 えられます。歴史上有名なバビロン捕囚で、バビロンに捕虜として連れ去ら
 れたユダヤ王国の人々の子孫が、やがて故郷後に帰ったとき、バビロンで使
 われていた週の慣習を持ち帰えり、その慣習がキリスト教の拡がりに伴って
 拡がったものだと考えられます。

◇曜日の順番の誕生
 週の中における曜日の順番がバビロニアでどのように決められていたかにつ
 いては、古代ギリシャの歴史家カシウスによれば、次のようだったと説明さ
 れています。

 1.太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星は星でありまた神である。
 2.1 日24時間はそれぞれ1の神々の支配する時間である。
 3.星は遠い順に土星・木星・火星・太陽・金星・水星・月である。
 4.2の各時間に3の星を遠い順に配置する。
  ⇒土星→木星→火星→太陽→金星→水星→月→土星→木星→火星→・・・
 5.その日の最初の時間を支配する神(星)がその日の支配神(星)である。

 このように考えて一日の支配神を考えて行くとその順番は

   土星→太陽→月→火星→水星→木星→金星

 となります。そして一日の支配神(星)の名を取って曜日としたわけです。
 ちなみに「曜」とは「ひかり、輝き」という意味です。
 この順番を見る限りでは、本日「土曜日」が週の始まりということになりま
 すね。

◇日本への伝来は「占い」
 曜日を日本へ伝えた人物は弘法大師空海だと言われています。
 遣唐使と共に中国に渡った空海が伝えたものですが、この時の曜日は日の吉
 凶判断のために使われました。

 日常あたりまえにこの曜日を使う私たちからすると、日の吉凶に使われたと
 いうのはなんだか奇異に写ります。誰でも今日の曜日を知っているけれど、
 その曜日毎に日柄の善し悪しなど問題にしませんからね。
 本日土曜日はどんな日かというと、

  「この日は口舌事あり。腹中のわずらいあり・・・」

 「週の始め」だというのに、あんまりいい日ではなさそうですね。
 まあ、一日経って日曜となれば、

  「この日は万事良し。財宝に縁あり、商人は利徳倍増」

 だと目出度い一日。
 では、吉日となる日曜日を目指して、週の始めの土曜日一日を頑張りましょ
 うか。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■皆様からのお便り紹介 (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇H.N さんから
  (前略)
 今般、皆既日食を楽しむため中国に遠征しました。
 行く前から、予報でのお天気は芳しくありませんでしたが、当日は予報通り
 のお天気で、一時は雨まで降って来ました。

 そんなお天気でしたから第一・第三接触時に見られるダイヤモンドリングも
 コロナの広がりも残念ながら見る事が出来ませんでしたが、皆既中暗くなる
 体験と皆既中の黒い太陽(実は新月)を撮影する事が出来ました。
  (前略)

→よい天気というわけでは無かったようですが、ひとまず

  おめでとうございます

 といってもよさそうですね。
 H.N からは雲を透して写した皆既日食中の写真をいただいておりますので、
 H.N さんにお願いして、また皆さんにもご覧いただこうと考えておりますの
 で、今しばらくお待ち下さい。

 (※頂いたメールのすべては御紹介は出来ません。ごめんなさい。)
■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
◇感じが違う
 半月ほど前、「締め切りに大分遅れているのに原稿が書けません・・・」と
 愚痴りながら書いていた原稿がチェック用のゲラ刷りとなって戻ってきまし
 た。自分で書いたものとはいえ、印刷される形に組あがってゲラ原稿は感じ
 が違います。

 10ページと頼まれていたところが13ページになってしまって、恐る恐る出し
 た原稿でしたが、どうやらそのままでOKを頂けたので、大きな書き直しはし
 なくて済みました。今日は仕事なので、明日あたり得意の

  誤字脱字

 のチェックと、式の間違いなど点検しようと思います。こんな時に隅掘り隊
 があれば、一瞬なのにな。

◇羨ましい
 購読しているメールマガジンの一つに

  ○月×日、オフ会を開きます

 というお知らせ記事がありました。
 いいな、オフ会。
 日刊☆こよみのページ&Web こよみのページ、どちらも結構長く続いている
 のですが、今もって一度もオフ会など開いたことはありません。というか、

  こよみのページのオフ会って?

 テーブルを囲んで暦の話を語り合う人々何ていう風景は、想像が難しいか。
 やはり当分

  第一回こよみのページのオフ会開催のお知らせ
  あなたも夏の一夜、熱く暦を語ってみませんか

 なんていうお知らせは出せそうにありませんね。
 こよみのページのオフ会は、いつまでも真夏の夜の夢で終わるようです。
 ああ、オフ会。羨ましいな。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/08/22
19/08/21
19/08/20
19/08/19
19/08/18
19/08/17
19/08/16
19/08/15
19/08/14
19/08/13
19/08/12
19/08/11
19/08/10
19/08/09

古い記事