殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2010/01/01 号 (No.1189)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新年明けましておめでとうございます。
 今年もまた、暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 雑煮
□コトノハ・言の葉 ・・・ 【二兎を追う者は一兎をも得ず】
□隅掘り隊通信
□埋め草の記

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへの御意見・ご感想そして、質問などは、
 ・コメントボード http://koyomi8.com/cgi/magu/bbs/ibbs.php
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 22年  1月  1日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2010年  1月  1日  [月の] 第1週 第1金曜  [年の]   1日目 残り 365日
旧暦  11月 17日 (先負)
ユリウス通日 2455197.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 元日  祝日・休日
 満月  望。月と太陽の黄経差が180°となる日。天文学的満月。
     旧暦の十五夜とは一致しないことが多い。

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(1/1)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  辛亥 [かのとのい]
 十二直  閉   [とづ] 凶.金銭収納,墓作りは吉.造作,旅行凶
 二十八宿 亢   [こう] 結納,婚礼,種まき,縫製吉.造作は凶
 二十七宿 星   [せい] 療養の始め,馬乗りなどに吉.婚礼,葬儀は凶
 日家九星 四緑木星 [しろくもくせい]

 ◇主な暦注
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  重日     [じゅうにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶

◆明日(1/2)のデータ
 六曜   仏滅 [ぶつめつ] 大悪日.万用ゆべからず
 日干支  壬子 [みずのえね]
 十二直  建   [たつ] 中吉.柱立,事業開始,婚礼吉.屋敷内土動凶
 二十八宿 氏   (※氏+一)[てい] 婚礼,移転,種まき吉.造作,着初め凶
 二十七宿 張   [ちょう] 大吉.出行,就職,婚礼,種まき吉
 日家九星 三碧木星 [さんぺきもくせい]

 ◇主な暦注
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶
  八専入り 
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  月徳日   [つきとくにち] (月とく)とも書く.吉日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(01/1) の誕生花
 スノードロップ(待雪草) 希望・慰め
 フクジュソウ(福寿草) 幸せを招く

◆明日(01/2) の誕生花
 スイセン(水仙)     愛にこたえて
 ロウバイ(臘梅)     慈愛

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇元日
  「新しい希望と決意とを持って新しい年の始めを祝う日」とする国民の祝
  日のひとつ。最も大切な年中行事であるお正月は、元日に門松で年神様を
  迎え、井戸から若水を汲んで供え、雑煮やおせち料理を食べて祝う。

 ◇四方拝
  天皇が、午前 5時半(寅の刻)に束帯を着て神嘉殿の南座(昔は清涼殿の
  東庭)に出御し、皇大神宮・豊受大神宮・天神地祇・天地四方・山陵を拝
  し、宝祚の無窮・天下太平・万民安寧を祈る儀式。

 ◇太陽暦施行の日
  太政官布告により、従来の太陰太陽暦を廃し、太陽暦を採用すると公布さ
  れた。太陽暦が採用され、明治5年12月3日が明治6年1月1日となる。

 ◇少年法施行の日
  法務省刑事局が実施。1949(昭和24)年、昨年 7月15日に公布された「少年
  法」が施行されました。20歳未満の少年の健全な育成を目的としています。

 ◇神戸港記念日
  1868年(明治元年)1月1日、神戸港が外国船の停泊地として開港したことを
  記念して。神戸港は古くは「大輪田の泊」と呼ばれる。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 1/ 1)
  日出  7時 6分  日没 16時10分  昼 時間  9時 5分
  月出 16時41分  月没  7時20分  正午月齢 15.6
 ・札幌 ( 1/ 2)
  日出  7時 6分  日没 16時11分  昼 時間  9時 5分
  月出 18時 2分  月没  8時 5分  正午月齢 16.6
 
 ◆東京 ( 1/ 1)
  日出  6時50分  日没 16時39分  昼 時間  9時48分
  月出 17時10分  月没  7時 3分  正午月齢 15.6
 ・東京 ( 1/ 2)
  日出  6時51分  日没 16時39分  昼 時間  9時49分
  月出 18時26分  月没  7時52分  正午月齢 16.6
 
 ◆大阪 ( 1/ 1)
  日出  7時 4分  日没 16時58分  昼 時間  9時54分
  月出 17時31分  月没  7時18分  正午月齢 15.6
 ・大阪 ( 1/ 2)
  日出  7時 5分  日没 16時59分  昼 時間  9時54分
  月出 18時46分  月没  8時 7分  正午月齢 16.6
 
 ◆福岡 ( 1/ 1)
  日出  7時22分  日没 17時21分  昼 時間  9時59分
  月出 17時55分  月没  7時36分  正午月齢 15.6
 ・福岡 ( 1/ 2)
  日出  7時22分  日没 17時22分  昼 時間 10時 0分
  月出 19時10分  月没  8時26分  正午月齢 16.6
 
 ◆那覇 ( 1/ 1)
  日出  7時16分  日没 17時49分  昼 時間 10時33分
  月出 18時24分  月没  7時29分  正午月齢 15.6
 ・那覇 ( 1/ 2)
  日出  7時17分  日没 17時50分  昼 時間 10時33分
  月出 19時35分  月没  8時22分  正午月齢 16.6
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
□雑煮
 お正月と云えばお餅。
 お正月のお餅料理と云えば雑煮。
 ということで、本日は雑煮の話を書いてみます。

 雑煮の話を書こうかと思ったきっかけは2007年の日刊☆こよみのページの読
 者の皆さんから寄せられた一通、いや二通のメールです。関係する部分を抜
 粋して引用させて頂いたのが次の文。

 『ひでさん』から
   私の妻は鳥取出身なのですが、あちらで「雑煮」と言うとなんと、ジョ
   ークでなく本気でぜんざいが出て来ます。
   私が行った時は私一人のために関西風の雑煮を作ってもらいます。
   妻の妹は関西に嫁いで、夫の実家で雑煮を勧められるのが苦痛だそうで
   す。色々あって面白いですね。

 『E.K さん』から
   妻の実家がある鳥取県では、いわゆる「ぜんざい」がお雑煮です。
   そういう地方もあります。私も最初は驚きましたが、今は慣れました。

 雑煮が「ぜんざい」だなんて、甘いものには目のない私には嬉しい話。いい
 な、鳥取の雑煮。各地いろいろな雑煮があると思ったら、なんだか雑煮自体
 にも興味がわきますね。

◇雑煮とは
 辞書で雑煮を引くと
 【雑煮】
  餅を主に仕立てた汁もの。新年の祝賀などに食する。餅の形、取り合せる
  具、汁の仕立て方など地方により特色がある。  《広辞苑》

 とあります。
 雑煮の始まりは、年神に供えた餅を元日の朝におろしてお節料理と一緒に煮
 たのがその始まりと考えられます。いろいろなものと一緒くたに煮るところ
 から、雑煮となったのでしょう。

 一年最初に汲んだ水、若水と新年最初に熾(おこ)した火を使って、餅と里
 芋や大根などと一緒に煮込みます。年神に供えられた餅には年神の魂が宿っ
 ており、これの入った雑煮を家族そろって食べることで、年神の力を分け与
 えて頂こうと云う意味があります

 ちなみに、「年神の魂(たま)」を分け与えるということから生まれた行事
 が「お年玉」。玉はただの玉ではなくて、年神の魂だったのです。

◇関西の丸餅、関東の切り餅
 江戸時代に書かれた書物、守貞漫稿には次のような記述が有ります。

  大坂の雑煮は味噌仕立なり。五文取りばかりの丸餅を焼きこれを加ふ。
   (略)
  江戸は切餅を焼き、小松菜を加え、鰹節を用ひし醤油の煮だしなり。

 いまでも関西の丸餅、関東の切り餅といいますが、江戸の昔もこの点は現在
 と同じようです。また、関東や中国、九州地方ではすまし汁仕立てで、関西
 は味噌仕立てという違いも守貞漫稿の時代から既にそうだったようですね。

◇各地の雑煮いろいろ
 雑煮はその文字でも判るとおり、いろいろなものと餅が煮込まれる料理。い
 ろいろとなれば、各地で異なる産物がこの椀の中に入ってきそうなもの。そ
 して現実にもそうなっています。

 雑煮に餅は欠かせないとしてそのほかの具には、鮭(さけ)や鰤(ぶり)が
 入る海辺の地域も有れば、鶏肉を入れるところ里芋が入るところ、蕪(かぶ)
 が入るところ等々あって、変化に富んでいます。中には、山陰地方の一部や、
 四国の一部のように小豆や、餡の入った雑煮もあります。

 各地にはどんな雑煮が有るのかなと興味のある方には、写真入りで判りやす
 い以下のサイトがおすすめ。

   個性が光る! お雑煮図鑑
   http://www.rurubu.com/season/winter/oshogatsu/column.asp

 ほんと楽しいですね。
 さて、あなたが食べた雑煮は、どの地方のどの雑煮でしたでしょうか?

   わがが家の雑煮は、こんなのだよ

 そんな、自慢の雑煮情報もお待ち致しております。

※2008/01/02の記事を一部修正して再掲載しました。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■コトノハ・言の葉
【二兎を追う者は一兎をも得ず】
 同時に二つの事をしようとすれば、両方とも成功しない。
   《広辞苑・第五版》

 今日は2010年の元日です。
 元日の今日は同時に満月でもあります。
 そして初日の出の少し前には部分月蝕が見られる。

 この辺りの初日の出の時刻は 7時頃。今年は海から昇る初日がよく見える穴
 場を教えてもらっていたので、そこへ出かけて初日を拝もうかと考えました。
 初日の出の少々前には部分月蝕があります。最大食分は 4時23分。
 朝まで起きていれば、月蝕も初日の出も眺めることが出来るな・・・。

 大晦日の夜からいろいろすることもあり、気が付けばもう元日の 4時。
 外に出て月を眺めると、極浅い食分にもかかわらず案外くっきりと月に落ち
 た地球の影が見えています。空には雲も有りません。

  「最大食分まではあと20分。
   この調子なら、月蝕も初日の出も両方を眺めることが出来そう」

 あと少し夜更かしを続ければ、一石二鳥も可能です。
 外は寒いので、月蝕が最大食分となる時刻までは部屋に入って暖をとること
 にしました。

 そこまでは良かったのですが、部屋で暖をとっているうちについウトウト。
 ハッと気が付いた時には時計の針は、 6時30分。
 月蝕は完全に終わり、出かけようと考えていた初日の出スポットに向かうに
 も遅すぎる時刻。一石二鳥どころか

  二兎を追う者は一兎をも得ず

 月蝕と初日の出の二匹の兎を追って、どちらも取り逃がしてしまいました。

■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇12/31 号、暦のこぼれ話
 > サロス周期 → メトン周期

⇒月夜野ほたる隊員からの報告でした。
 隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。

■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 コトノハに書いたとおり、月蝕と初日の出の両方を追って、結局どちらも取
 り逃がしてしまいました(最大食分は逃したが月蝕は見たし、自宅からは初
 日の出も見たので、全敗というわけではないかな・・・)。

 「一年の計は元旦にあり」と云うことだと、少々先行きの不安な一年になり
 そう。
 皆さんの元日の朝はどのどのようなものになりましたか?
 お便りお待ち致しております。

◇雑煮のお願い
 皆さんのお宅での「雑煮の写真」、こちらの方もお待ち致しております。
 よろしくどうぞ。
 送り先の E-mailアドレスは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp です。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆御意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
21/10/17
21/10/16
21/10/15
21/10/14
21/10/13
21/10/12
21/10/11
21/10/10
21/10/09
21/10/08
21/10/07
21/10/06
21/10/05
21/10/04

古い記事