殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/08/17 22:21)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2010/01/14 号 (No.1202)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 龍の頭に囓られる夕日、日没帯日食
□埋め草の記

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへの御意見・ご感想そして、質問などは、
 ・コメントボード http://koyomi8.com/cgi/magu/bbs/ibbs.php
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 22年  1月 14日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2010年  1月 14日  [月の] 第3週 第2木曜  [年の]  14日目 残り 352日
旧暦  11月 30日 (仏滅)
ユリウス通日 2455210.5 (日本時 9時の値)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(1/14)のデータ
 六曜   仏滅 [ぶつめつ] 大悪日.万用ゆべからず
 日干支  甲子 [きのえね]
 十二直  閉   [とづ] 凶.金銭収納,墓作りは吉.造作,旅行凶
 二十八宿 奎   [けい] 大吉.婚礼,棟上げ,旅立ち万に大吉
 二十七宿 虚   [きょ] 入学吉.造作,相談ごと大凶
 日家九星 一白水星 [いっぱくすいせい]

 ◇主な暦注
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶
  甲子     [かっし] 吉日.甲子待.子待ちともいう
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  天赦日   [てんしゃにち] (万よし)とも書く.極上の大吉日
  帰忌日   [きこにち] 凶日.旅行からの帰宅は特に凶
  血忌日   [ちいみにち] 鍼灸,刑戮等血を見る事柄は凶

◆明日(1/15)のデータ
 六曜   赤口 [しゃっく] 悪日.万事忌む.但し昼時は障りなし
 日干支  乙丑 [きのとのうし]
 十二直  建   [たつ] 中吉.柱立,事業開始,婚礼吉.屋敷内土動凶
 二十八宿 婁   [ろう] 大吉.婚礼,造作大吉
 二十七宿 虚   [きょ] 入学吉.造作,相談ごと大凶
 日家九星 二黒土星 [じこくどせい]

 ◇主な暦注
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  五墓日   [ごむにち] 土動かし,種まき,旅行等凶
  十死日   [じゅうしにち] 天殺日ともいう.受死日に次ぐ凶日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(01/14) の誕生花
 スイートピー         門出,別離,優しい思い出
 スプレーマム         逆境の中でも元気
 ツバキ(椿)         常にあなたを愛します

◆明日(01/15) の誕生花
 コチョウラン(胡蝶蘭)<白> 清純

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇十四日年越し
  1 月15日の小正月の前日にあたるため、この日は年越しの日とされていた。
  今では小正月の習慣があまり行われていないため、十四日年越しの習慣も
  すたれてしまっている。

 ◇タロとジロの日
  南極の昭和基地に置き去りにされたカラフト犬の「タロ」、「ジロ」の生
  存が1959年(昭和34年)のこの日確認された。
  「愛と希望と勇気の日」ともよばれる。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 1/14)
  日出  7時 3分  日没 16時24分  昼 時間  9時20分
  月出  6時20分  月没 15時17分  正午月齢 28.6
 ・札幌 ( 1/15)
  日出  7時 3分  日没 16時25分  昼 時間  9時22分
  月出  6時56分  月没 16時19分  正午月齢 29.6
 
 ◆東京 ( 1/14)
  日出  6時50分  日没 16時50分  昼 時間 10時 0分
  月出  6時 1分  月没 15時49分  正午月齢 28.6
 ・東京 ( 1/15)
  日出  6時50分  日没 16時51分  昼 時間 10時 1分
  月出  6時41分  月没 16時47分  正午月齢 29.6
 
 ◆大阪 ( 1/14)
  日出  7時 4分  日没 17時 9分  昼 時間 10時 5分
  月出  6時15分  月没 16時 9分  正午月齢 28.6
 ・大阪 ( 1/15)
  日出  7時 4分  日没 17時10分  昼 時間 10時 6分
  月出  6時55分  月没 17時 7分  正午月齢 29.6
 
 ◆福岡 ( 1/14)
  日出  7時23分  日没 17時32分  昼 時間 10時10分
  月出  6時33分  月没 16時34分  正午月齢 28.6
 ・福岡 ( 1/15)
  日出  7時22分  日没 17時33分  昼 時間 10時11分
  月出  7時14分  月没 17時31分  正午月齢 29.6
 
 ◆那覇 ( 1/14)
  日出  7時18分  日没 17時58分  昼 時間 10時40分
  月出  6時25分  月没 17時 3分  正午月齢 28.6
 ・那覇 ( 1/15)
  日出  7時18分  日没 17時59分  昼 時間 10時41分
  月出  7時 8分  月没 17時58分  正午月齢 29.6
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■龍の頭に囓られる夕日、日没帯日食
 今年は、元日早々月食がありました。
 食分はわずかで、あまり話題になりませんでしたが。

 そしてその元日から半月経った1/15、小正月の日には今度は日食が起こりま
 す。日食といえば昨年は天文現象と云うより「社会現象?」と思えるほど日
 本中大騒ぎしたことがまだ記憶に新しいのですが、同じ日食なのに今回は至
 って静か。この落差は何でしょうね。

◇今回の日食は、龍の頭
 西洋占星術のホロスコープには太陽や月、惑星などが登場しますが、こうし
 た現実の星以外にも、架空の星のようなものも登場します。そうした架空の
 星に、龍の頭と尻尾があります。

  ドラゴンヘッド(龍頭、Dragon Head または北節、North Node)
  ドラゴンテール(龍尾、Dragon Tail または南節、South Node)

 これが龍の頭と尻尾です。
 この頭と尻尾は何者かというと、

  黄道と白道の交点

 のことです。天文学的に言えば、太陽の通り道である黄道に対する月の通り
 道である白道の交点、つまり月軌道の昇降点と云うことになります。
 頭が「昇交点」、尻尾が「降交点」。二つ合わせて「昇降点」と呼びます。

 なぜこれが他の「惑星」並に天体の位置として計算されるかと言えば、この
 頭と尻尾の位置に太陽と月がある時に、日食・月食が起こることから、この
 位置には太陽や月を蝕む(食)何かがあると考えたのです。

 太陽と月が同じ頭、あるいは尻尾の側にあるときには日食が、頭と尻尾とに
 分かれてあるときには月食が起こります。
 元旦の月食と明日、1/15の日食は

  2010年元旦の月食 太陽は龍の頭 、 月は龍の尻尾
  2010年1/15の日食 太陽・月とも龍の頭

 付近にあります。
 明日は、龍の頭付近に太陽と月が両方並びますので、地球から見て手前にあ
 る月によって太陽が隠される日食が起こります。

◇龍頭・龍尾は星?
 占星術が生まれた頃は龍頭・龍尾で日食・月食が起こることは判っても、月
 と太陽の距離の違いや、月が太陽の光を反射して光る天体だとかは判らなか
 ったわけですから、日食・月食が起こる原理ははっきり判りませんでした。

 そこで当時としては理解しやすい理由を考えた結果、そこには龍頭と龍尾と
 いう二つの見えない天体があって、その天体に太陽が隠されるとき日食が、
 月が隠されるときに月食が起こると考えたのです。つまり龍頭と龍尻尾は普
 段は目に見えない天体と考えたのです(古代の人々の空想はさらに拡がり、
 それが龍の頭と尾となってしまったわけですね)。

◇2010/01/15の日食
 この日食は地球全体で見れば、金環食と呼ばれる日食です。月が地球から遠
 い距離にある時に日食が起こる場合、月は遠くにあるので月の見かけの大き
 さが小さくなりますから、月が太陽を完全に隠しきれず、月の周りから太陽
 が少々はみ出して見えるのが、この金環食です。完全に隠す場合が皆既日食
 になります。

 1/15の月と地球の距離は約405400km。月までの平均距離384400kmに比べて、
 5.5%程遠くにあるので、月が太陽を隠しきれないのでした(今回の日食が金
 環食として見える場所は、インド辺りです)。

 残念ながら日本では金環食にはならず、部分日食となります。
 その部分日食も、見える場所は関東より西の地域だけ。
 関東より東の地域では、日食が始まる前に太陽が西の地平線に沈んでしまう
 のでした。残念ですね。

 関東より西の地域では、16時45分頃から太陽が欠け始め、欠けたままで日没
 を迎えることになります(こういう日食を「日没帯日食」といいます)。
 日本では西に行けば行くほど、日食が始まってから日没までの時間が長いの
 でそれだけ、日食が進む様子がよく見えることになります。
 沖縄くらいまで行けば、太陽の直径の60%程まで欠けた状態が見えます。

 本州、四国、九州ではそこまで欠けた状態に進む前に日没を迎えますが、太
 陽一部が「龍の頭」に囓られて欠けたままで沈んでいく、ちょっと面白い光
 景が見られるはずです。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 皆さんにも「気をつけた方がいいですよ」とよく注意される

  お風呂で寝てしまうこと

 を昨日(正しくは本日未明)もしてしまいました。
 寝てしまっていたのは午前2時〜5時の 3時間。
 起きたときには、「寒いな」というのが最初の記憶。お風呂上がりの湯冷め
 ではなくて、本当にお湯が冷めていたのでした。

 深夜にお風呂に入る時には注意しないととは、いつも思うのに気が付くと、
 うっかり寝てしまうことが多いです。
 なにか、お風呂で寝ないいい方法を考えないといけませんね。
 皆さんも、気をつけて下さいね(そんな人、沢山はいないか?)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆御意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/08/16
19/08/15
19/08/14
19/08/13
19/08/12
19/08/11
19/08/10
19/08/09
19/08/08
19/08/07
19/08/06
19/08/05
19/08/04
19/08/03

古い記事