殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/08/24 21:03)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2010/03/17 号 (No.1264)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 七曜暦(しちよう れき)
□埋め草の記

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへの御意見・ご感想そして、質問などは、
 ・コメントボード http://koyomi8.com/cgi/magu/bbs/ibbs.php
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 22年  3月 17日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2010年  3月 17日  [月の] 第3週 第3水曜  [年の]  76日目 残り 290日
旧暦   2月  2日 (先負)
ユリウス通日 2455272.5 (日本時 9時の値)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(3/17)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  丙寅 [ひのえとら]
 十二直  閉   [とづ] 凶.金銭収納,墓作りは吉.造作,旅行凶
 二十八宿 参   [しん] 蓄財,養子縁組み,造作,遠出吉
 二十七宿 婁   [ろう] 大吉.婚礼,造作大吉
 日家九星 九紫火星 [きゅうしかせい]

 ◇主な暦注
  三隣亡   [さんりんぼう] 棟上げ,土起こし等大凶.三輪宝の誤記か?
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶
  不成就日 [ふじょうじゅにち] 凶日.ことに事業開始等大凶
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  帰忌日   [きこにち] 凶日.旅行からの帰宅は特に凶

◆明日(3/18)のデータ
 六曜   仏滅 [ぶつめつ] 大悪日.万用ゆべからず
 日干支  丁卯 [ひのとのう]
 十二直  建   [たつ] 中吉.柱立,事業開始,婚礼吉.屋敷内土動凶
 二十八宿 井   [せい] 神事,種まき吉.衣類裁断は離婚に至
 二十七宿 胃   [い] 就職,婚礼,造作吉.衣類裁断大凶
 日家九星 一白水星 [いっぱくすいせい]

 ◇主な暦注
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  天火日   [てんかにち] 棟上げ,家屋修造等凶
  狼藉日   [ろうじゃくにち] 凶日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(03/17) の誕生花
 アンスリウム         情熱・熱心
 ネメシア             包容力
 レンギョウ(連翹)   かなえられた希望

◆明日(03/18) の誕生花
 イワウチワ(岩団扇) 春の使者
 フロックス(草夾竹桃、花魁草) 温和・協調
 ユキヤナギ(雪柳)   愛らしさ

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇漫画週刊誌の日
  1959年(昭和34年)に日本初の少年向け週刊誌『少年マガジン』『少年サン
  デー』が発刊された。

 ◇セント・パトリックデー
  アイルランドの守護聖人、セント・パトリックの祝日。
  アイルランドの国花の三つ葉のクローバーがシンボル。
  それにちなみシンボルカラーの緑色のものを身に付けると幸福になれると
  される。

 ◇いなりの日
  日本の食文化の中で多くの人に親しまれているいなり寿司を食べる機会を
  増やすきっかけを作ろうと、いなり寿司の材料を製造販売している株式会
  社みすずコーポレーションが制定。日付はいなりのい〜なで毎月17日に。

 ◇国産なす消費拡大の日
   4月17日の「なすび記念日」の17日を、毎月なすの消費を増やす日にしよ
  うと、冬春なす主産県協議会が2004年2月9日に制定した。

 ◇月斗忌
  俳人・青木月斗の1949(昭和24)年の忌日。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 3/17)
  日出  5時44分  日没 17時43分  昼 時間 11時59分
  月出  5時50分  月没 19時17分  正午月齢  1.2
 ・札幌 ( 3/18)
  日出  5時42分  日没 17時44分  昼 時間 12時 2分
  月出  6時13分  月没 20時22分  正午月齢  2.2
 
 ◆東京 ( 3/17)
  日出  5時49分  日没 17時50分  昼 時間 12時 1分
  月出  6時 3分  月没 19時14分  正午月齢  1.2
 ・東京 ( 3/18)
  日出  5時48分  日没 17時51分  昼 時間 12時 3分
  月出  6時31分  月没 20時14分  正午月齢  2.2
 
 ◆大阪 ( 3/17)
  日出  6時 6分  日没 18時 7分  昼 時間 12時 1分
  月出  6時21分  月没 19時31分  正午月齢  1.2
 ・大阪 ( 3/18)
  日出  6時 5分  日没 18時 8分  昼 時間 12時 3分
  月出  6時49分  月没 20時30分  正午月齢  2.2
 
 ◆福岡 ( 3/17)
  日出  6時27分  日没 18時28分  昼 時間 12時 1分
  月出  6時43分  月没 19時51分  正午月齢  1.2
 ・福岡 ( 3/18)
  日出  6時25分  日没 18時28分  昼 時間 12時 3分
  月出  7時12分  月没 20時50分  正午月齢  2.2
 
 ◆那覇 ( 3/17)
  日出  6時37分  日没 18時39分  昼 時間 12時 2分
  月出  6時59分  月没 19時55分  正午月齢  1.2
 ・那覇 ( 3/18)
  日出  6時36分  日没 18時40分  昼 時間 12時 4分
  月出  7時32分  月没 20時50分  正午月齢  2.2
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■七曜暦(しちよう れき)
 「七曜暦」というと、日曜日、月曜日、火曜日・・・が一目で分かる暦。つ
 まり普段壁に掛けて使っているカレンダーのこと?

 という誤解を受けてしまいそうな名前の暦があります(というか、昔ありま
 した)。
 「七曜暦」という名前で誤解を受けそうと書いたことでお分かりと思います
 が、この暦は冒頭で書いたような週の曜日を表す暦とはまったく違います。

◇七曜暦は昔の天体暦
 「曜」という文字は「かがやく」という意味があり、「七曜」といえば肉眼
 で見える五惑星(水星・金星・火星・木星・土星)と太陽(日)と月を表す
 言葉になります。

 七曜暦の「七曜」もこの 7つの天体を指す言葉で、七曜暦はこの 7つの天体
 の位置を示すための暦でした。現代風に云うと天体暦とか天体位置表といっ
 たところ。つまり七曜暦は、昔の天体暦というわけです。

◇なぜ天体暦が必要だったのか
 現代でも天体暦は作られているのです。ただ「暦」とつくからと「こよみ」、
 「カレンダー」の類を思い浮かべてはいけません。現代の天体暦はそのほと
 んどのページがびっしりと数字で埋められた分厚い本です。

 こんなものなので、天体暦を普通の人が使うことはまずありません。ではど
 んな人が使うのかと云えば専ら天体の観測を趣味や仕事にしている人達です。

 七曜暦は昔の天体暦です。昔のとはいえ天体暦ですので事情は現代の天体暦
 に近く、ある日の太陽や月、惑星がどの星座のどの辺にあるかということを
 計算した結果が書かれています。

 現在の私たちが日常生活で天体暦を使うことがないのと同じく、昔の人も日
 常生活において七曜暦を使うことは、普通にはありませんでした。
 では、何のためにこんな暦が作られていたのでしょうか。
 それは、占いのためです。

 占いといっても、「今日の私の運勢は・・・」というレベルではなくて、国
 全体の行く末や戦争のあるなしといった国家レベルでの占いです。
 中国では、天で起こる現象と地上で起こる現象は対応するものだという思想
 がありますので、天上で(つまり星と星の間で)異変があれば、地上でも異
 変があると考えました。

 ということは、天上での星の動きを予測出来たとしたら、その予測結果から
 地上で起こる様々な事柄を事前に予測出来るはずと考えられるわけです。
 こうして天上の星々の動きを予測する暦、七曜暦が作られるようになったの
 です。

 七曜暦の歴史は、中国では2000年以上も前まで遡れます。日本においても、
 続日本紀に天平二年(AD 730年)に七曜暦が配られたという記述があるので、
 日本の七曜暦の歴史もザッと1300年あるのでした。

◇七曜暦、姿を消す
 古代の天体暦とも言える七曜暦ですが、日本では平安中期頃になると姿を消
 してしまいました。
 その理由としては、大陸との交流が途絶えて新しい七曜暦の輸入が出来なく
 なったことと、暦博士や天文博士が世襲化してしまい、その知識・観測技術
 が年々低下して、独力ではとても複雑な計算の必要な七曜暦作成など出来な
 くなってしまった為です。

 こうして消えた七曜暦は、江戸時代になって日本独自の暦、大和暦(公的な
 暦となってからは「貞享暦」と呼ばれる)を作った渋川春海(初代の幕府天
 文方)等が一度は復活させたのですが、江戸幕府の天文方もやはり世襲制。
 その昔と同じく、ほどなく発行するだけの力量を失い、暦計算を担当する天
 文方が

 「七曜暦を刊行してきましたけれど、この暦は日用に使うようなものではな
  く、また記載されている五惑星の位置なども近頃はずれてしまってきてお
  り、このようなものがよその国にでもわたったらみっともないので、もう
  刊行を止めたいと思います」

 と何とも情けない文書を出して刊行を取りやめることになりました。
 国の運命を占うために作られた七曜暦でしたが、まさか七曜暦自身がこんな
 情けない理由で消えてなくなるなんていう運命までは、占えなかったようで
 す。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
◇ショックなこととドキドキ感
 今日の日刊☆こよみのページを書く前に、質問メールへの回答を書いていま
 した。回答のために、結構な量の計算をする必要があって、プログラムを書
 いたりしておりましたので、この回答をするだけで 5時間くらいは時間を費
 やしてしまったかも。

 日刊☆こよみのページや、Web こよみのページの内容について頂いた質問に
 ついでは、出来る限り答えようとは思っているのです。中にはきちんと答え
 るために、結構な時間や手間がかかるものもあります。
 今回、答えたものもそうしたものの一つ。

 そうした質問に答えた後で、ショックを受けることがあります。
 それは、時間をかけて、手間をかけて、ようやく出来た回答を送った後、な
 ぜか

  「メールエラー
   メールアドレスが存在しないか、受信を拒否されました」

 なんていうメールサーバーからの自動応答が返ってきたときです。
 ああ、時間をかけて計算して、時間をかけて答えをメールしたのに・・・。

 中にはこうしたエラーが返ってきても、よく見るとメールアドレスの間違い
 の理由が分かる(例えば、「@」 が全角の「@」になっていたとか)ものも
 ありますが、大部分は何処がおかしいのか分からないか、単に知らないメー
 ルアドレスからの着信を拒否する設定になっているのか。
 こうなってしまうと打つ手がなくて、回答を書いた時間が無駄になっただけ
 という結果に終わります。

 今回も回答に時間がかかっただけにメールを送ったあと暫くはドキドキ。
 あの「メールエラー」を返されないかと。
 どうやら、今回は大丈夫だったよう。今のところエラーは返されていません。
 でも、数時間してから「エラー」が戻ってくることもあるからな。
 まだ少し、ドキドキ感を味わい続けることになりそうです。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆御意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/08/23
19/08/22
19/08/21
19/08/20
19/08/19
19/08/18
19/08/17
19/08/16
19/08/15
19/08/14
19/08/13
19/08/12
19/08/11
19/08/10

古い記事