殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/12/06 02:50)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2010/08/07 号 (No.1407)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 立秋の日の「立春正月」の話 ・・・ その1
□埋め草の記

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへの御意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 22年  8月  7日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2010年  8月  7日  [月の] 第1週 第1土曜  [年の] 219日目 残り 147日
旧暦   6月 27日 (友引)
ユリウス通日 2455415.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 立秋             二十四節気の一つ 旧暦七月節気
 涼風至る         七十二候の一つ(37候)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(8/7)のデータ
 六曜   友引 [ともびき] 友びきとて半ばよし.昼時悪し.葬礼忌む
 日干支  己丑 [つちのとのうし]
 十二直  執   [とる] 小吉.婚礼,種まき,造作吉.金銭収納凶
 二十八宿 柳   [りゅう] 造作に凶.葬儀を行えば不幸が重なる
 二十七宿 井   [せい] 神事,種まき吉.衣類裁断は離婚に至
 日家九星 二黒土星 [じこくどせい]

 ◇主な暦注
  立秋     
  母倉日   [ぼそうにち] 吉日.婚姻には大吉日
  受死日   [じゅしにち] 黒日ともいう.最大悪日とされる
  帰忌日   [きこにち] 凶日.旅行からの帰宅は特に凶

◆明日(8/8)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  庚寅 [かのえとら]
 十二直  破   [やぶる] 大凶.訴訟,交渉事は吉.造作,移転,慶事凶
 二十八宿 星   [せい] 療養の始め,馬乗りなどに吉.婚礼,葬儀は凶
 二十七宿 鬼   [き] 最大吉.万事に大吉.鬼宿日と呼ばれる
 日家九星 一白水星 [いっぱくすいせい]

 ◇主な暦注
  末伏     
  復日     [ぶくにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(8/7) の誕生花
 オシロイバナ(白粉花) 臆病な愛
 サルビア<赤>       燃える思い

◆明日(8/8) の誕生花
 アンスリウム         情熱・熱心
 クレオメ(西洋風蝶草) あなたの容姿に酔う

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇七夕(月遅れ)
  新暦となり季節感がずれたため、7月7日から1月遅らせて七夕を祝う地域
  がある。

 ◇花の日
  「は(8)な(7)」の語呂合せ。

 ◇鼻の日
  8月7日の語呂合せから生まれた記念日で、日本耳鼻咽喉科学会が1961年
  (昭和36年)に制定した。鼻の病気予防をよびかける。

 ◇バナナの日
  「8」「7」と「バ」「ナナ」の語呂合わせから。

 ◇ゆかたの日
  (8月第1土曜日)

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 仙台 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 8/ 7)
  日出  4時30分  日没 18時50分  昼 時間 14時19分
  月出  0時38分  月没 16時32分  正午月齢 26.3
 ・札幌 ( 8/ 8)
  日出  4時31分  日没 18時48分  昼 時間 14時17分
  月出  1時48分  月没 17時19分  正午月齢 27.3
 
 ◆仙台 ( 8/ 7)
  日出  4時43分  日没 18時41分  昼 時間 13時58分
  月出  0時57分  月没 16時17分  正午月齢 26.3
 ・仙台 ( 8/ 8)
  日出  4時44分  日没 18時39分  昼 時間 13時56分
  月出  2時 5分  月没 17時 6分  正午月齢 27.3
 
 ◆東京 ( 8/ 7)
  日出  4時53分  日没 18時40分  昼 時間 13時48分
  月出  1時11分  月没 16時15分  正午月齢 26.3
 ・東京 ( 8/ 8)
  日出  4時54分  日没 18時39分  昼 時間 13時46分
  月出  2時18分  月没 17時 5分  正午月齢 27.3
 
 ◆大阪 ( 8/ 7)
  日出  5時12分  日没 18時55分  昼 時間 13時43分
  月出  1時31分  月没 16時29分  正午月齢 26.3
 ・大阪 ( 8/ 8)
  日出  5時12分  日没 18時54分  昼 時間 13時42分
  月出  2時39分  月没 17時19分  正午月齢 27.3
 
 ◆福岡 ( 8/ 7)
  日出  5時34分  日没 19時14分  昼 時間 13時39分
  月出  1時56分  月没 16時47分  正午月齢 26.3
 ・福岡 ( 8/ 8)
  日出  5時35分  日没 19時13分  昼 時間 13時38分
  月出  3時 3分  月没 17時38分  正午月齢 27.3
 
 ◆那覇 ( 8/ 7)
  日出  5時57分  日没 19時13分  昼 時間 13時15分
  月出  2時27分  月没 16時40分  正午月齢 26.3
 ・那覇 ( 8/ 8)
  日出  5時58分  日没 19時12分  昼 時間 13時14分
  月出  3時32分  月没 17時34分  正午月齢 27.3
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■立秋の日の「立春正月」の話 ・・・ その1
 今日、2010/8/7は立秋。暦の上では今日から秋となります。
 「暦の上では秋」というと、

  その暦とは旧暦と言うことですか?

 と言われることがありますが、この辺りはちょっと誤解があります。
 旧暦では一年十二ヶ月(時々閏月が入って十三ヶ月の年もあります)を四季
 に振り分けて

  正、二、三月  ・・・ 春
  四、五、六月  ・・・ 夏
  七、八、九月  ・・・ 秋
  十、十一、十二月・・・ 冬

 とします。
 この分け方で言えば秋の始まりは旧暦の 7/1ということになりますが、今日
 が旧暦では何日かというと6/27。旧暦の 7/1は今年は新暦では8/10。三日後
 です。冒頭で「今日から秋」と書いたのはあくまでも二十四節気の立秋の日
 であるからと云う観点からの言葉です。

 旧暦月の区切りでは秋は七月からとなっていますが、では暦の上での秋の始
 めの日という場合、立秋の日が正しくて、旧暦の 7/1ということではないの
 ですねとたずねられると、ちょっと困ります。あくまでも人間の決めた目安
 の話なので、旧暦の 7/1を「暦の上の秋の始めの日」といっても間違いとは
 云えません。

 この辺の事情は今に始まった話ではなくて、旧暦がまだ正式な暦として使わ
 れていた時代にも、「立秋の日」も「七月一日」もともに「秋の始めの日」
 として使われていました。

◇旧暦と二十四節気の関係
 以降の話は、旧暦と二十四節気の関係をしっかり捉えておかないと判りにく
 い点がありますので、ここらで旧暦と二十四節気の関係をおさらいしておき
 ます。

 二十四節気(古くは「二十四気」といいました)のことを「旧暦の二十四節
 気」という方がいらっしゃるのですが、この表現には少々違和感を覚えます。
 なぜなら、二十四節気は旧暦が無くともそれ自体は問題なく求めることが出
 来るからです。逆に旧暦の日付は二十四節気が無いと求めることが出来ませ
 ん。

 旧暦は太陰暦と言われることが有ります。これは旧暦の暦月が月の朔望(満
 ち欠け)で区切られるからです。つまり朔(新月)となる日が暦月の始めの
 日となるという決まりの暦です。

 太陰暦というだけであればこれだけでよくて、二十四節気の出る幕はありま
 せん。月の満ち欠けだけを追いかければ太陰暦をつくることが出来るのです
 から。現にイスラム教の宗教行事などで使われるヒジュラ遷都暦は純粋な太
 陰暦で、この暦は月の満ち欠けによってつくられる暦月だけで組み立てるこ
 とが出来ます(まあ実際の暦計算には、もう少し細かな取り決めが必要です
 が)。

 ではなぜ二十四節気が必要になるかというと、四季の巡りという太陽の動き
 に強く繋がった周期変化を暦に取り入れるために必要だったのです。現在の
 二十四節気は太陽がその瞬間、どの位置に見えるかを示しています。

 今日は「立秋」ですが、この日には太陽は黄道座標という座標で表すとその
 経度(黄経)が 135°の位置を通過する日として求められています。このよ
 うにして太陽の位置で決められる二十四節気によって示される四季の巡りと、
 既にあった朔望によって決められる暦月を何とか折り合いを付けて同居させ
 た暦、それが旧暦と呼ばれている暦です。

 どうやって太陰の仕組みと太陽の仕組みを組み合わせるかというと、これは
 意外に単純。立春、雨水、啓蟄、春分・・・と並ぶ二十四節気を一つとばし
 に拾った十二の気、雨水、春分、穀雨・・・(これらは「中気」と呼ばれま
 す)を使って暦月の名前を固定するのです。

 雨水が含まれる月は正月、春分を含めば二月・・・秋分を含めば八月、・・
 冬至を含めば十一月、大寒を含めば十二月という具合です。これだと簡単に
 違った二つの仕組みを組み合わせることが出来ますし、組み合わせた結果暦
 月と季節(を表す二十四節気)とのずれは最大でも一ヶ月以内に収めること
 が出来るのです。目出度し、目出度し・・・。

 しかし「ずれが最大でも一ヶ月以内に収まる」ということは裏を返せば最大
 一ヶ月程度はずれる場合があると云うことでもあります。
 「春分を含めば二月」といっても春分の日が 2/1のこともあれば2/30のこと
 もあるのです。

 なかなかアバウトではありますが、旧暦はこうして月(太陰)の朔望による
 暦月の仕組みと、二十四節気(太陽の動き)による四季の巡りをある程度上
 手く組み合わせた暦です。太陽暦的な成分も含む太陰暦ですので、太陰暦で
 はなくて、正しくは太陰太陽暦と呼ばれる暦です。

◇ある質問メール
 amachan_001 さんから「旧暦は立春正月の暦」について、次のような質問メ
 ールが寄せられました。

 -------------- amachan_001 さんのメール ---------------
 「置潤法」で「19年に7回閏年を設ける」と新暦と旧暦がほぼ一致するよ
 うです。
 (うまく説明できませんが、専門家の人はご理解いただけると思います)

 旧暦の基本(理想?)は「立春正月」でしょうから、仮にスタートの「立春
 正月」から19年目には「2回目の立春正月」がめぐってくると思うのです
 が・・。

 ある旧暦の解説本で「立春正月」の出現は「計算できない」「それは偶然で
 しかあり得ない」と云う意味合いの事が書いてありました。

 人為的な改歴などが無ければ「19年に7回閏年を設ける」「置潤法」であ
 れば、必ず19年ごとに立春正月が来ると思うのですが如何でしょうか?
 -------- amachan_001 さんのメール ・ ここまで ----------

 「旧暦は立春正月の暦」という話はよく耳にする話ですが、この話は仕組み
 としては「旧暦は立秋七月の暦」と言い換えることも出来るものなので、立
 秋の日である本日、この話を書こうと思ったのが本日のこぼれ話を書き始め
 たきっかけでした。

 が、その話を書く前提となる基礎知識の話を書いているうちに話がえらく長
 くなってしまいましたので、本題の話は明日に「つづく」ということにしま
 す。『立秋の日の「立春正月」の話』とか書いておきながら本題がないなん
 て、羊頭狗肉もいいところですが、ご勘弁下さい。
 ということで、明日の「その2」をお楽しみに。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 昨日の晩、虫取りに出かけました。
 幼虫から育て、成虫となったカブトムシ(名前は「カブ子」)がいます。
 カブ子が幼虫だったとき、息子がこれをもらってきたのですが、後から幼虫
 と一緒にもらってきた土の中にもう一匹小ぶりな幼虫が入っていたことが判
 明しました。

 大分小ぶりな幼虫なので、別の生き物の幼虫かと思ったのですが、気が付け
 ばこの幼虫もサナギとなり、そして今では立派、でもやはり小ぶりなカブト
 ムシ(♀。名前は「小カブ子」)になりました。

 カブ子がサナギとなったときにその形からどうやら♀と判っていたので、ご
 近所の方からカブ子のお婿さん(カブ男)もらう約束をしていたのですが、
 次女、小カブ子のことまでは気が回らず、現在飼育ケースには♀二匹に、♂
 一匹のカブトムシという状態に。

 このままでは三角関係となって、カブトムシ一家のカブトムシ関係に亀裂が
 入るのではと心配して、もう一匹のカブ男(小カブ男?)を探しの虫取りと
 相成ったわけです。

 結論から云うと、虫かごにはクワガタの♂と♀が一匹ずつ。小カブ男捕獲は
 成功せずでした。
 一緒に出かけた息子にとってはクワガタ二匹でも大満足。

 カブトムシとは別の飼育ケースに既に飼われているクワガタ(♀。もちろん
 名前は「クワ子」)と昨晩つかまえられたクワガタ二匹は現在同居中。
 カブトムシ一家の三角関係解消を目的とした虫取りでしたが、結果としては
 カブトムシ一家の問題は解決せず、クワガタ一家に三角関係の危機を持ち込
 んでしまうだけになってしまいました。

 これだと、また「虫取り」に出かけないといけないかな?
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆御意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/12/05
19/12/04
19/12/03
19/12/02
19/12/01
19/11/30
19/11/29
19/11/28
19/11/27
19/11/26
19/11/25
19/11/24
19/11/23
19/11/22

古い記事