殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2011/01/06 号 (No.1559)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□コトノハ・言の葉 ・・・ 【春の七草】
□隅掘り隊通信
□埋め草の記

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへの御意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 23年  1月  6日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2011年  1月  6日  [月の] 第2週 第1木曜  [年の]   6日目 残り 360日
旧暦  12月  3日 (友引)
ユリウス通日 2455567.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 小寒   二十四節気の一つ 旧暦十二月節気
 芹栄う  七十二候の一つ(67候)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(1/6)のデータ
 六曜   友引 [ともびき] 友びきとて半ばよし.昼時悪し.葬礼忌む
 日干支  辛酉 [かのとのとり]
 十二直  成   [なる] 小吉.婚礼,開店,造作,移転吉.交渉事凶
 二十八宿 斗   [と] 土動かし,造作は吉
 二十七宿 室   [しつ] 祭祀,祈願,婚礼,船乗,造作吉.
 日家九星 三碧木星 [さんぺきもくせい]

 ◇主な暦注
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  受死日   [じゅしにち] 黒日ともいう.最大悪日とされる
  天火日   [てんかにち] 棟上げ,家屋修造等凶
  狼藉日   [ろうじゃくにち] 凶日

◆明日(1/7)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  壬戌 [みずのえいぬ]
 十二直  納   [おさん] 小吉.物品購入,新築吉.婚礼,見合い凶
 二十八宿 牛   [ぎゅう] 吉祥.鬼宿に次ぐ大吉日.正午以外大吉
 二十七宿 壁   [へき] 大吉.造作,婚礼大吉
 日家九星 二黒土星 [じこくどせい]

 ◇主な暦注
  八専間日 [はっせんまび] 八専期間中の例外日.この日は障り無し
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  滅門日   [めつもんにち] 凶日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(1/6) の誕生花
 ウメ(梅)<白>     気品
 ビオラ(小型パンジー) 私のことを思って
 ユズリハ             若返り

◆明日(1/7) の誕生花
 チューリップ<白>   失われた愛
 ヒマラヤユキノシタ   秘めた感情
 ユキワリソウ(雪割草) はにかみや

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇消防出初
  1659年1月4日に旗本率いる定火消が上野東照宮前で一年の働きを誓ったの
  が始まり。
  消防の出初め式がこの日に慣例になったのは1953年(昭和28年)から。

 ◇六日年越し
  正月七日を「七日正月」といい、その前日を年越しとして祝う。

 ◇顕現日(御公現・主顕節)
  キリスト教の祝日。 東方の3博士の来訪により、キリストが神の子として
  公に現れた事を記念する日。(Epiphany)

 ◇色の日
  カラーコーディネーターなど色彩に関する職業の人たちの記念日で「1」
  と「6」が語呂合わせされて制定。

 ◇佐久鯉誕生の日
  1746(延享 3)年、信州佐久の篠澤佐吾衛門包道が伊勢神宮の神主に鯉料理
  を献上した日。この記録が「佐久鯉」の最古の記録とされている。包道の
  子孫である篠澤明剛氏が制定。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌 / 仙台 / 東京 / 大阪 / 福岡 / 那覇 )

 ◆札幌 ( 1/ 6)
  日出  7時 6分  日没 16時15分  昼 時間  9時 9分
  月出  8時 1分  月没 18時14分  正午月齢  1.7
 ・札幌 ( 1/ 7)
  日出  7時 6分  日没 16時16分  昼 時間  9時10分
  月出  8時29分  月没 19時17分  正午月齢  2.7
 
 ◆仙台 ( 1/ 6)
  日出  6時53分  日没 16時31分  昼 時間  9時38分
  月出  7時52分  月没 18時25分  正午月齢  1.7
 ・仙台 ( 1/ 7)
  日出  6時53分  日没 16時31分  昼 時間  9時39分
  月出  8時23分  月没 19時25分  正午月齢  2.7
 
 ◆東京 ( 1/ 6)
  日出  6時51分  日没 16時42分  昼 時間  9時51分
  月出  7時52分  月没 18時35分  正午月齢  1.7
 ・東京 ( 1/ 7)
  日出  6時51分  日没 16時43分  昼 時間  9時52分
  月出  8時24分  月没 19時34分  正午月齢  2.7
 
 ◆大阪 ( 1/ 6)
  日出  7時 5分  日没 17時 2分  昼 時間  9時57分
  月出  8時 7分  月没 18時54分  正午月齢  1.7
 ・大阪 ( 1/ 7)
  日出  7時 5分  日没 17時 3分  昼 時間  9時58分
  月出  8時40分  月没 19時52分  正午月齢  2.7
 
 ◆福岡 ( 1/ 6)
  日出  7時23分  日没 17時25分  昼 時間 10時 2分
  月出  8時26分  月没 19時18分  正午月齢  1.7
 ・福岡 ( 1/ 7)
  日出  7時23分  日没 17時26分  昼 時間 10時 3分
  月出  8時59分  月没 20時15分  正午月齢  2.7
 
 ◆那覇 ( 1/ 6)
  日出  7時18分  日没 17時52分  昼 時間 10時35分
  月出  8時25分  月没 19時40分  正午月齢  1.7
 ・那覇 ( 1/ 7)
  日出  7時18分  日没 17時53分  昼 時間 10時35分
  月出  9時 2分  月没 20時34分  正午月齢  2.7
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■コトノハ・言の葉
【春の七草】
 正月 7日に摘み採って七草粥に入れる若菜。芹(せり)・薺(なずな)・御
 形(ごぎょう)・はこべ・仏座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すず
 しろ)の 7種。 ⇔ 秋の七草
   《広辞苑・第六版》

 間もなく正月七日は五節供の最初、人日の節供です。
 人日の節供の朝には七種類の若菜を炊き込んだ粥(七種粥)を作り、食する
 という伝統が有り、このことから人日の節供を七草(七種)の節供とも呼ぶ
 ようになりました。
 この朝に食べる七種粥は万病を払う効能があると考えられてきました。

 この日に若菜を食するという行事は中国の六世紀に書かれた荊楚歳時記にも
 記載されており、これが日本に伝えられたものと考えられます。

 正月料理で疲れた胃腸を休めるとか、冬の間不足しがちなビタミン等を補給
 するためであるとかという現実的な効能も有ってか、現代まで続いています。

 七草粥に入れる若菜は初めから広辞苑の説明に記された七種と決まっていた
 わけではありませんでしたが、室町時代頃にはほぼ現在の七種に収斂したよ
 うです。

 七草のうち、すずな(かぶ)とすずしろ(大根)以外は、野草といって良い
 もので、晩冬から早春にはごく普通に野原や田んぼ等で手に入るものでした。
 ただし、現在の新暦の正月では少々時期が早すぎるため、これらの野草も七
 草粥用に栽培されるようになっています。

 時期だけでなく都市部ではこうした野草が生える野原や田んぼも無くなって
 いますから、現代の七草は八百屋さんやスーパーの店頭に発見するものにな
 ってしまっているでしょうか。

■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇1/5号、暦のこぼれ話
 > 「新年宴会」という【な】の祝日でした。
 →「新年宴会」という【名】の祝日でした。

 > 新年の祝賀の宴として伝わって、現在の【新宴会】へとつながっている
 →新年の祝賀の宴として伝わって、現在の【新年宴会】へとつながっている

 > 本日は【金曜日】、【新宴会】という方もいらっしゃるでしょうが、
 →本日は【水曜日】、【新年宴会】という方もいらっしゃるでしょうが、

⇒e-arf 隊員、T.N 隊員、練馬のんべ隊員からの報告でした。
 隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。

■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 本日は小寒。寒の入りです。「寒」の話を書くのもいいかな。
 七十二候を見ると「芹栄う」とあります。芹と云えば七草の一つ。
 明日は正月七日だから、七草の話もあるな・・・と悩んだ結果、本日は七草
 の話(それも、暦のこぼれ話ではなくてコトノハで)にしました。
 「寒」は当分続くので、またそのうち書くことにしよう。
 ネタ切れとならないようにと、小出しにしよう。

 さて、コトノハで採り上げた七草、説明では新暦の正月ではまだ野原や田ん
 ぼで七草を探すのは難しいと書きましたが、私の住んでいるあたりは暖かい
 のか、この時期でも案外その辺の田んぼで七草を見つけることが出来ます。
 芹なんか、その気になれば沢山採れそうです。

 でもその気になって探すのが面倒なので、やっぱりスーパーで七草セットを
 買っちゃうかな?
 七草の節供の七草粥はスーパーの七草セットで乗り切って、田んぼでの七草
 採取は週末の楽しみにとっておくことにしようと思うかわうそでした。


◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆御意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
21/10/17
21/10/16
21/10/15
21/10/14
21/10/13
21/10/12
21/10/11
21/10/10
21/10/09
21/10/08
21/10/07
21/10/06
21/10/05
21/10/04

古い記事