殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2011/04/17 号 (No.1660)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 旧暦の二十四節気?
□隅掘り隊通信
□埋め草の記

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへの御意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 23年  4月 17日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2011年  4月 17日  [月の] 第4週 第3日曜  [年の] 107日目 残り 259日
旧暦   3月 15日 (大安)
ユリウス通日 2455668.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 春土用入 雑節

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(4/17)のデータ
 六曜   大安 [たいあん] 大安吉日なり.万事よし
 日干支  壬寅 [みずのえとら]
 十二直  開   [ひらく] 小吉.造作,婚礼吉.葬式などの不浄事凶
 二十八宿 星   [せい] 療養の始め,馬乗りなどに吉.婚礼,葬儀は凶
 二十七宿 氏   (※氏+一)[てい] 婚礼,移転,種まき吉.造作,着初め凶
 日家九星 九紫火星 [きゅうしかせい]

 ◇主な暦注
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  月徳日   [つきとくにち] (月とく)とも書く.吉日
  血忌日   [ちいみにち] 鍼灸,刑戮等血を見る事柄は凶

◆明日(4/18)のデータ
 六曜   赤口 [しゃっく] 悪日.万事忌む.但し昼時は障りなし
 日干支  癸卯 [みずのとのう]
 十二直  閉   [とづ] 凶.金銭収納,墓作りは吉.造作,旅行凶
 二十八宿 張   [ちょう] 大吉.出行,就職,婚礼,種まき吉
 二十七宿 房   [ぼう] 大吉.婚礼,旅行,神事,造作大吉
 日家九星 一白水星 [いっぱくすいせい]

 ◇主な暦注
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(04/17) の誕生花
 ハナビシソウ(花菱草) 願いを叶えて
 ワスレナグサ(勿忘草) 私を忘れないで・真実の愛

◆明日(04/18) の誕生花
 アカツメクサ(赤詰草) 善良で陽気
 スターチス           いたずら心
 ハナニラ(花韮)     別れの悲しみ

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇恐竜の日
  1923年(大正12年)にアメリカの動物学者ローイ・チャップマン・アンドル
  ーズがゴビ砂漠へ向けて北京を出発した日。その後5年間に及ぶ旅行中に
  、恐竜の卵の化石を世界で初めて発見し恐竜研究の始まりとなった。

 ◇ハローワークの日,職安記念日
  1947(昭和22)年、それまでの職業紹介所が「公共職業安定所」と名前を改
  めました。現在は「ハローワーク」という愛称で呼ばれています。公共職
  業安定所は、職業紹介・職業指導・失業保険等、「職業安定法」の目的を
  達するための事業を無料で行う施設です。

 ◇少年保護デー
  1952(昭和27)年に、「司法保護記念日」とともに「更生保護記念日」に統
  合されました。

 ◇飯田・下伊那の日,五平もち記念日
  「し(4)もい(1)な(7)」の語呂合せ。長野県飯田・下伊那地方の特産であ
  る五平もちをPRする日。

 ◇いなりの日
  日本の食文化の中で多くの人に親しまれているいなり寿司を食べる機会を
  増やすきっかけを作ろうと、いなり寿司の材料を製造販売している株式会
  社みすずコーポレーションが制定。日付はいなりのい〜なで毎月17日に。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)


■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 4/17)
  日出  4時50分  日没 18時19分  昼 時間 13時29分
  月出 17時29分  月没  3時45分  正午月齢 13.5
 ・札幌 ( 4/18)
  日出  4時49分  日没 18時20分  昼 時間 13時31分
  月出 18時49分  月没  4時18分  正午月齢 14.5
 
 ◆仙台 ( 4/17)
  日出  4時58分  日没 18時14分  昼 時間 13時16分
  月出 17時24分  月没  3時52分  正午月齢 13.5
 ・仙台 ( 4/18)
  日出  4時57分  日没 18時15分  昼 時間 13時18分
  月出 18時40分  月没  4時28分  正午月齢 14.5
 
 ◆東京 ( 4/17)
  日出  5時 6分  日没 18時16分  昼 時間 13時 9分
  月出 17時26分  月没  3時59分  正午月齢 13.5
 ・東京 ( 4/18)
  日出  5時 5分  日没 18時16分  昼 時間 13時11分
  月出 18時40分  月没  4時37分  正午月齢 14.5
 
 ◆大阪 ( 4/17)
  日出  5時25分  日没 18時31分  昼 時間 13時 7分
  月出 17時42分  月没  4時17分  正午月齢 13.5
 ・大阪 ( 4/18)
  日出  5時23分  日没 18時32分  昼 時間 13時 9分
  月出 18時55分  月没  4時56分  正午月齢 14.5
 
 ◆岡山 ( 4/17)
  日出  5時31分  日没 18時38分  昼 時間 13時 6分
  月出 17時49分  月没  4時24分  正午月齢 13.5
 ・岡山 ( 4/18)
  日出  5時30分  日没 18時38分  昼 時間 13時 9分
  月出 19時 2分  月没  5時 3分  正午月齢 14.5
 
 ◆福岡 ( 4/17)
  日出  5時46分  日没 18時51分  昼 時間 13時 4分
  月出 18時 2分  月没  4時39分  正午月齢 13.5
 ・福岡 ( 4/18)
  日出  5時45分  日没 18時51分  昼 時間 13時 6分
  月出 19時15分  月没  5時19分  正午月齢 14.5
 
 ◆那覇 ( 4/17)
  日出  6時 5分  日没 18時54分  昼 時間 12時49分
  月出 18時 6分  月没  4時56分  正午月齢 13.5
 ・那覇 ( 4/18)
  日出  6時 4分  日没 18時54分  昼 時間 12時51分
  月出 19時14分  月没  5時40分  正午月齢 14.5
 
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■旧暦の二十四節気?
 暦の話として、喜ばれるテーマの一つに「二十四節気」があります(ちなみ
 に、昔は「二十四気」とというのが普通だったようです)。
 なぜ二十四節気にこんな人気があるのかは定かではありませんが、その一つ
 の要因として、その名称の美しさがあるのでは無いかと考えます。

  立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨
  立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑
  立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降
  立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒

 何か、その言葉を読むだけで情景が浮かんでくるような素敵な言葉です。
 誰がこんな言葉を考え出したのかとため息が出てしまいます(私じゃ無理な
 ことだけは確実です)。
 さて、この美しい名を持つ二十四節気ですが、この二十四節気が

  「旧暦の二十四節気」

 と紹介されることがあり、その度になんだか変な気分になってしまいます。

◇旧暦はハイブリッドの暦
 日刊☆こよみのページの読者の皆さんなら既にご存知のこととは思いますが
 現在一般的に旧暦と呼ばれている暦は、明治 5年まで使われていた太陰太陽
 暦のことです。
 現在でも、いろいろな場面でこの昔使われていた太陰太陽暦に準拠した(正
 確には同じではありません)いわゆる旧暦が使われています(面倒なのでこ
 れ以降は全部「旧暦」と書いてしまいます)。

 旧暦は時に「陰暦」と呼ばれることもあります。これは月の満ち欠けを基本
 として組み立てられた太陰暦を省略した言葉と考えられます。確かに旧暦は
 その暦月(正月、二月、・・・十二月という暦の上の月のこと)の区切りを
 新月の日として決める暦ですから、太陰暦の一種ではありますが、実はそれ
 だけではなく、一年の長さの基本は太陽の動きを基本として決めるという太
 陽暦の側面も持っています。

 ですから、正しくは太陰暦ではなくて太陰太陽暦と呼ばれるわけです。
 太陰暦と太陽暦のハイブリッド(雑種)の暦ということが出来ます。

 こう書くと、「太陰暦と太陽暦のよいところを併せ持った暦」と思われがち
 ですが、二つのものをあわせたら両方の良い性質が必ず現れるわけではなく
 て、中途半端なものになってしまうことが多いように、旧暦も中途半端な暦
 となってしまいました。

 太陰暦の良さといえば、誰でも月の満ち欠けさえ注意していれば暦月の区切
 りがわかるという単純さですし、太陽暦の良さといえば四季の巡る一年とい
 う長さをよく表すというところでしょう。
 旧暦は、平均して見ると

  ・暦月の区切りは新月の日で区切られ、この暦月が12回で一巡り(暦年)
   となる暦(太陰暦的な性質)。
  ・一年の長さは平均すると、四季の巡りの長さ一致する暦(太陽暦的な性
   質)。

 です。単純でわかりやすく、一年の長さも四季の巡りの長さと一致する、い
 いところばかりです。問題はこの良いところばかりの話はあくまでも平均し
 て見た場合の話だと言うことです。

 暦年が12暦月という基本はあっても、およそ 3年に 1度は閏月(うるうづき)
 と呼ばれる臨時の暦月を追加した13ヶ月の年が生まれてしまいますし、 1年
 の日数も353〜355日のパターンと383〜385日という30日も異なる年が出来て
 しまうのです。

 平均化して見れば理想の暦のようではあるのですが、年毎に比較すると随分
 変動の大きな暦なのです。それもそうした変化がほとんど 3年に 1回の割で
 起こるのですから、ずぼらな私から見ても「まあいいか」と言ってはしまえ
 ない暦です。

◇旧暦の二十四節気?
 太陰暦の最大の欠点は太陰暦では四季の巡りの周期を正しく表せないという
 点です。何らかの方法で調整する仕組みを作らないといけない。二十四節気
 はその要請から考え出されたもので、太陽の巡る周期(四季の巡る周期と云
 って良いでしょう)だけから組み立てられています。

 二十四節気に関して云えば、何処にも月(太陰)の周期の影響を受けており
 ません。全く太陽暦的な存在なのです。

 月の満ち欠けで暦月を区切るという太陰暦として生まれた暦が、やがて四季
 の巡りの周期、「年」を表す仕組みとしてこの太陽暦的な仕組みである二十
 四節気を取り込むことで、太陰暦と太陽暦のハイブリッドとしての太陰太陽
 暦が作られ、以後二千年以上も使われ続けて、現在の旧暦にまで繋がってい
 るのです。
 こうしてみると、

  旧暦は二十四節気がないと作れない

 ことは確かな事実ですが、二十四節気は旧暦特有のものかと云われると、そ
 んなことはありません。
 「旧暦の二十四節気」という言葉を耳にする度に、私が変な気分になってし
 まうのはこのためです。

◇おまけ・・・新暦で二十四節気の影が薄いのはなぜ?
 「旧暦の二十四節気」というのはなんだか変ですが、「新暦の二十四節気」
 という言葉は別の意味でまた変(大体こんな言葉は耳にしたことがありませ
 んけどね)。

 何が変かというと、それは「頭痛が痛い」が可笑しいのと同じ理由です。
 現在、新暦と呼んでいる暦はグレゴリオ暦と呼ばれる太陽暦に基づいていま
 す。既に書いたとおり、二十四節気も太陽暦の一種と云うことが出来ます。
 既に完成している太陽暦に、わざわざ別の太陽暦の仕組みを導入する必要は
 ありません。

 二十四節気が書き込まれたカレンダー(もちろん新暦の日付の)をご覧いた
 だければわかることですが、春分の日は3/20か3/21ばかりで年毎にその日付
 が 3/1になったり3/10になったりと言うことは有りません。変化したところ
 で 1日くらいのものですから毎年カレンダーでその日付を確認して、暖かく
 なる時期の目安として利用するなんていう意味はないのです。

 新暦という暦にとっては、わざわざこれに二十四節気の仕組みを加えること
 は、屋上屋を架すようなもの、頭痛が痛いというようなもの。
 こんなわけで影が薄くなってしまったようです。

 その反動(?)から、「旧暦の二十四節気」なんていう表現が生まれてしま
 うのかも知れません。
 皆さんには、二十四節気が旧暦固有のものじゃないということを、覚えてお
 いて頂きたい。お願いします。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇4/16号、皆様らのお便り紹介
 > 何か変な感じがして【落ち着かないともの】があります。
 →何か変な感じがして【落ち着かないものと】があります。

⇒いたち隊員からの報告でした。
 隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。

■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 昨日郵便受を見ると、インターネット接続のために契約した会社からの郵便
 書類が届いていました。

 当初の予定では来週中に、インターネット接続の環境が整うはずと思ってい
 たので、その工事日の連絡だなと思って開いてみると、工事日の報せである
 のは正しかったのですが、予定の日付が予想とは大違い。来週半ばではなく
 て、来月の半ばの日付でした。

 申し込みをしたのが先月中旬ですからインターネット開通まで 2ヶ月・・・。
 まだ後一月も現在の状態が続くのかと思ったら、目眩がしてきました。
 いろいろと大変な時期なのだろうとは思いますけど、もう少し早くはならな
 いものかな。
 お願いしますよ、Ya*** さん!


◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆御意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
21/10/26
21/10/25
21/10/24
21/10/23
21/10/22
21/10/21
21/10/20
21/10/19
21/10/18
21/10/17
21/10/16
21/10/15
21/10/14
21/10/13

古い記事