殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2020/02/28 11:57)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2011/12/18 号 (No.1905)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 方塞がり(かたふたがり)と方違え(かたたがえ)
□埋め草の記

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。

 ・お月様好きの方へ・・・「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 23年 12月 18日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2011年 12月 18日  [月の] 第4週 第3日曜  [年の] 352日目 残り  14日
旧暦  11月 24日 (仏滅)
ユリウス通日 2455913.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 下弦  半月。月と太陽の黄経差が270°となる日。

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(12/18)のデータ
 六曜   仏滅 [ぶつめつ] 大悪日.万用ゆべからず
 日干支  丁未 [ひのとのひつじ]
 十二直  危   [あやぶ] 大凶.酒造りだけは吉.他は全て凶
 二十八宿 昴   [ぼう] 神仏祈願,大工仕事の始め,造作吉
 二十七宿 房   [ぼう] 大吉.婚礼,旅行,神事,造作大吉
 日家九星 八白土星 [はっぱくどせい]

 ◇主な暦注
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  復日     [ぶくにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶

◆明日(12/19)のデータ
 六曜   大安 [たいあん] 大安吉日なり.万事よし
 日干支  戊申 [つちのえさる]
 十二直  成   [なる] 小吉.婚礼,開店,造作,移転吉.交渉事凶
 二十八宿 畢   [ひつ] 神事,祭礼,造作,不動産取得吉.婚礼は凶
 二十七宿 心   [しん] 神事,仏事,移転,旅行吉.造作大凶
 日家九星 七赤金星 [しちせききんせい]

 ◇主な暦注
  天一天上終わり 
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  母倉日   [ぼそうにち] 吉日.婚姻には大吉日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(12/18) の誕生花
 ゲッケイジュ(月桂樹) 栄誉・勝利
 シンビジウム         気取りのない心
 セージ               幸福な家庭

◆明日(12/19) の誕生花
 クッションブッシュ   律儀
 ストロベリーキャンドル 善良・私を思い出して
 プリムラ・オブコニカ 初恋

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇国連加盟記念日
  1956年(昭和31年)の今日、国連総会で全会一致により、日本の国連加盟
  が可決されたことによる。1933年(昭和 8年)の国際連盟脱退から23年ぶ
  りの国際社会復帰の日ともいえる。

 ◇東京駅の日
  1914年(大正3年)のこの日、東京駅が新築、落成した。

 ◇納めの観音
  1年で最後の観音の縁日。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 (12/18)
  日出  7時 0分(121度) 日没 16時 1分(238度) 昼 時間  9時間 1分
  月出  無し   月没 11時14分(265度) 正午月齢 22.9
 ・札幌 (12/19)
  日出  7時 1分(121度) 日没 16時 2分(238度) 昼 時間  9時間 1分
  月出  0時20分( 98度) 月没 11時43分(257度) 正午月齢 23.9
 
 ◆仙台 (12/18)
  日出  6時47分(119度) 日没 16時18分(240度) 昼 時間  9時間31分
  月出  無し   月没 11時18分(265度) 正午月齢 22.9
 ・仙台 (12/19)
  日出  6時47分(119度) 日没 16時18分(240度) 昼 時間  9時間31分
  月出  0時18分( 98度) 月没 11時50分(258度) 正午月齢 23.9
 
 ◆東京 (12/18)
  日出  6時44分(118度) 日没 16時30分(241度) 昼 時間  9時間46分
  月出  無し   月没 11時24分(265度) 正午月齢 22.9
 ・東京 (12/19)
  日出  6時45分(118度) 日没 16時31分(241度) 昼 時間  9時間46分
  月出  0時21分( 97度) 月没 11時58分(258度) 正午月齢 23.9
 
 ◆大阪 (12/18)
  日出  6時58分(118度) 日没 16時50分(241度) 昼 時間  9時間51分
  月出  無し   月没 11時41分(265度) 正午月齢 22.9
 ・大阪 (12/19)
  日出  6時59分(118度) 日没 16時50分(241度) 昼 時間  9時間51分
  月出  0時38分( 97度) 月没 12時16分(259度) 正午月齢 23.9
 
 ◆岡山 (12/18)
  日出  7時 5分(118度) 日没 16時56分(241度) 昼 時間  9時間52分
  月出  無し   月没 11時48分(265度) 正午月齢 22.9
 ・岡山 (12/19)
  日出  7時 5分(118度) 日没 16時57分(241度) 昼 時間  9時間52分
  月出  0時44分( 97度) 月没 12時23分(259度) 正午月齢 23.9
 
 ◆福岡 (12/18)
  日出  7時16分(117度) 日没 17時13分(242度) 昼 時間  9時間57分
  月出  無し   月没 12時 3分(265度) 正午月齢 22.9
 ・福岡 (12/19)
  日出  7時17分(117度) 日没 17時13分(242度) 昼 時間  9時間57分
  月出  0時58分( 97度) 月没 12時38分(259度) 正午月齢 23.9
 
 ◆那覇 (12/18)
  日出  7時10分(115度) 日没 17時41分(244度) 昼 時間 10時間31分
  月出  0時 4分( 91度) 月没 12時17分(265度) 正午月齢 22.9
 ・那覇 (12/19)
  日出  7時11分(115度) 日没 17時41分(244度) 昼 時間 10時間31分
  月出  1時 5分( 97度) 月没 12時56分(259度) 正午月齢 23.9
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■方塞がり(かたふたがり)と方違え(かたたがえ)
 本日は久々に暦注の話です。
 陰陽師が高度な技術を使う技術者、あるいは科学者と考えられていた平安の
 昔には、日によって、あるいは月や年によって、そちらに向かって行っては
 いけない方角というものがあると考えられていました。

◇塞がり(ふたがり)
 この方角を「塞がり」とか「方塞がり」と呼びました。
 現在でも、どうにもこうにも打開策が見つからない問題に直面したときなど
 に

   「いやぁ、八方塞がりだ」

 なんて云うことがありますが、この「八方塞がり」の塞がりは、その進んで
 はいけない方角のことです。八方は全部の方角ということなので、この場合
 は、どこにも出口なしといった意味となり、お手上げの状態を表す言葉にな
 ったわけです。

 暦に関係する迷信には沢山の神様が登場します。神様なので人間にはない様
 々なお力をお持ちのようです。この様々な力を私たちに望ましい形で使って
 くださるなら、私たち人間も幸せなのですが、困ったことに神様の力は必ず
 しも、佳いことばかりに使われるわけではなくて、禍(わざわい)としても
 私たちに降りかかることがあります。

 神様の気に入るような行いをすれば「吉」ですが、気に入らないことをする
 と「凶」となるといった具合です。しかも暦に登場する神様の多くは気むず
 かしいらしく、人間の行いに対してその力を「吉」で応えるより「凶」で応
 えることの方が多いので、人間は神様の機嫌を損なわないように注意して暮
 らさなければ禍が降りかかると考えられました。

 神様の機嫌を損なう第一の行動は、その神様のいらっしゃる方角に向かうこ
 と、あるいはその方角に向かって不浄な事を行うことがあります。
 神様も、いきなりその居場所に人が踏み込んできたら機嫌が悪くなる。この
 辺は人間と同じですが、人間と違うのは不機嫌の原因を作ったものに禍を下
 す力があることですね。

 機嫌を損なっちゃいけない神様は、既に述べたように沢山いらっしゃるので
 すが、その中でも要注意の神様としては十二神将や金神などがあります。

◇方違え
 神様の機嫌を損なって禍が下らないようにするためには人間は、気の短い危
 ない神様の居場所を心得ていて、その方角には行かないといった配慮をする
 ことが必要になります。

 とはいえ、何かの用事で南に行かなければいけないとしてその方角が塞がっ
 ていたら、「神様が怒るのであの用事はキャンセルします」と云うわけには
 なかなかいきません(自分が行きたくないときに言い訳に使う手はあります
 が)。ではどうするか?
 ここで登場するのが「方違え」です。

 方違えの原理はというと

  南に行きたいけど、南は塞がっているから、一度東に向かって、行きた
  い方角が、南西に見えるあたりから再出発する。

 というもの。この塞がりや方違えを真剣に信じていた平安時代の貴族は、誰
 かの家を訪ねる場合でも、その誰かの家の方角が悪いと、一度違う方角にあ
 る別の誰かの家に出かけて、泊まって(時には何日も・・・)から本来の目
 的の家に向かうという方違えを行っていました。

 「方違えのために泊めてくださいね」なんて、いきなり用もない人がやって
 きて泊まっていくなんて、来られた方はたまりませんね(当時は、お互い様
 だったから仕方ないとあきらめたのかな?)。

 平安時代の貴族様なら、まあこんなのんびりした方違えも出来たのでしょう
 が、だれでもこんなのんびりしたことが出来るわけではありませんので、時
 代が下がってくるとだんだんと方違えも簡略化され、

  泊まらないといけない → 行くだけでいい → いったふりだけでいい

 となっていったようです。
 そのうちに、「いったふり」さえも忘れてしまって、それでもたいした禍が
 起きなかったと気付く人が増えたからか(この辺はずぼらな私の勝手な想像)
 方違えなど信じている人はほとんどいなくなり、塞がりも方違えも古きよき
 時代(?)の迷信となっていきました。

◇現代でも気になる人が・・・
 こよみのページを開いてから、

  ○○の方向に引っ越そうと思うのですが、方角が悪いと言われました。
  どうしたらよいでしょうか?

 といった質問をいただくようになりました。
 その方角に向かうと機嫌の悪くなる神様がどなたかなんて、気になさってい
 る方もよくはご存じないと思うのですが、その神様の機嫌を損なったときに
 下される禍という迷信だけは、現代にもまだ生き残っているんですね。
 私にとっては、こうした事実の方が神の禍が下ること以上の驚きです。
 迷信ですからね、気にしないことが一番ですよ。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
◇十二支到来
 昨日の午後、ふらっと立ち寄ったリサイクルショップで

  十二支セット 1200円

 と値札のついた十二支の置物を見つけました。
 「一つじゃなく、セットで1200円ですか?」とお店の人に尋ねると、そうで
 すという答え。

 そろそろ新年の準備をしなくちゃなんて思うこの時期に、十二支の御一行様
 がまとめて1200円とは。これは私に買われるためにそこにいらっしゃっとし
 か思えません。

 もちろん、その場で購入。
 今日からは、十二支御一行様が揃って日刊☆こよみのページの原稿を書いて
 いる私を見つめてくれています。

 年明けまでにはまだしばらく日がありますが、なんだか来年はよい一年にな
 る気がしますね。

 気分のよくなったところで、日刊☆こよみのページを発行して、今日も試合
 の私は、出かけて参ります。
 皆様も、楽しい日曜日をお過ごし下さい。
 では、行って参ります。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
20/02/27
20/02/26
20/02/25
20/02/24
20/02/23
20/02/22
20/02/21
20/02/20
20/02/19
20/02/18
20/02/17
20/02/16
20/02/15
20/02/14

古い記事