殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2012/05/02 号 (No.2041)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□コトノハ・言の葉 ・・・ 【虎杖】(いたどり)
□隅掘り隊通信
□埋め草の記

◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。

 ・お月様好きの方へ・・・「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 24年  5月  2日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2012年  5月  2日  [月の] 第1週 第1水曜  [年の] 123日目 残り 244日
旧暦 閏 3月 12日 (友引)
ユリウス通日 2456049.5 (日本時 9時の値)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(5/2)のデータ
 六曜   友引 [ともびき] 友びきとて半ばよし.昼時悪し.葬礼忌む
 日干支  癸亥 [みずのとのい]
 十二直  危   [あやぶ] 大凶.酒造りだけは吉.他は全て凶
 二十八宿 壁   [へき] 大吉.造作,婚礼大吉
 二十七宿 軫   [しん] 万事吉.衣類裁断のみは火災の難に注意
 日家九星 三碧木星 [さんぺきもくせい]

 ◇主な暦注
  八専の終わり 
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  受死日   [じゅしにち] 黒日ともいう.最大悪日とされる
  重日     [じゅうにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶

◆明日(5/3)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  甲子 [きのえね]
 十二直  成   [なる] 小吉.婚礼,開店,造作,移転吉.交渉事凶
 二十八宿 奎   [けい] 大吉.婚礼,棟上げ,旅立ち万に大吉
 二十七宿 角   [かく] 衣類裁断、柱建、井戸掘吉.葬式は凶
 日家九星 四緑木星 [しろくもくせい]

 ◇主な暦注
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶
  甲子     [かっし] 吉日.甲子待.子待ちともいう
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  帰忌日   [きこにち] 凶日.旅行からの帰宅は特に凶
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(05/2) の誕生花
 スズラン(鈴蘭)     幸福が訪れる・純潔
 ブルースター         信じあう心
 フロックス(草夾竹桃、花魁草) 温和・協調

◆明日(05/3) の誕生花
 インパチェンス       短気
 クレマチス           美しい精神,策略
 ミズバショウ(水芭蕉) 美しい思い出

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇鉛筆記念日
  1886年(明治19年)のこの日、眞崎仁六氏が眞崎鉛筆製造所(東京・四谷
  区内藤新宿1番地)を創立し国産初の鉛筆を製造した。
  現在の三菱鉛筆にあたる。

 ◇歯科医師記念日
  1957年(昭和32年) 5月に日本歯科医師会が制定。1904年(明治37年)10月
  に歯科医師法草案がまとめられ、1906年(明治39年) 3月に医師法と同時
  に貴族院で可決成立、5月2日に公布となった。日本歯科医師会では、こ
  の日を歯科医師記念日と定めた。

 ◇郵便貯金創業記念日
  1875年(明治 8年)の5月2日、東京と横浜の 2ヵ所に貯金預かり所を設
  けたのが、日本の郵便貯金制度の始まり。そこで1950年(昭和25年)に
  この日を郵便貯金の創業記念日と制定した。

 ◇緑茶の日
  日本茶業中央会が毎年八十八夜の日を緑茶の日と制定している。
  古くから仙薬と称されるほど八十八夜の新茶は栄養価が高いという。

 ◇交通広告の日
  1993年(平成 5年)に関東交通広告協議会が「5」「2」を「こう」「つ
  う」と語呂合せして制定。交通広告とは電車・バス・駅などに貼られる
  ポスターなどの広告のこと。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 5/ 2)
  日出  4時27分( 67度) 日没 18時37分(292度) 昼 時間 14時間10分
  月出 13時59分( 89度) 月没  1時42分(273度) 正午月齢 10.8
 ・札幌 ( 5/ 3)
  日出  4時25分( 67度) 日没 18時38分(292度) 昼 時間 14時間13分
  月出 15時12分( 97度) 月没  2時12分(266度) 正午月齢 11.8
 
 ◆仙台 ( 5/ 2)
  日出  4時38分( 69度) 日没 18時29分(290度) 昼 時間 13時間51分
  月出 14時 0分( 89度) 月没  1時42分(273度) 正午月齢 10.8
 ・仙台 ( 5/ 3)
  日出  4時37分( 69度) 日没 18時30分(291度) 昼 時間 13時間53分
  月出 15時10分( 97度) 月没  2時15分(266度) 正午月齢 11.8
 
 ◆東京 ( 5/ 2)
  日出  4時48分( 70度) 日没 18時29分(289度) 昼 時間 13時間41分
  月出 14時 6分( 89度) 月没  1時47分(273度) 正午月齢 10.8
 ・東京 ( 5/ 3)
  日出  4時47分( 69度) 日没 18時30分(290度) 昼 時間 13時間43分
  月出 15時14分( 96度) 月没  2時21分(266度) 正午月齢 11.8
 
 ◆大阪 ( 5/ 2)
  日出  5時 6分( 70度) 日没 18時44分(289度) 昼 時間 13時間37分
  月出 14時23分( 90度) 月没  2時 3分(273度) 正午月齢 10.8
 ・大阪 ( 5/ 3)
  日出  5時 5分( 70度) 日没 18時44分(290度) 昼 時間 13時間39分
  月出 15時31分( 96度) 月没  2時38分(266度) 正午月齢 11.8
 
 ◆岡山 ( 5/ 2)
  日出  5時13分( 70度) 日没 18時50分(289度) 昼 時間 13時間37分
  月出 14時30分( 90度) 月没  2時10分(273度) 正午月齢 10.8
 ・岡山 ( 5/ 3)
  日出  5時12分( 70度) 日没 18時51分(290度) 昼 時間 13時間39分
  月出 15時37分( 96度) 月没  2時45分(266度) 正午月齢 11.8
 
 ◆福岡 ( 5/ 2)
  日出  5時29分( 70度) 日没 19時 2分(289度) 昼 時間 13時間34分
  月出 14時45分( 90度) 月没  2時24分(273度) 正午月齢 10.8
 ・福岡 ( 5/ 3)
  日出  5時28分( 70度) 日没 19時 3分(289度) 昼 時間 13時間35分
  月出 15時52分( 96度) 月没  3時 0分(266度) 正午月齢 11.8
 
 ◆那覇 ( 5/ 2)
  日出  5時51分( 72度) 日没 19時 2分(287度) 昼 時間 13時間11分
  月出 14時56分( 90度) 月没  2時34分(272度) 正午月齢 10.8
 ・那覇 ( 5/ 3)
  日出  5時50分( 71度) 日没 19時 3分(288度) 昼 時間 13時間12分
  月出 15時59分( 96度) 月没  3時13分(266度) 正午月齢 11.8
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■コトノハ・言の葉
【虎杖】(いたどり)
 タデ科の多年草。
 都会地の路傍から高山まで、いたる所に生え、根茎は長く這う。
 若芽はウドに似て、紅色・微紅の斑点がある。茎は中空で節があり、高さ1
 メートル余。葉は煙草の代用とした。

 雌雄異株。夏、淡紅色または白色の花穂をつける。
 若芽を食用とし、また、根は「虎杖根」として利尿・通経・健胃剤とする。
 スカンポ。古名は「たぢひ」「さいたづま」とも。
 春の季語。
 反正紀「多遅の花は、今の虎杖の花なり」
   《広辞苑・第六版》

◇「虎杖」で「いたどり」?
 春になると庭の隅や田んぼの畦、河原の荒れ地や工事現場の砂利の山といっ
 た、日当たりのよい場所ならどこでもいいよというようにところ嫌わず生え
 て来るイタドリ。

 漢字で書けば「虎杖」です。これはこの植物の漢名そのもの。
 その漢名の文字の読みとして和名の「いたどり」を当てたものですから「虎
 杖」の文字がイタドリという植物名だと知らない限り、「いたどり」と読む
 ことは出来そうにありません。

 虎杖の漢名は、イタドリの茎がまっすぐに伸びて杖のようであることと茎の
 表面に出来る斑紋が虎の模様に似ているところからだとか。
 茎の表面の斑紋が虎の模様に似ているという点については、

  そう言われればそんな気もする

 程度のものではありますが、納得出来なくはない説明です。
 「そうかあの模様から虎の杖か」、そう思って「虎杖=いたどり」と覚えて
 おくことにしましょう。

◇イタドリ、世界を制す?
 このイタドリは沖縄や小笠原を除くほぼ日本全土に普通に自生する植物です。
 工事現場の砂利の山にさえ生えてくるほど旺盛な生命力を持った植物ですか
 ら、都会でも一寸した空き地にも元気に育ちます。

 イタドリは、江戸時代の終わり頃に日本を訪れたシーボルトらによって観賞
 用や、家畜の飼料用として海を渡ってヨーロッパに持ち込まれました。
 あとはその旺盛な生命力をもって、わずか 150年そこそこの間にスカンジナ
 ビア半島中部からニュージーランドに至るまでの新旧大陸に広がった(大場
 秀章著『道端植物園』)そうです。
 さしずめ、イタドリの世界制覇です。

 最近活力を失ってしまっている観のある日本や、日本人にもこのイタドリの
 活力を分けてもらいたいものですね。

◇ゴンパチ
 現在私の自宅は和歌山県の南部にあります。
 この地方に住むようになった年の春に、山菜の煮付けを頂きました。
 蕗の煮付けかとも思いましたが、蕗にしては太すぎるし柔らかすぎる。なに
 より蕗の時期には早すぎる。この山菜の正体は何かと尋ねると

  ゴンパチや

 と教えられました。
 ゴンパチ・・・権八・・・?

 「ゴンパチ」の生えている場所、その姿形などを詳しく聞いてみると、イタ
 ドリの若芽であることがわかってきました。

 私の生まれ育った田舎(福島県)でも、春になるとイタドリの紅紫色の若芽
 がそこかしこに顔を出していましたが、食べたことはありませんでした。

 食べてみれば案外おいしい。
 しかも材料はどこででも手に入るというのに、よそでは食べるという話を聞
 いたことがありません。「ゴンパチ」という呼びもしかり。
 所変われば呼び名もかわる、料理もかわるということのようです。
 今では「ゴンパチ」という言葉を聞くと、

  和歌山に帰ってきたんだな
  春なんだな

 と思うようになりました。
 家の前の草地に生えたゴンパチを目にして、春なんだなと思いながら書き始
 めた今朝のコトノハでした。

■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇4/30号、暦のこぼれ話
 > 関係で見るとより【はっきと、】・・・という【事が出来ます】
 →関係で見るとより【はっきりと】・・・という【事が確認出来ます】

⇒ando1 隊員、かわうそ@暦隊員(自爆)からの報告でした。
 隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。

■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 「うーむ、こっちの方が読みやすいかも」

 読者の方から、あるブログで日刊☆こよみのページの暦のこぼれ話やコトノ
 ハの文章がそのまま掲載されていると教えて頂き、そのブログを見に行った
 ときの私の反応です。

 文章はそっくりそのままでですが、関係する画像などを文章に添えて掲載し
 ているので、文章だけの日刊☆こよみのページより、わかりやすいかも。
 変に感心してしまいましたが、感心しているばかりではいけない。
 このブログ、どこにも「○○から転載」といった記載が無く、このブログだ
 け見たら、オリジナルの説明としか思えない作りになっています。
 それも一つや二つではなくて、

  ほとんど毎回使ってるの?

 て云うくらいの量。
 これは一寸酷いんじゃないかな。

 Web 「こよみのページ」も、メールマガジン「日刊☆こよみのページ」も暦
 についての正しい知識や情報を広げようと云うのが主目的(もしかしたら自
 分の道楽が「主」かも?)ですから、引用してもらって広めて頂くことは喜
 ばしいことですけれど、あんな説明文でもそれなりに苦労して書いている部
 分はあるので、使うなら使うで、それなりの取り扱いをしてくださるようお
 願いしたいです。

 このブログは、ある会社のサイトの中にあった「社長ブログ」というもの。
 この会社のサイトの「経営理念」というページには、

  『判断基準のポイントは、人間として、今行おうとしていることが、
   正しいか正しくないかです。企業ですから、利益や売上etc.も当然大
   事です。でも、「自分さえよければ」という人間・企業にはなりたく
   ありません。』

 とその理念が謳われていました。とても立派な理念だと思いますので、是非
 この理念に沿って、今のあり方が「正しいか正しくないか」考えて頂き、そ
 して対処して頂きたいと思います。

 あれほど毎回、こぼれ話やコトノハを採り上げてくださっているということ
 は、この埋め草の記もお読み頂けているのではと思い、書いてみました。
 心当たりがあるという方、出来れば自発的にご連絡頂ければと思います。

 全然関係ないという大部分の読者の皆さんには、迷惑なだけの今日の埋め草
 の記、ごめんなさいです。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
21/10/26
21/10/25
21/10/24
21/10/23
21/10/22
21/10/21
21/10/20
21/10/19
21/10/18
21/10/17
21/10/16
21/10/15
21/10/14
21/10/13

古い記事