殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/08/19 08:28)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2015/08/22 号 (No.3248)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

--[お知らせ(広告)]--------------------------------------------------
◆暦文協イベントのお知らせ◆
8月28日(金)、東京大学(東京都文京区)の弥生講堂において(一社)日本
カレンダー暦文化振興協会(略称:暦文協)によるイベント(講演等)と総会
が開催されます。
今回は『暦に関する素朴な疑問に答える』をテーマに、松井吉昭教授(開智国
際大学)による講演やトークセッションを行うほか2033年旧暦閏月問題につい
て同協会としての見解を発表します。
どなた様でも参加できます。

詳しくは、暦文協ホームページ【 http://rekibunkyo.or.jp/ 】
または事務局TEL 【 03-5816-5066 】までお問い合わせ下さい。

[日 時] 2015年(平成27年)8月28日(金)13:00より(開場12:00)
[会 場] 東京大学弥生講堂 一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1)
[その他] 入場無料。ただし要申込み。
----------------------------------------------------------[お知らせ]--

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 「おやつ」の時間・・・不定時法の話
□隅掘り隊通信
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。

 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

 《《 ご支援感謝 》》
 ・xx/xx ○様からの寄付を頂きました。ありがとうございました。

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 27年  8月 22日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2015年  8月 22日  [月の] 第4週 第4土曜  [年の] 234日目 残り 132日
旧暦   7月  9日 (先負)
ユリウス通日 2457256.5 (日本時 9時の値)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(8/22)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  庚午 [かのえうま]
 十二直  開   [ひらく] 小吉.造作,婚礼吉.葬式などの不浄事凶
 二十八宿 胃   [い] 就職,婚礼,造作吉.衣類裁断大凶
 二十七宿 尾   [び] 婚礼,開店,移転,造作吉.衣類裁断は凶
 日家九星 六白金星 [ろっぱくきんせい]

 ◇主な暦注
  大土始まり 
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  復日     [ぶくにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶
  天火日   [てんかにち] 棟上げ,家屋修造等凶
  狼藉日   [ろうじゃくにち] 凶日

◆明日(8/23)のデータ
 六曜   仏滅 [ぶつめつ] 大悪日.万用ゆべからず
 日干支  辛未 [かのとのひつじ]
 十二直  閉   [とづ] 凶.金銭収納,墓作りは吉.造作,旅行凶
 二十八宿 昴   [ぼう] 神仏祈願,大工仕事の始め,造作吉
 二十七宿 箕   [き] 造作大吉.財産の収蔵吉.婚礼大凶.葬式は凶
 日家九星 五黄土星 [ごおうどせい]

 ◇主な暦注
  処暑     
  一粒万倍日 [いちりゅうまんばいにち]
        慶事、事業開始、種まき等大吉.借金は大凶
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  五墓     [ごむ] 土を動かすこと凶
  母倉日   [ぼそうにち] 吉日.婚姻には大吉日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(08/22) の誕生花
 アガパンサス         誠実な愛,恋の訪れ
 クルクマ             あなたの姿に酔いしれる
 トウガラシ(唐辛子) 旧友

◆明日(08/23) の誕生花
 ゲッカビジン(月下美人) 艶やかな美人
 ミント(西洋薄荷)     美徳・効能
 オシロイバナ(白粉花) 臆病な愛

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇天の元后聖マリアの記念日
  「聖母マリアの被昇天祭」から8日目。

 ◇チンチン電車の日
  1903(明治36)年、東京電車鉄道の路面電車が新橋〜品川で営業を開始し、
  東京で初めて路面電車(チンチン電車)が走った。日本で初めて路面電車
  が走ったのは1890(明治23)年5月4日に上野公園で開催されていた内国勧
  業博覧会の会場内。
  また、日本で最初の一般の道路を走る路面電車は1895(明治28)年2月1日
  に開業した伏見線七条停車場(七条停車場・踏切南)−下油掛(後の京
  橋)間開業の京都電気鉄道である。また、この日とは別に6月10日は、
  「路面電車の日」となっている。

 ◇夫婦の日
  毎月の22日。「22」を「フーフ」にかけた語呂合わせによる。
  夫婦対話で明るいマイホーム作りをと1987年に毎日新聞が提唱し制定。

 ◇インテリアの日
  (毎月第4土曜日)

 ◇藤村忌
  小説家・島崎藤村の1943(昭和18)年の忌日。
  『夜明け前』などの作品を残し、自然主義の代表的作家とされている。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 8/22)
  日出  4時47分( 72度) 日没 18時28分(287度) 昼 時間 13時間41分
  月出 11時48分(109度) 月没 22時12分(248度) 正午月齢  7.5
 ・札幌 ( 8/23)
  日出  4時48分( 73度) 日没 18時26分(286度) 昼 時間 13時間39分
  月出 12時46分(112度) 月没 22時53分(246度) 正午月齢  8.5
 
 ◆仙台 ( 8/22)
  日出  4時56分( 73度) 日没 18時22分(285度) 昼 時間 13時間26分
  月出 11時40分(108度) 月没 22時23分(250度) 正午月齢  7.5
 ・仙台 ( 8/23)
  日出  4時57分( 74度) 日没 18時21分(285度) 昼 時間 13時間24分
  月出 12時37分(111度) 月没 23時 5分(247度) 正午月齢  8.5
 
 ◆東京 ( 8/22)
  日出  5時 4分( 74度) 日没 18時23分(285度) 昼 時間 13時間19分
  月出 11時41分(107度) 月没 22時33分(251度) 正午月齢  7.5
 ・東京 ( 8/23)
  日出  5時 5分( 74度) 日没 18時22分(284度) 昼 時間 13時間17分
  月出 12時37分(110度) 月没 23時16分(248度) 正午月齢  8.5
 
 ◆大阪 ( 8/22)
  日出  5時23分( 74度) 日没 18時38分(285度) 昼 時間 13時間16分
  月出 11時57分(107度) 月没 22時52分(251度) 正午月齢  7.5
 ・大阪 ( 8/23)
  日出  5時23分( 75度) 日没 18時37分(284度) 昼 時間 13時間14分
  月出 12時52分(110度) 月没 23時35分(248度) 正午月齢  8.5
 
 ◆岡山 ( 8/22)
  日出  5時29分( 74度) 日没 18時45分(285度) 昼 時間 13時間16分
  月出 12時 3分(107度) 月没 22時59分(251度) 正午月齢  7.5
 ・岡山 ( 8/23)
  日出  5時30分( 75度) 日没 18時44分(284度) 昼 時間 13時間14分
  月出 12時59分(110度) 月没 23時42分(248度) 正午月齢  8.5
 
 ◆福岡 ( 8/22)
  日出  5時45分( 74度) 日没 18時58分(284度) 昼 時間 13時間13分
  月出 12時16分(107度) 月没 23時15分(251度) 正午月齢  7.5
 ・福岡 ( 8/23)
  日出  5時45分( 75度) 日没 18時57分(284度) 昼 時間 13時間11分
  月出 13時11分(109度) 月没 23時58分(249度) 正午月齢  8.5
 
 ◆那覇 ( 8/22)
  日出  6時 4分( 76度) 日没 19時 0分(283度) 昼 時間 12時間56分
  月出 12時17分(105度) 月没 23時37分(252度) 正午月齢  7.5
 ・那覇 ( 8/23)
  日出  6時 5分( 76度) 日没 18時59分(283度) 昼 時間 12時間54分
  月出 13時11分(108度) 月没 ・・無し 正午月齢  8.5
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■「おやつ」の時間・・・不定時法の話
 『午後三時、そろそろ「おやつ」の時間かな?』

 と、本日の話を書き出しましたが、ふと時計を見ると、本当はおやつの時間
 にはまだ早かった。まだ2時前でした、それも午前の・・・。

 この話を書いている実時間の話はおくとして、この「おやつ」は、江戸時代
 に日常の生活で使われていた、九ツ、八ツ、七ツ・・・という時刻の表し方
 で云うところの「八ツ」の時刻の頃に食べる間食だったので、こう呼ばれる
 ようになったのでした。

◇不思議な時刻・・・数え方の不思議
 慣れてしまえば、いろいろなことが「不思議」ではなくなるのでしょうが、
 慣れないものの目から見ると、それって変だなと思えることって、あります
 よね。この九ツ、八ツ・・・という時刻にもいろいろと不思議なところがあ
 ります。その一つが、この時刻では、時が進むに従って数が減るというとこ
 ろです。どんな風になっているかというと、

  九ツ→八ツ→七ツ→六ツ→五ツ→四ツ・・・・

 と減って行きます。
 これだけでも、今の感覚からすると不思議な数え方ですが、さらに不思議な
 ことがあります。四ツまで進むと、次は・・・九ツになります。先ほどの続
 きも書くと、こんな具合。

  九ツ→八ツ→七ツ→六ツ→五ツ→四ツ→九ツ→八ツ→七ツ→六ツ・・・

 なぜこんな不思議な数え方をしているのかというのは定かではないのですが、
 最大の陽数(奇数)九を次々に加算して、十の位を省略して表したのではな
 いかという説があります。

  9 → 9
  9+9=18 → 8
  9+9+9=27 → 7

 という感じです。
 江戸の街では、この数だけ時鐘を打って人々に時刻を知らせていたといいま
 すから、確かに省略してもらわないとうるさくてかないません(鐘を打つ人
 も大変だ)から、こうなったのかも。しかし、なぜ九を足していかないとい
 けないのかと、その根本を問われると困ります。理由は正直、よくわかりま
 せん。根本の疑問が解けないので、謎は謎のまま。不思議ですねとしかいい
 ようがないのでした。

◇不思議な時刻・・・昼と夜とで長さが違う
 この時刻にはもう一つ、不思議なところがあります。
 それは、昼と夜とで一時(いっとき)の長さが違うと云うことです。
 この時刻では、現在で云えば真夜中の零時(正子)にあたる時が九ツで、正
 午もまた九ツになります。

  なるほど、午前と午後をそれぞれ六等分したんだな!

 と思えるのですが、実はそうではありません。
 前半の「九・八・七」と後半の「六・五・四」の一時の長さが違います。
 時代劇などで、「明六ツ(あけむつ)」「暮六ツ(くれむつ)」という言葉
 を耳にしたことがありませんか?
 この言葉は、午前の六ツと午後の六ツを表しています。そして、この六ツが
 一時の長さを分ける基準となります。

 明六ツは日出前、暮六ツは日没後のある瞬間です。寛政暦では、それぞれ太
 陽の中心の高度角が地平線下 7°21′40″に相当する角度となる瞬間と定義
 されています。
 この明六ツ〜暮六ツまでを六等分して、昼の一時とします。同じく暮六ツ〜
 明六ツまでを六等分して夜の一時とします。

 この明六ツ、暮六ツがもし、現在の時刻で午前6時、午後6時となってくれ
 るのなら、昼の一時も、夜の一時も現在の時間で云えば2時間となって同じ
 長さになるのですが、そう上手くは行きません。
 試しに、今日2015/08/22の東京における明六ツ、暮六ツを計算すると

  明六ツ 午前 4時31分
  暮六ツ 午後 6時57分

 となり、昼の時間は14時間26分にもなりますが、夜の時間はといえば、たっ
 た 9時間34分にしかなりませんから、昼の一時は、 2時間24分であるのに対
 して夜の一時は 1時間36分しかありません。その差はなんと48分。随分違い
 ます。
 昼の一時の方が長い分だけ、「おやつ」の時間も遅くなりそうですね。

◇不思議な時刻・・・季節によっても長さが違う
 さてさて、既に一時の長さの基準となるのが明六ツと暮六ツと書きましたか
 ら、この一時は季節によっても変わりそうだとお気づきのかたもいらっしゃ
 るでしょう。そのとおりです。昼、夜の長さは季節によって変化しますから
 明六ツ、暮六ツを基準とするこの時刻系の一時の長さは季節により異なって
 しまいます。
 どのくらい違うかを、冬至・春分・夏至の一時で比較すると

  冬至 ・・・ 昼の一時: 1時間49分  夜の一時: 2時間11分
  春分 ・・・ 昼の一時: 2時間12分  夜の一時: 1時間48分
  夏至 ・・・ 昼の一時: 2時間39分  夜の一時: 1時間21分
  (計算結果は東京の位置でのもの)

 ということになります。
 昼の一時の長さは冬至に比べて夏至では50分も長い。
 夏の頃の「おやつ」の時間は、冬より大分遅くなってしまいます。
 夏はきっと、お腹が空くんだろうな?

 もし、おやつの時間なんていうものを楽しむ機会があれば、本日の話を思い
 出して頂けるとうれしいです。

◇最後に
 こうした長さが一定しない時刻法を不定時法といいます。
 江戸時代の人達は、今から見ると不思議な不定時法で日常の生活を送ってい
 たわけです。

 生まれたときからずっとそうなら、不思議にも思わなかったのでしょうが、
 いつでも一定の長さの「一時間」を単位として生活する私たちから見ると、
 何とも不思議な時法ではありませんか。

 なお、こうした不定時法は、江戸時代の日常の生活ではずっと使われていた
 ものですが、暦の世界ではというと、唯一の例外を除けば、使われたことは
 ありません。暦の世界での「一刻」は、今の2時間に相当し、変化すること
 はありませんでした。
 唯一の例外を除けばですが。

 では「唯一の例外」とは何かというと、とっても残念なことに、日本で正式
 に使われた太陰太陽暦の最後を飾った、天保暦がそれ。
 民衆に迎合したのか? 暦法としては「改悪」でしょう。最後の太陰太陽暦
 に至って、わざわざ改悪してしまうとは。
 何とも残念な話です。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇8/21号、暦のこぼれ話
 > ついでにその【全世代の】NNSS衛星や
 →ついでにその【前世代の】NNSS衛星や

⇒星空ライダー隊員からの報告でした。
 隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/08/18
19/08/17
19/08/16
19/08/15
19/08/14
19/08/13
19/08/12
19/08/11
19/08/10
19/08/09
19/08/08
19/08/07
19/08/06
19/08/05

古い記事