殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
(当日号は08時に公開 : 現在 2019/12/14 22:33)
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2015/09/05 号 (No.3262)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 南部の私大
□埋め草の記

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。

 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ http://archive.mag2.com/0001281490/index.html

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 平成 27年  9月  5日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2015年  9月  5日  [月の] 第1週 第1土曜  [年の] 248日目 残り 118日
旧暦   7月 23日 (大安)
ユリウス通日 2457270.5 (日本時 9時の値)

■祝日・二十四節気・雑節等
 下弦  半月。月と太陽の黄経差が270°となる日。

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(9/5)のデータ
 六曜   大安 [たいあん] 大安吉日なり.万事よし
 日干支  甲申 [きのえさる]
 十二直  建   [たつ] 中吉.柱立,事業開始,婚礼吉.屋敷内土動凶
 二十八宿 氏   (※氏+一)[てい] 婚礼,移転,種まき吉.造作,着初め凶
 二十七宿 参   [しん] 蓄財,養子縁組み,造作,遠出吉
 日家九星 一白水星 [いっぱくすいせい]

 ◇主な暦注
  十方暮始まり 
  小土終わり 
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  復日     [ぶくにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶

◆明日(9/6)のデータ
 六曜   赤口 [しゃっく] 悪日.万事忌む.但し昼時は障りなし
 日干支  乙酉 [きのとのとり]
 十二直  除   [のぞく] 小吉.種まき,医療吉.婚礼,土動かし凶
 二十八宿 房   [ぼう] 大吉.婚礼,旅行,神事,造作大吉
 二十七宿 井   [せい] 神事,種まき吉.衣類裁断は離婚に至
 日家九星 九紫火星 [きゅうしかせい]

 ◇主な暦注
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  十死日   [じゅうしにち] 天殺日ともいう.受死日に次ぐ凶日
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(09/5) の誕生花
 ケイトウ(鶏頭)     おしゃれ・気取り屋
 ベンケイソウ(弁慶草) 穏やか

◆明日(09/6) の誕生花
 パンパスグラス(白金葭) 風格,歳月
 ユウゼンギク(友禅菊) 老いても元気で

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇国民栄誉賞の日
  1977(昭和52)年、 2日前の9月3日に通算ホームラン数の世界最高記録を
  作った王貞治が、日本初の国民栄誉賞を受賞した日。国民栄誉賞とは、
  前人未到の偉業を成し遂げ、多くの国民から敬愛され、夢と希望を与え
  た人に贈られる賞とされる。

 ◇石炭の日
  1992年(平成 4年)に通産省の呼びかけにより、日本鉄鋼連盟・電気事業
  連合会・日本石炭協会などの団体により制定。
  「ク(9)リーンコ(5)ール」の語呂合わせ。

 ◇たまごの日
  毎月5日。日本養鶏協会、日本卵業協会など関係団体が制定。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 9/ 5)
  日出  5時 2分( 79度) 日没 18時 4分(280度) 昼 時間 13時間 2分
  月出 22時26分( 65度) 月没 12時15分(293度) 正午月齢 21.5
 ・札幌 ( 9/ 6)
  日出  5時 3分( 79度) 日没 18時 2分(279度) 昼 時間 13時間 0分
  月出 23時16分( 65度) 月没 13時13分(294度) 正午月齢 22.5
 
 ◆仙台 ( 9/ 5)
  日出  5時 8分( 80度) 日没 18時 1分(279度) 昼 時間 12時間53分
  月出 22時38分( 67度) 月没 12時 5分(291度) 正午月齢 21.5
 ・仙台 ( 9/ 6)
  日出  5時 9分( 80度) 日没 18時 0分(279度) 昼 時間 12時間51分
  月出 23時29分( 66度) 月没 13時 3分(292度) 正午月齢 22.5
 
 ◆東京 ( 9/ 5)
  日出  5時15分( 80度) 日没 18時 4分(279度) 昼 時間 12時間49分
  月出 22時49分( 68度) 月没 12時 5分(290度) 正午月齢 21.5
 ・東京 ( 9/ 6)
  日出  5時16分( 81度) 日没 18時 3分(278度) 昼 時間 12時間47分
  月出 23時40分( 67度) 月没 13時 3分(292度) 正午月齢 22.5
 
 ◆大阪 ( 9/ 5)
  日出  5時33分( 80度) 日没 18時20分(278度) 昼 時間 12時間47分
  月出 23時 8分( 68度) 月没 12時21分(290度) 正午月齢 21.5
 ・大阪 ( 9/ 6)
  日出  5時33分( 81度) 日没 18時19分(278度) 昼 時間 12時間45分
  月出 23時59分( 67度) 月没 13時18分(291度) 正午月齢 22.5
 
 ◆岡山 ( 9/ 5)
  日出  5時39分( 80度) 日没 18時27分(278度) 昼 時間 12時間47分
  月出 23時15分( 68度) 月没 12時27分(290度) 正午月齢 21.5
 ・岡山 ( 9/ 6)
  日出  5時40分( 81度) 日没 18時25分(278度) 昼 時間 12時間45分
  月出  無し   月没 13時24分(291度) 正午月齢 22.5
 
 ◆福岡 ( 9/ 5)
  日出  5時54分( 80度) 日没 18時40分(278度) 昼 時間 12時間46分
  月出 23時32分( 68度) 月没 12時40分(290度) 正午月齢 21.5
 ・福岡 ( 9/ 6)
  日出  5時55分( 81度) 日没 18時39分(278度) 昼 時間 12時間44分
  月出  無し   月没 13時37分(291度) 正午月齢 22.5
 
 ◆那覇 ( 9/ 5)
  日出  6時10分( 81度) 日没 18時46分(278度) 昼 時間 12時間35分
  月出 23時56分( 70度) 月没 12時39分(288度) 正午月齢 21.5
 ・那覇 ( 9/ 6)
  日出  6時11分( 82度) 日没 18時45分(277度) 昼 時間 12時間34分
  月出  無し   月没 13時35分(290度) 正午月齢 22.5
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■南部の私大
 「南部の私大」といっても、東北の南部地方にある私立大学を省略した言葉
 では有りません。ここでの私大は、

  × 私大 ・・・ 私立大学。「しだい」
  ○ 私大 ・・・ 旧暦十二月が小の月の場合、これを大の月と見なして
           元日を一日遅らせること。「わたくしだい」

 の後者のことです。
 南部盛岡藩領内で長く行われていたことから、「南部の私大」とも呼ばれま
 すが津軽藩や、津軽海峡を隔てた松前藩などでも実施されたことがある不思
 議な風習です。

◇私大の仕組み
 私大とはどのような仕組みかというと、

  旧暦の十二月が小の月の場合、この月を大の月と見なし、大晦日、元日な
  どを1日ずつ遅らせる。

 ものです。つまり本当の暦では元日にあたる日を大晦日、正月二日にあたる
 日を元日として祝うというものです。私大を行う場合、藩の日記には

  旧臘雖為小月依御佳例以小為大故以二日為元日
 
 「旧(年)臘(月)、小月なりといえども、御佳例に依り小を以て大と為す
 故に二日を以てを元日と為す」と読むのでしょう。臘月は十二月の異称です
 ので、旧年の十二月が小の月であったとしても、目出度い先例によって、こ
 れを大の月とする。そのため、正月二日を元日とするという意味です。

 でもこんな事しちゃうと、暦の日付がずっと1日ずれてしまって日常生活に
 不都合が生じそうです。その辺はどうなっているのかというと、適当なとこ
 ろで、私大の日付から本来の暦の日付に戻しています。この日付のリセット
 をかけるタイミングは正月の二十日前後です。どんな風にするのかというと
 次のような具合です

  (私大の暦) 十八日 → 二十日
  (本来の暦) 十九日 → 二十日

 私大の暦の正月の十九日をとばして、二十日とすることで、これから以降は
 本来の暦と日付を一致させたようです(盛岡藩の支藩、八戸藩では、二十一
 日をとばして二十二日としたそうです)。

 正月二十日というと、二十日正月とか骨正月と呼ばれ、正月行事の納めの日
 であることを考えると、私大の暦はあくまでも正月行事という特別な行事の
 期間のみに適用され、日常の生活に戻るときに、本来の暦の日付に戻してい
 たと考えられます。

 ちなみに、盛岡藩領内であっても、一般庶民はもう少し早く、十五日以前に
 私大の日付から普通の暦の日付に戻していたとのこと。
 正月十五日は小正月。古くから小正月は満月(十五夜の月。現在の天文学的
 な満月の意味ではない)の日と考えられていましたから、この考えを私大よ
 り優先して、小正月が十五夜の日となるように、それ以前に暦を戻していた
 のでしょう。

◇「御佳例」とはなに?
 先に揚げた藩日記にみえる私大を行う切っ掛けとなった「御佳例」とは?

 伝説には、南部盛岡藩の南部氏の家祖とされる、南部光行(平安時代末〜鎌
 倉時代始めの武将)の城下への入部の日が正月二日(前月十二月は小の月)
 となったことから、元日を一日遅らせ、入部の日に合わせて新年の祝いを行
 ったという伝説がありますが、あくまでも伝説の域を出ない話で、本当の御
 佳例が何であったのかは、はっきりしません。

 暦の上からは「御佳例」の正体はうかがい知れないので、この辺は郷土史家
 の方々の研究に期待することにします。
 皆さん、頑張って下さい(←他力本願のかわうそでした)。

◇人間社会の発展と暦
 暦は、月や太陽の位置、季節の動きなどを読み取るために考え出されたもの
 で有る一方で、人間が集団で生活するための時間軸を定めるものでもありま
 す。

 ですから、人間の集団が比較的小さなうちなら、その集団の中だけで通用す
 るような暦であっても問題ありません。ただ、その集団が他の集団と接触し
 融合してより大きな集団に発展して行く過程で、暦も共通のものが必要にな
 ってゆきます。

 南部の私大の暦も南部盛岡藩(とその周辺)という、限定された社会でだけ
 通用する、暦でした。ただ、それも正月二十日前後で本来の日付に戻してい
 ます。

 現在に比べれば、ずっと人の行き来の少なかった時代でも、やはり他の地域
 と違った暦を使い続けるわけにはいかなかったわけです。

 「旧暦は日本の風土に適合した暦だから、日本の暦として旧暦を復活させよ
 う」といった話をなさる方がいらっしゃいますが、本当に旧暦が日本の風土
 に適合した暦であったとしても(←明らかにそうではないと思っている書き
 方)、今の時代には無理でしょうね。

 もっとも、自分自身のスケジュール管理といった他人と関係ない私的な暦と
 して活用する分には問題ありません。そう、昔の南部盛岡藩で、私大を実施
 していたように、狭い範囲でなら。

 (最後は、「南部の私大」からちょっと離れた話になってしまいましたが、
  話の内容が変化して行くのは雑談の常と、笑ってお許し下さい)

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 昨日は、うーんと夜更かししてしまったので、その反動で、うーんと寝坊し
 てしまいました。
 「私大」の話を書き終えてふと時計を見ると、間もなく正午・・・。

 無駄な「埋め草の記」なんて書いてないで、さっさと発行しなくては。
 ということで無駄話終了。
 発行が遅くなって済みませんでした!
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
19/12/13
19/12/12
19/12/11
19/12/10
19/12/09
19/12/08
19/12/07
19/12/06
19/12/05
19/12/04
19/12/03
19/12/02
19/12/01
19/11/30

古い記事