殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2021/10/23 号 (No.5502)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 花言葉の話
□埋め草の記

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ https://www.mag2.com/m/0001281490

◇「こよみのページ」のツイッター https://twitter.com/k_koyomi

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 令和  3年 10月 23日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2021年 10月 23日  [月の] 第4週 第4土曜  [年の] 296日目 残り  70日
旧暦   9月(大) 18日 (友引)
ユリウス通日 2459510.5 (日本時 9時の値)

暦と時節
 二十四節気 霜降 (10/23 〜 11/6)
 七十二候  霜始めて降る (10/23 〜 10/27)
 土用 (10/20 〜 11/6)

■祝日・節入日・候入日・雑節等
 霜降          二十四節気の一つ 旧暦九月中気
 霜始めて降る 七十二候の一つ(52候)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(10/23)のデータ
 六曜   友引 [ともびき] 友びきとて半ばよし.昼時悪し.葬礼忌む
 日干支  甲辰 [きのえたつ]
 十二直  破  [やぶる] 大凶.訴訟,交渉事は吉.造作,移転,慶事凶
 二十八宿 氏  (※氏+一)[てい] 婚礼,移転,種まき吉.造作,着初め凶
 二十七宿 参  [しん] 蓄財,養子縁組み,造作,遠出吉
 日家九星 八白土星 [はっぱくどせい]

 ◇主な暦注
  大明日 [だいみょうにち] 大吉日

◆明日(10/24)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  乙巳 [きのとのみ]
 十二直  危  [あやぶ] 大凶.酒造りだけは吉.他は全て凶
 二十八宿 房  [ぼう] 大吉.婚礼,旅行,神事,造作大吉
 二十七宿 井  [せい] 神事,種まき吉.衣類裁断は離婚に至
 日家九星 七赤金星 [しちせききんせい]

 ◇主な暦注
  大明日 [だいみょうにち] 大吉日
  神吉日 [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  母倉日 [ぼそうにち] 吉日.婚姻には大吉日
  血忌日 [ちいみにち] 鍼灸,刑戮等血を見る事柄は凶
  重日   [じゅうにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(10/23) の誕生花
 アケビ   才能・人を喜ばせる
 ヒメリンゴ(姫林檎) 誘惑
 シコンノボタン(紫紺野牡丹) 平静

◆明日(10/24) の誕生花
 アゲラタム      信頼・安楽
 クロッサンドラ 虚飾
 マユミ(真弓) 真心

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇電信電話記念日
  1869年(明治2年)の9月19日(新暦では10月23日)に、東京・横浜間に
  日本で初の公衆電信線の架設工事が始められたことに由来する。
  1950年に電気通信省が「電気通信記念日」として制定した記念日でした
  が、1956年に現在の名称に変更されました。

 ◇津軽弁の日
  津軽弁の日やるべし会が制定。 方言詩人・高木恭造の命日。

 ◇インテリアの日
  (毎月第4土曜日)

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 (10/23)
  日出  5時57分(104度) 日没 16時40分(255度) 昼 時間 10時間43分
  月出 18時 1分( 62度) 月没  8時14分(295度) 正午月齢 16.7
 ・札幌 (10/24)
  日出  5時58分(105度) 日没 16時39分(254度) 昼 時間 10時間40分
  月出 18時33分( 57度) 月没  9時17分(300度) 正午月齢 17.7
 
 ◆仙台 (10/23)
  日出  5時52分(103度) 日没 16時48分(256度) 昼 時間 10時間56分
  月出 18時16分( 64度) 月没  8時 4分(293度) 正午月齢 16.7
 ・仙台 (10/24)
  日出  5時53分(104度) 日没 16時47分(255度) 昼 時間 10時間54分
  月出 18時51分( 59度) 月没  9時 3分(298度) 正午月齢 17.7
 
 ◆東京 (10/23)
  日出  5時54分(103度) 日没 16時56分(256度) 昼 時間 11時間 2分
  月出 18時27分( 65度) 月没  8時 3分(292度) 正午月齢 16.7
 ・東京 (10/24)
  日出  5時55分(103度) 日没 16時55分(256度) 昼 時間 11時間 0分
  月出 19時 3分( 61度) 月没  9時 1分(297度) 正午月齢 17.7
 
 ◆大阪 (10/23)
  日出  6時 9分(103度) 日没 17時14分(256度) 昼 時間 11時間 5分
  月出 18時47分( 65度) 月没  8時18分(292度) 正午月齢 16.7
 ・大阪 (10/24)
  日出  6時10分(103度) 日没 17時13分(256度) 昼 時間 11時間 3分
  月出 19時23分( 61度) 月没  9時16分(297度) 正午月齢 17.7
 
 ◆岡山 (10/23)
  日出  6時16分(103度) 日没 17時21分(256度) 昼 時間 11時間 5分
  月出 18時54分( 65度) 月没  8時25分(292度) 正午月齢 16.7
 ・岡山 (10/24)
  日出  6時17分(103度) 日没 17時20分(256度) 昼 時間 11時間 3分
  月出 19時30分( 61度) 月没  9時23分(297度) 正午月齢 17.7
 
 ◆福岡 (10/23)
  日出  6時29分(103度) 日没 17時36分(256度) 昼 時間 11時間 7分
  月出 19時11分( 65度) 月没  8時37分(292度) 正午月齢 16.7
 ・福岡 (10/24)
  日出  6時30分(103度) 日没 17時35分(256度) 昼 時間 11時間 5分
  月出 19時48分( 61度) 月没  9時35分(296度) 正午月齢 17.7
 
 ◆那覇 (10/23)
  日出  6時32分(102度) 日没 17時55分(257度) 昼 時間 11時間22分
  月出 19時37分( 67度) 月没  8時35分(290度) 正午月齢 16.7
 ・那覇 (10/24)
  日出  6時33分(102度) 日没 17時54分(257度) 昼 時間 11時間21分
  月出 20時17分( 63度) 月没  9時29分(294度) 正午月齢 17.7
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■花言葉の話
 本日は、日刊☆こよみのページの「誕生花と花言葉」のコーナーでも毎日お
 世話になっている、花言葉の話です。

 「日刊」のメールマガジンとしては、毎日取り上げることの出来る誕生花と
 その花の花言葉は、有り難いネタ。たまには感謝して取り上げておきません
 とね?

◇花言葉の歴史
 「花言葉って、どんな風に決められているんですか?」

 こんな質問を時折頂きますので、まずは花言葉の歴史から話を始めることに
 いたしましょう。

 花言葉の歴史というと、現在のように使われるものの歴史は意外に浅く19世
 紀のヨーロッパの宮廷での流行がその始まりだと考えられています。ただし
 「花言葉」という考えは、オスマントルコ帝国のイスタンブール生まれと言
 われます。18世紀にイスタンブールに滞在した人物が、このトルコ生まれの
 概念をヨーロッパに持ち込んだものが、現在の花言葉に繋がっています。

 ちなみに、この花言葉の概念をヨーロッパに持ち込んだとされる人物は、コ
 ンスタンティノプール駐在英国大使婦人 Mary Worltey Montaguやトルコに
 4年間滞在した紀行家Aubry de La Mottrayeだと言われています。

 花言葉は外国の洒落た風習として、まず宮廷や社交界で使われるようになっ
 たようです。ことにフランスのシャルロット・ド・ラトゥール(Charlotte
 de Latour)が『Le Langage des Fleurs』(「花の言葉」)という本を1819
 年に出版したことがきっかけとなって、花言葉の使用が拡がったようです。

  直接言葉で思いを伝えるのではなく、花を贈ることで思いを伝える。

 こう書くと、何ともロマンチックな雰囲気。
 花言葉のこのロマンチックな雰囲気が社交界で人気となって広がったようで
 す。そのためか花言葉には恋愛や人間関係、人物評という社交界の話題の中
 心を成す言葉が多いです。

 また全体に園芸種(ことにヨーロッパの)には多様な言葉がつけられている
 のに、よく見かける花でも野生の花(殊に日本にはあってもヨーロッパには
 無さそうなものや、見た目がぱっとしない植物)には花言葉が見あたらない
 ことが多いのも、花言葉のこうした歴史の故でしょう。

 ※日本での新しい花言葉について
  日本花普及センターが花の愛好と普及の目的で親しみやすく佳いイメージ
  の花言葉を選んでいるそうです。
  もちろん、日本花普及センター以外が、花言葉を選んではいけないという
  ことではありありません。

◇沢山の誕生花・いろいろな花言葉
 日刊☆こよみのページの誕生花をごらん頂ければ解るとおり、 1日に何種類
 もの誕生花があります。また、花言葉も沢山(中には相反するようなものも)
 ありますが、なぜでしょう。
 この質問はよく頂くものなのですが、その理由は

  だって、沢山あるんだもの

 と言うしかありません。
 ある日に咲く花と言ったって、10/23には咲くけれど10/24には絶対咲かない
 なんて言う花はありません。そうした意味で誕生花選定の段階で既に曖昧さ
 があります。

 またヨーロッパでは一般的でも日本では咲かない花であったり、なじみの薄
 い花だったりしますから、何処で生まれた言葉かによっても変化する余地が
 あります。こうして考えて行くと最終的には、

  誕生花は選ぶ人によって変化する

 と言うことになってしまいます。
 同様に花言葉も花自身が「私の花言葉は・・・」と語ってくれるわけでない
 ので、

  花言葉は、誰かの創作である

 ということで、創作ですから人によって変わって当然。創作者の発想は当然
 その人の生まれ育った国の歴史や伝統に大きく影響を受けますし、その人の
 好みもありますから一つの花に違った言葉がついてしまうのも致し方ない。
 こうして

  沢山の誕生花・いろいろな花言葉

 となってしまいました。
 誕生花を載せるようになってから、「誕生花」とか「花言葉」といった文字
 がタイトルに入った本を目にすると購入してくるようになり、その手の本だ
 けでも十冊以上となってしまいましたが、見比べてみるとその中身は見事に
 まちまちです。希に、良く一致する本もあるのですが、これは逆に「共通の
 種本」があるってことなんでしょう。

◇こよみのページでは?
 私の場合は、誕生花が 1年分入っている本 3冊を基本にして拾い出し、過不
 足を他の本を参考として追加修正しています。また、どう考えてもこの季節
 にこの花は合わないだろうと思うようなものは削除したりして。

 どの本もまちまちなので、選んでいて結構「混乱」しました。正直思いの外
 大変な作業でした(今も、時々追加修正しています)。
 何か、「これが決定版!」というものがあったら楽でしょうけれど、そうし
 たものがない以上は、今後もこうした苦労は続きそうです。まあ、その苦労
 もまた楽しみなのではありますけれど。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 今日は久々に休日となった土曜日。
 久々に土曜日が休みとなった今週は、一週間が短く感じられました。
 当たり前になっていた週休二日の有難味を感じる今日の朝です。

 特に予定が詰まっていない休日の朝は、昨年辺りからは決まって Twitterに
 毎日載せている

  今日の誕生花

 のための写真やコメントの用意をしています(その後、二十四節気や七十二
 候のツイートの準備もね)。
 本日もご多分に漏れず、朝からそんな作業をしていました。

 そんな作業を行いながら、「そうだ、今日は花言葉の話を書こう」というこ
 とで、そのまま暦のこぼれ話の話の種にしてしまいました。
 花の後だけに、話の「種」が出来たってことにしておきましょう。

 ちなみに、本日のツイッターで取り上げた誕生花は「アケビ」。誕生花のは
 ずですが、この時期ですのでアケビの花ではなくてアケビの実の写真を添え
 てのツイートでした。

◇アケビといえば
 そういえばアケビ、この辺ではそろそろ終わりかな?
 この終末の間に確認しておこう。先々週に採ってきたアケビは大分前に食べ
 ちゃったから。
 前回は、あんまり久しぶりの「アケビ」だったのでしばらくは、

  どんな風にして食べたっけ?

 としばし考え込みました。
 なんたって、あの種の量ですからね。
 しばらく考えて、

  あ、種ごときにせず食べたかな?

 と子ども時代を思い出して、種ごと食べてしまいましたが、特別身体に支障
 をきたしていないので、あれでよかったみたい。
 ほんのりとしたアケビの甘さ、野生の果物の味。
 まだ、近所の山にアケビの実が生っていたら、収穫してこなくっちゃ。折角
 の山の恵みですから。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
21/12/07
21/12/06
21/12/05
21/12/04
21/12/03
21/12/02
21/12/01
21/11/30
21/11/29
21/11/28
21/11/27
21/11/26
21/11/25
21/11/24

古い記事