殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 
 
【日刊☆こよみのページ】アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2021/11/28 号 (No.5538)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 月と太陽の明るさ
□皆様からのお便り紹介
□隅掘り隊通信
□埋め草の記

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ https://www.mag2.com/m/0001281490

◇「こよみのページ」のツイッター https://twitter.com/k_koyomi

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 令和  3年 11月 28日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2021年 11月 28日  [月の] 第5週 第4日曜  [年の] 332日目 残り  34日
旧暦  10月(小) 24日 (先負)
ユリウス通日 2459546.5 (日本時 9時の値)

暦と時節
 二十四節気 小雪 (11/22 〜 12/6)
 七十二候  北風木の葉を払う (11/27 〜 12/1)

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(11/28)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  庚辰 [かのえたつ]
 十二直  執  [とる] 小吉.婚礼,種まき,造作吉.金銭収納凶
 二十八宿 虚  [きょ] 入学吉.造作,相談ごと大凶
 二十七宿 角  [かく] 衣類裁断、柱建、井戸掘吉.葬式は凶
 日家九星 八白土星 [はっぱくどせい]

 ◇主な暦注
  天恩日 [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと

◆明日(11/29)のデータ
 六曜   仏滅 [ぶつめつ] 大悪日.万用ゆべからず
 日干支  辛巳 [かのとのみ]
 十二直  破  [やぶる] 大凶.訴訟,交渉事は吉.造作,移転,慶事凶
 二十八宿 危  [き] 壁塗り,出行など吉.衣類の裁断等は凶
 二十七宿 亢  [こう] 結納,婚礼,種まき,縫製吉.造作は凶
 日家九星 七赤金星 [しちせききんせい]

 ◇主な暦注
  天恩日 [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  重日   [じゅうにち] 慶事ますます吉,凶事ますます凶
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(11/28) の誕生花
 サンダーソニア 望郷
 キルタンサス   恥ずかしがり屋
 スイートガーリック 残り香

◆明日(11/29) の誕生花
 ノバラ(野薔薇) 痛手からの回復
 チャ(茶)      追憶
 フユサンゴ(冬珊瑚) 神秘的

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇太平洋記念日
  1520年(永正17年・室町時代)にポルトガルの航海者マゼランが、マゼラ
  ン海峡を通過して太平洋にでて世界一週を達成した。
  この海をPacificOcean(平和な・穏やかな大洋=太平洋)と名づけたこと
  による。
  マゼランの部下が帰国して、地球が球体であることを証明した。

 ◇税関記念日
  1872年(明治5年)のこの日、長崎・横浜・箱館(函館)に設けられてい
  た外国との貿易を扱う運上所が税関と改称されたことにちなみ1952年
  (昭和27年)に税関記念日が設けられた。

 ◇不動縁日
  不動明王の縁日(毎月28日)

 ◇親鸞忌,報恩忌
  浄土真宗の開祖・親鸞上人の1262(弘長2)年の忌日。

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 (11/28)
  日出  6時42分(118度) 日没 16時 2分(241度) 昼 時間  9時間20分
  月出  無し   月没 12時55分(285度) 正午月齢 23.2
 ・札幌 (11/29)
  日出  6時43分(119度) 日没 16時 2分(240度) 昼 時間  9時間19分
  月出  0時 4分( 78度) 月没 13時18分(277度) 正午月齢 24.2
 
 ◆仙台 (11/28)
  日出  6時30分(116度) 日没 16時17分(243度) 昼 時間  9時間47分
  月出  無し   月没 12時50分(284度) 正午月齢 23.2
 ・仙台 (11/29)
  日出  6時31分(116度) 日没 16時17分(242度) 昼 時間  9時間46分
  月出  0時11分( 79度) 月没 13時17分(276度) 正午月齢 24.2
 
 ◆東京 (11/28)
  日出  6時29分(115度) 日没 16時29分(244度) 昼 時間 10時間 0分
  月出  無し   月没 12時51分(283度) 正午月齢 23.2
 ・東京 (11/29)
  日出  6時30分(116度) 日没 16時28分(243度) 昼 時間  9時間59分
  月出  0時18分( 79度) 月没 13時20分(276度) 正午月齢 24.2
 
 ◆大阪 (11/28)
  日出  6時43分(115度) 日没 16時48分(244度) 昼 時間 10時間 5分
  月出  無し   月没 13時 7分(283度) 正午月齢 23.2
 ・大阪 (11/29)
  日出  6時44分(115度) 日没 16時48分(244度) 昼 時間 10時間 4分
  月出  0時37分( 79度) 月没 13時36分(276度) 正午月齢 24.2
 
 ◆岡山 (11/28)
  日出  6時49分(115度) 日没 16時55分(244度) 昼 時間 10時間 5分
  月出  無し   月没 13時14分(283度) 正午月齢 23.2
 ・岡山 (11/29)
  日出  6時50分(115度) 日没 16時54分(244度) 昼 時間 10時間 4分
  月出  0時44分( 79度) 月没 13時43分(276度) 正午月齢 24.2
 
 ◆福岡 (11/28)
  日出  7時 1分(115度) 日没 17時11分(244度) 昼 時間 10時間10分
  月出  無し   月没 13時27分(283度) 正午月齢 23.2
 ・福岡 (11/29)
  日出  7時 2分(115度) 日没 17時11分(244度) 昼 時間 10時間 9分
  月出  0時59分( 80度) 月没 13時57分(276度) 正午月齢 24.2
 
 ◆那覇 (11/28)
  日出  6時57分(113度) 日没 17時37分(246度) 昼 時間 10時間40分
  月出  0時19分( 74度) 月没 13時30分(282度) 正午月齢 23.2
 ・那覇 (11/29)
  日出  6時58分(113度) 日没 17時37分(246度) 昼 時間 10時間40分
  月出  1時17分( 80度) 月没 14時 5分(275度) 正午月齢 24.2
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
□月と太陽の明るさ
  お月様とお日様、どっちがありがたい?
  お月様。だってお月様は暗い夜を照らしてくれるもの。

 昔何処かで聞いた、あるいは読んだ物語にこんな一節がありました。

 月はそれ自体では光ることが出来ず、太陽の光を反射して輝いているのだか
 ら、そもそも太陽がなければ、暗い夜を照らすことも出来ないんだよ、そん
 な今では誰でも知っている常識が常識ではなかった時代には、世界のあちこ
 ちでこんな素朴な物語が生まれたことでしょう。

 「そもそも」と言えば、昼が明るいのは太陽が輝いていてくれる御蔭なので
 その点で、太陽はもっと評価されてもよさそうなものですが、こうした物語
 においては、昼が明るいことと太陽とは無関係と考えられてしまうようです
 ね。一所懸命、昼を明るくしてくれているのに、ちっとも評価されない太陽
 が不憫です。

 人間の世の中でも、本当に役立っている人の力って見過ごされてしまってい
 るんだろうな。なんて、寓話が教えてくれる真理をしみじみとかみしめる今
 日のかわうそでした。おっと、寄り道しちゃった。

◇夜を照らしてくれる月の実力
 あまり評価してもらえない太陽と違って、ありがたがってもらえる夜のお月
 様の明るさって、どんなものか、考えて見ましょう。

 早速ですが、「星」としての月の明るさについて考えて見ます。
 月は満ち欠けをする天体なので、満月の時と半月や新月では明るさが全然違
 うものになってしまいます。ただ「明るい月」と言えば、きっとほとんどの
 方が

  まん丸い満月

 を思い浮かべるでしょう。私もそうです。
 ということで、代表として満月の明るさを考えることにします。

 天文学では星の明るさを「等級」という数値で示します。
 等級は、星座を形作る星の中でも特に明るい星々の明るさを1等級とし、街
 の明かりや月明かりなどが無い夜に肉眼でやっと見える、最も暗い星々を6
 等級としています(本当に暗い所ではもっと見えますけど・・・個人的な体
 験ではですが)。

 これでは漠然としてしまって判りませんが、1等級と6等級の星の5等級の差
 で明るさはどれくらいの明るさの差になるかというと、これで100倍となり
 ます(1等級の差で約2.512倍)。この星の明るさの等級で満月の平均的な明
 るさを表すと

  -12.7等級

 となります。1等星より更に13.7等も明るい。とっても明るい!
 計算すると、1等星の約302000倍(30万2千倍)!
 さすが、満月。すごいじゃありませんか。

◇お月様と太陽を比べると
 大変明るいことが判った満月の明るさですが、太陽と比べたらどうでしょう
 か。先ほど登場した等級で太陽を表すと、

  -26.7等級

 おお!!!
 満月も凄いが、太陽は更に凄い。満月の-12.7等との等級差は実に14等。1等
 星と満月の差以上に満月と太陽の明るさの差は大きい。この等級差を明るさ
 の倍数で示すと、約398000倍(39万8千倍)!!
 うーん、明るい満月の明るさも太陽と比べると、霞んじゃいますね。

◇もし、満月で空を埋め尽くしたらどれくらい明るい?
 わざわざ数字で比べるまでもなく、満月でも太陽に比べたら暗いことは判っ
 ていますが、数字よりイメージしやすい比較をして見ましょう。

  もし、満月で空を隙間無く埋め尽くしたらどれくらい明るくなるか?

 ということで、計算してみました。満月の見かけの直径(平均)は角度で表
 すと0.518°。これは、全天球の面積の約1/196000ですから、全天には満月
 を196000個貼り付けることが出来ることになります。これだけ集めれば随分
 明るいぞ!

 となるかというと、残念ながらこれだけしても太陽の明るさの 1/2倍にしか
 なりません。それにこれは全天で考えたのですが、地平線の下の半球は見え
 ないので、目に見える半球全部に満月の明るさのものを敷き詰めると考える
 とその明るさは、太陽のわずか 1/4になってしまいます。

 う〜ん、夜を照らしてくれる月は確かに有り難い存在ですが、目立たないな
 がらいつも地球を照らして「昼」を作り出してくれる太陽の有り難さは比べ
 ものになりませんね。

 お月様の明るさに感謝しつつも、目立たない太陽の明るさにも手を合わせて
 感謝しようじゃありませんか。
 お、そんなことを書いていたら気分をよくしてくれたのか、雲の陰から太陽
 が顔をのぞかせてきてくれました。ありがとう、太陽さん!
 (出来れば、冬をもうちょっと暖かくして欲しいんですけど・・・)

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■皆様からのお便り紹介 (お便りは magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇Achira さんからのメール(11/26のメール)
 Subject:  月虹

 参考までに。ずいぶん前、大阪で
 「Night Rainbow」という写真展を見たことがあります。

⇒11/26の暦のこぼれ話に時雨虹の話を書いたところAchiraさんから「月虹」
 についてのメールを頂きました。
 Achira さん、ありがとうございました。

 虹を見たことがないという人を探すのは大変でしょうが、月虹に関しては、
 これを見たことのある人を探すのが大変でしょうね。
 ちなみに私はまだ見たことがありません。

 太陽の光で出来る虹も、月の光で出来る虹も原理はまるで同じですから月虹
 も多分虹と同じくらいの頻度で出来ていると思います。ではなぜ滅多に見え
 ないのかといえば、それは暗いから。

 余程周囲が暗くないと、月虹の光は周囲の光に埋もれてしまってその存在に
 気づかないわけです。

 じつは、本日の暦のこぼれ話の「月と太陽の明るさ」はこの話を納得してい
 ただくための前振り、事前説明みたいなものです。だって満月ですらも、太
 陽の明るさの約40万分の1の明るさなんですから、その月の光が作る月虹の
 明るさもまた、太陽の作る虹の40万分の1程。条件、厳しいですよね。

 そんなわけで、月虹が見えるというのは大層珍しい現象です。
 しかし、肉眼では確認出来なくても空が暗い場所で、虹が出るような条件が
 そろった満月の日などに、長時間露光の写真でも撮れば、写るかも?

 月虹を見ることが出来るのは神からの最高の祝福ともいいますから、罰当た
 りなかわうそではきっと見ることが出来ないと思いますので、カメラの力を
 借りて、祝福を受けたつもりになってみたいような気もします。
 ただ、虹が出るような条件のそろった満月の日ってだけで、既に結構条件が
 厳しいですけれどね。

 (※頂いたメールのすべては御紹介は出来ません。ごめんなさい。)
■隅掘り隊通信 (誤字脱字のご連絡は magazine.std@koyomi.vis.ne.jp まで)
◇11/25号、今日の記念日
 > (11月第4木曜日、米国)【
米国の祝日】。  →(11月第4木曜日、米国)【 米国の祝日】。 ◇11/26号、暦のこぼれ話  > サッと降り出す、そんな【雨のです】  →サッと降り出す、そんな【雨です】 ◇11/26号、埋め草の記  > 【外にも出ないとね、思っている】  →【外にも出ないとね、と思っている】 ◇11/27号、暦のこぼれ話  > 今年は【空き】が  →今年は【秋】が  > 木枯らし【一号】でしたが  →木枯らし【1号】でしたが > 木枯らし1号に【かんして】は →木枯らし1号に【関して】は ⇒サガ隊員、六木助隊員からの報告でした。  隊員の皆さん、報告有り難うございました。またの活躍を期待します。 ■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)  今朝は、朝からちょっとした作業をしておりました。  その作業の途中で   おっと、こっちのこともしておかないと  という別の作業に気がつきました。  そしてその別の作業を始めて・・・気がつくと4時間没頭してしまっており  ました。比較的単純な作業なのですが、そうした作業って始めるとはまり込  んでしまうことってありますよね。私もはまり込んでしまいました。  で、ふと気がつくと・・・!  日刊☆こよみのページ書かなくちゃ。  ということで慌てて書き始めましたが、大分遅れてしまいました。  ごめんなさい。  没頭していた作業は終わったのかというと、こちらもまだ途中。何となく気  持ちが悪いので続きをしたいのですが、他にもしないといけないことがいろ  いろありますので、そればかりというわけにはいきません。  うーん、はやく「いろいろ」を片付けて、単純作業に没頭する楽しみをまた  味わいたいと思う、休日のかわうそでした。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- ■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- ☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp  バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/ ★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、    http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★ ☆発行者について  かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。  プロフィール ⇒ http://koyomi8.com/msuzuki.htm ★Web こよみのページもよろしく!  http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ ) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
読み物
スクラップ
ブック
◆こぼれ話
◆コトノハ

日刊☆こよみのページ
※最新号※
22/01/22
22/01/21
22/01/20
22/01/19
22/01/18
22/01/17
22/01/16
22/01/15
22/01/14
22/01/13
22/01/12
22/01/11
22/01/10
22/01/09

古い記事