殿堂入りメールマガジン 日刊☆こよみのページ 【日刊☆こよみのページ】
アーカイブ
こよみのぺーじ
こよみのぺーじ
メルマガ登録・解除 ID: 0000210127
日刊☆こよみのページ
   
powered by まぐまぐトップページへ

■過去の号
※最新号※ ,05/22 ,05/21 ,05/20 ,05/19 ,05/18 ,05/17 ,05/16
日付で検索
■読み物スクラップブック こぼれ話 / コトノハ


★☆★☆★ 【日刊☆こよみのページ】2022/01/17 号 (No.5588)  ★☆★☆★
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ▼▽▼ 今日一日のデータをまとめてチェック!
        一日の始まりは 『日刊☆こよみのページ』 ▲△▲
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お早うございます。本日の暦データを配信致します。

読┃み┃物┃・┃目┃次┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
□暦のこぼれ話 ・・・ 「今月今夜の月の日」の話
□埋め草の記

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
◇バックナンバー閲覧と、読者登録は ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/
 日刊☆こよみのページへのご意見・ご感想そして、質問などは、
 ・Email  magazine.std@koyomi.vis.ne.jp をご利用下さい。
 ・お月様好きの方は、姉妹メルマガ「お月様のお知らせメール」もチェック
  ⇒ https://www.mag2.com/m/0001281490

◇「こよみのページ」のツイッター https://twitter.com/k_koyomi

◆◇ ご支援お願いします ◇◆
 「こよみのページ」運営のための寄付をお願いしております。
 詳しくはこちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/donation.htm

◆〜日刊☆こよみのページへの広告・お知らせ等の掲載を希望なさる方は〜◆
こちらをご覧下さい ⇒ http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■ 令和  4年  1月 17日 の暦 ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
西暦 2022年  1月 17日  [月の] 第4週 第3月曜  [年の]  17日目 残り 349日
旧暦  12月(小) 15日 (友引)
ユリウス通日 2459596.5 (日本時 9時の値)

暦と時節
 二十四節気 小寒 (1/5 〜 1/19)
 七十二候  雉始めて鳴く (1/15 〜 1/19)
 土用 (1/17 〜 2/3)

■祝日・節入日・候入日・雑節等
 冬土用入     雑節

■今日と明日の日干支と主な暦注
◆今日(1/17)のデータ
 六曜   友引 [ともびき] 友びきとて半ばよし.昼時悪し.葬礼忌む
 日干支  庚午 [かのえうま]
 十二直  執  [とる] 小吉.婚礼,種まき,造作吉.金銭収納凶
 二十八宿 心  [しん] 神事,仏事,移転,旅行吉.造作大凶
 二十七宿 星  [せい] 療養の始め,馬乗りなどに吉.婚礼,葬儀は凶
 日家九星 七赤金星 [しちせききんせい]

 ◇主な暦注
  三隣亡 [さんりんぼう] 棟上げ,土起こし等大凶.三輪宝の誤記か?
  土用入り 
  大土始まり 
  大明日 [だいみょうにち] 大吉日
  神吉日 [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  母倉日 [ぼそうにち] 吉日.婚姻には大吉日
  月徳日 [つきとくにち] (月とく)とも書く.吉日

◆明日(1/18)のデータ
 六曜   先負 [せんまけ] 朝〜昼は悪し.昼過ぎ〜夕まで障りなし
 日干支  辛未 [かのとのひつじ]
 十二直  破  [やぶる] 大凶.訴訟,交渉事は吉.造作,移転,慶事凶
 二十八宿 尾  [び] 婚礼,開店,移転,造作吉.衣類裁断は凶
 二十七宿 張  [ちょう] 大吉.出行,就職,婚礼,種まき吉
 日家九星 八白土星 [はっぱくどせい]

 ◇主な暦注
  大明日 [だいみょうにち] 大吉日
  五墓(金) 
 参照:http://koyomi8.com/sub/rekicyuu.htm  (暦注計算)

■誕生花と花言葉
◆今日(01/17) の誕生花
 デンドロビウム わがままな美人
 デンファレ      お似合い
 ナズナ(薺)   すべてを捧げます

◆明日(01/18) の誕生花
 パンジー         私を思ってください
 パフィオペディラム 変わりやすい愛情
 ラケナリア      持続する愛

 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/bflower.php (今日の誕生花)

■今日の記念日
 ◇阪神淡路大震災記念日
  1995年(平成7年)のこの日、兵庫県南部を中心にM7.3の地震が発生。
  この「阪神淡路大震災」では死者約6300人、30万人以上の方が避難所で
  生活を行なった。現在もこの日、震災で亡くなった人々を偲び、震災で
  得た教訓を忘れないために神戸市他で式典が行われている。

 ◇防災とボランティアの日
  阪神・淡路大震災をきっかけに国内でボランティア運動が活発になり、
  この年の12月15に防災を呼びかけ、ボランティア精神を普及するため1月
  17日を「防災とボランティアの日」に1月15〜21日を「防災とボランティ
  ア週間」とすることが閣議了解された。

 ◇湾岸戦争開戦の日
  1991(平成3)年、アメリカ軍を主力とする多国籍軍が、イラクとクウェー
  トのイラク軍拠点に攻撃を開始し、湾岸戦争が勃発した。この日に設定
  されていた撤退期限が過ぎてもイラク軍がクウェートから撤退しなかっ
  たため、攻撃に踏み切った。

 ◇今月今夜の月の日
  尾崎紅葉の『金色夜叉』の中で、主人公の貫一が熱海の海岸で、貫一を
  裏切った恋人のお宮に「いいか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月
  今夜になつたらば、僕の涙で必ず月は曇らせて見せる」からと言い放っ
  たことから。この日の夜の曇り空を「貫一曇り」という。

 ◇おむすびの日
  米に関係する民間企業やJA等でつくる「ごはんを食べよう国民運動推進
  協議会」が2000(平成12)年11月に制定し、2001(平成13)年から実施。
  日附は公募で選ばれ、阪神大震災ではボランティアの炊き出しで被災者
  が励まされたことから、いつまでもこの善意を忘れない為、1月17日を記
  念日とした。

 (以下にも多数の記念日有り。続きは↓のサイトでどうぞ)
 参照:http://koyomi8.com/cgi/today/today.php  (今日は何の日)

■各地の日出没 ( 計算地: 札幌/仙台/東京/大阪/岡山/福岡/那覇 )

 ◆札幌 ( 1/17)
  日出  7時 2分(118度) 日没 16時27分(241度) 昼 時間  9時間25分
  月出 15時27分( 53度) 月没  6時42分(306度) 正午月齢 14.4
 ・札幌 ( 1/18)
  日出  7時 1分(117度) 日没 16時28分(242度) 昼 時間  9時間27分
  月出 16時27分( 56度) 月没  7時27分(304度) 正午月齢 15.4
 
 ◆仙台 ( 1/17)
  日出  6時51分(116度) 日没 16時42分(244度) 昼 時間  9時間51分
  月出 15時47分( 56度) 月没  6時26分(303度) 正午月齢 14.4
 ・仙台 ( 1/18)
  日出  6時50分(115度) 日没 16時43分(244度) 昼 時間  9時間53分
  月出 16時45分( 58度) 月没  7時11分(302度) 正午月齢 15.4
 
 ◆東京 ( 1/17)
  日出  6時49分(115度) 日没 16時53分(244度) 昼 時間 10時間 4分
  月出 16時 1分( 57度) 月没  6時22分(302度) 正午月齢 14.4
 ・東京 ( 1/18)
  日出  6時49分(114度) 日没 16時54分(245度) 昼 時間 10時間 5分
  月出 16時58分( 60度) 月没  7時 8分(301度) 正午月齢 15.4
 
 ◆大阪 ( 1/17)
  日出  7時 4分(114度) 日没 17時12分(245度) 昼 時間 10時間 9分
  月出 16時21分( 58度) 月没  6時36分(302度) 正午月齢 14.4
 ・大阪 ( 1/18)
  日出  7時 3分(114度) 日没 17時13分(245度) 昼 時間 10時間10分
  月出 17時19分( 60度) 月没  7時22分(300度) 正午月齢 15.4
 
 ◆岡山 ( 1/17)
  日出  7時10分(114度) 日没 17時19分(245度) 昼 時間 10時間 9分
  月出 16時28分( 58度) 月没  6時42分(302度) 正午月齢 14.4
 ・岡山 ( 1/18)
  日出  7時10分(114度) 日没 17時20分(245度) 昼 時間 10時間10分
  月出 17時26分( 60度) 月没  7時29分(300度) 正午月齢 15.4
 
 ◆福岡 ( 1/17)
  日出  7時22分(114度) 日没 17時35分(245度) 昼 時間 10時間13分
  月出 16時46分( 58度) 月没  6時54分(301度) 正午月齢 14.4
 ・福岡 ( 1/18)
  日出  7時22分(114度) 日没 17時36分(245度) 昼 時間 10時間15分
  月出 17時43分( 60度) 月没  7時40分(300度) 正午月齢 15.4
 
 ◆那覇 ( 1/17)
  日出  7時18分(112度) 日没 18時 1分(247度) 昼 時間 10時間43分
  月出 17時18分( 61度) 月没  6時44分(299度) 正午月齢 14.4
 ・那覇 ( 1/18)
  日出  7時18分(112度) 日没 18時 2分(247度) 昼 時間 10時間44分
  月出 18時13分( 63度) 月没  7時32分(297度) 正午月齢 15.4
 
 ※ 出没時刻後の()は出没方位(北:0→東:90→南:180→西:270→北:360度)
 参照:http://koyomi8.com/sub/sunrise.htm  (日出没計算)
    http://koyomi8.com/sub/moonrise.htm (月出没計算)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★      ■■■  ほぼ週刊 『暦のこぼれ話』 ■■■     ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■「今月今夜の月の日」の話

 「宮さん、こうして二人が一処に居るのも今宵限りだ。・・・
  一月の十七日、宮さん善く覚えてお置き、
  来年の今月今夜は寛一は何処で此月を見るのだか。

  再来年の今月今夜・・・十年後の今月今夜・・・
  いいか、宮さん、一月の十七日だ。
  来年の今月今夜になったならば、僕の涙で必ず月は曇らしてみせるから」

 (尾崎紅葉作「金色夜叉」から抜粋。説明に関係のない途中を適宜省略)


 今日は金色夜叉の一部、有名な貫一、お宮の別れの場面の引用からスタート
 です。
 正直に言って私は金色夜叉を読んだことは有りません(一部抜粋を読んだだ
 け)。ですがそれでも、

  「来年の今月今夜、再来年の今月今夜、
   十年後の今月今夜の此の月を、僕の涙で曇らせて見せます」

 というフレーズがすらすら出てくるほど有名な場面です。
 金色夜叉は、明治30〜35年(1897〜1902年)の間読売新聞に連載された小説で
 す(未完)。
 さて、この金色夜叉と暦がどんな関係が有るかというと、それは

  「今月今夜の月」

 と言うフレーズです。
 この熱海の海岸での情景の描写はどうやら満月の夜。連載が始まった年の1/
 17の月の様子を調べてみるとドンピシャ。

 1897/1/17 は旧暦では 12/15。つまり十五夜の満月(天文学的満月はこの 2
 日後でしたが)です。どうやら尾崎紅葉は、連載時点で既にこの場面を思い
 描いていたようです。

 さて、この場面で貫一氏が「来年の今月今夜、再来年の・・・」と言ったと
 き、氏の脳裏にあった月はきっと、その夜と同じ満月だったことは、この文
 章を読む限り間違いないことと思います。ところがです、明治30年当時は既
 に太陽暦。
 もうお解りでしょう? そう、太陽暦の来年の今月今夜の月は、満月である
 はずがないのです。

 貫一氏が言った、来年、再来年、十年後の月の様子をその日の旧暦の日付で
 考えてみましょう。

  今年   1897/1/17 ⇒ 旧暦 12/15 (十五夜・・・ほぼ満月)
  来年   1898/1/17 ⇒ 旧暦 12/25 (二十五夜・・明け方の細い月)
  再来年  1899/1/17 ⇒ 旧暦 12/ 6 (六夜・・・・上弦の月の前日)
  十年後  1907/1/17 ⇒ 旧暦 12/ 4 (四夜・・・・三日月の翌日))

 うーむ、何れも満月にはほど遠い。「三年後の今月今夜」とでも言えば十七
 夜、立ち待ち月でしたから、満月に近いのですがそれではいかにも取って付
 けたような浮いた台詞になりますしね。

 ではなぜこんな言葉が出てきたのか。これが旧暦(太陰太陽暦)を使用して
 いた時代だったらこの名台詞の通りだったのです。尾崎紅葉の頭の中には旧
 暦時代でなら常識だったこの事実があったのでしょうか。あるいは、旧暦時
 代に「今月今夜の月」のような用法が慣用句としてあって、それを用いただ
 けなのか。この辺の事情は私には判りませんが、細かく見ると名台詞も

   「あ、それおかしい」

 と揚げ足とりの材料と化してしまいます。いちいち揚げ足とりしなさんなと
 言われればそれまでですが。

 それにしてもこの小説の連載開始が1897年ですから、太陽暦への改暦からは
 実に24年も経過しています。それでもこんな「今月今夜の月」が同じに見え
 ると考える人が大勢いたと考えると、太陽暦の普及の難航ぶりが垣間見られ
 る気がしますね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.std@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★       ■■■ 連絡&お知らせコーナー ■■■       ★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 昨日日曜日、かねてから考えていた葛の根(寒根葛)掘りを行いました。
 周囲にも

  「葛の根掘りするときは参加させてください」

 と言ってくださった奇特な方が若干いらっしゃるのですが、そうした方をお
 誘いする前に、まずは予行演習というつもりで一人で掘ってきました。

 度々登場する職場の裏山は、夏の間は陽の当たる部分を一面葛の葉が被うほ
 どですので、その根幹たる葛の根っこなどそれこそ山ほどあるわけです。も
 う、掘り放題といっても過言ではないほど。

 そんなわけで、昨日は掘り放題の葛の根のなかから「中くらいの太さ」のも
 のを狙って掘ってみました。地上に出ている部分は、私の腕ぐらいの太さの
 ものです。すぐ近くに太股ほどもある大物もあったのですが、何十年物の大
 物はプロでも2〜3人がかりで何時間もかかると聞いていたので、中くらいの
 ものにしました。

 午後の早い時間に掘り始め、「どんなものかな」と思いながら掘ってみまし
 たが、これがなかなか。想像以上に大変。途中で幾又にも分岐していて、分
 岐した直径3?程の細い根っこがスコップや鍬の行く手を阻み、根幹の根に
 なかなか近づけません。

 結局、ほぼ休憩もなしで4時間掘り続け、穴の深さも1.7m(自分の身長)を超
 えるところまで掘って、脚の脹脛ほどの太さの根を掘り出したところで、日
 没終了。根はさらに先に続いていましたが、土が硬くて掘りにくくなってい
 た部分でちぎれてしまったので、ここで諦めました。いやはや大変。

 この後はまずは、根っこの水洗いをして土を落とす必要がありますが、穴掘
 りでヘトヘトでしたので、すべては後回し。
 続き作業は今日からぼちぼち・・・。
 葛粉を得るまでの道のりはまだまだ遠いです。
 (昔の人の苦労の一端を実体験しております)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■■   【日刊☆こよみのページ】(まぐまぐID: 0000210127)    ■■
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
☆ご意見・ご感想・質問送付先E-mail: magazine.std@koyomi.vis.ne.jp
 バックナンバー参照、メルマガ登録・解除 http://koyomi8.com/cgi/magu/

★「日刊☆こよみのページ」に広告等の掲載条件については、
   http://koyomi8.com/cgi/magu/publicity_sample.htm をご覧下さい。★

☆発行者について
 かわうそ@暦   (http://koyomi8.com/ こよみのページ作者)です。
 プロフィール ⇒   http://koyomi8.com/msuzuki.htm
★Web こよみのページもよろしく!
 http://koyomi8.com/  (携帯版・今日の暦は http://koyomi8.com/i/ )
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-