こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
 【卯の時雨に笠持つな】 (うのときあめに かさもつな)
 卯の時(午前六時頃・早朝)の頃のしぐれはすぐに止み、間もなく晴れるか
 ら雨具は不要だという意味。

 「卯の時」は時刻を十二支で表したもので現在でいえば午前5〜7時の間の 2
 時間。昔の時刻の表し方には様々あり、当時の人々もしばしば混同して間違
 った使い方をしている例も多いのですが、十二支を使う場合は基本的には定
 時法で、一時は 2時間を表します。

 こうした天気俚諺(てんきりげん)は各地に残り、地方によって独特のもの
 も多くありますが、今回の「卯の時雨・・・」は、広く使われるスタンダー
 ドなものです。
 天気予報の降雨確率もいいですが、こうした言葉も忘れないでいたいですね。


オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/01/10 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック