こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
 【去る者は日々に疎し】 (さるものは ひびにうとし)

 親しかった者同士でも、遠く離れてしまうと次第に疎遠となってしまうと言
 うこと。または、亡くなってしまった人は月日が経つに従って忘れられて行
 くという意味。

 出典は古詩十九首。
  「去る者は日に以て疎く、来る者は日に以て親し」

 一抹の寂しさの有る言葉ではありますが、去って行く者が忘れられるのは当
 たり前のこと。仕方がありません。だからこそ、そんな中にあって旧交を何
 時までも忘れずにいてくれる人は有難い存在だとも言えるのですね。
 

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/01/13 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック