こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
 【人事を尽くして天命を待つ】 (じんじをつくして てんめいをまつ)

 人として最善の努力をし尽くした上で、あとは静かに天命にまかせると言う
 こと。出典は『読史管見』。

 事の成る成らないが決する過程には、人間の力の及ばない要素も含まれます
 から最善を尽くしたからと言って必ず成功する保証は有りません。
 ですが、最善を尽くさずに失敗に終わったとすれば、それは人間側に問題が
 残ります。

  事の成る成らざるは、命なり
  為す為さざるは尽く我一身に存ず

 事が成ったかどうかという評価は他から見た評価ですが、それを成そうと努
 力したかどうかは、自分自身が下す評価です。

 他人が下す評価は他人にまかせて、自分は自分が下す評価のために行動しな
 ければならないのではないでしょうか。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/01/19 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック