こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
 【同じて和せず】 (どうじて わせず)
 修養が足りず思慮の浅い人は、考えもなくむやみに人の説に同調するが、心
 から和らぎ親しまない。
 君子と小人の差を比較して述べた孔子の言葉。出典は『論語』。

  「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」
 
 「同じて和せず」の類語には「付和雷同(ふわらいどう)」などがある。

 人との付き合いと議論の上での意見は別物。親しい人物の意見でもおかしな
 点はおかしいと言うべきだし、それによって関係が壊れるような付き合いな
 ら、単なる利害の上での付き合いだったと言うことなのでしょう。
 そんな付き合いなら、壊れてしまう方がよいのです。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/01/22 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック