こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
コトノハ・言の葉
【葦牙】(あしかび)
 葦の若芽。春の季語。
 古事記上「葦牙のごと萌えあがる物」
   《広辞苑・第六版》

 葦の若芽。
 春になると水辺の葦が芽吹き、水面にその尖った新芽が点々と顔を出します。
 水面から出たその尖った新芽を牙や角、錐に見立てて葦の牙、葦の角、葦の
 錐などともいいます。

 私は子供の頃、川のすぐ近くに住んでいました。
 家から歩いて数分の川の川原には葦の原が広がっていて、一年を通して私の
 いい遊び場になっていました。

 春になり、冬の間は雪に隠れていた川原の黒い土が姿を現す頃になると、氷
 の消えた川の水面に葦の牙がその姿を現しました。

 水温む頃とはいいながら、手を差し入れれば切れるほど冷たい川の水を葦の
 牙が切り裂いている。
 葦牙のある風景は私にとって、懐かしい春の眺めです。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/02/15 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック