こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
 【神に入る】 (しんにいる)
 非常に優れていて、人間技とは思えないような域に達している。人智も及ば
 ない霊妙な境地に達している。
 「技、神に入る」「妙技神に入る」という形で使われることが多い。

 子供の頃から不思議なことがありました。それは、昔の建物や工芸品といっ
 た、人がものを作るという「技術」によって生みだされたものの中に、

  「現在では作ることが出来ません」

 というものがあると言うことです。
 技術というのは進歩して行くもので、昨日よりは今日、昨年よりは今年の技
 術が高いものだと子供のころは単純に考えていましたから、昔作ることが出
 来て今作ることが出来ないものがあることが不思議だったのです。

 今も不思議に思うのですが、大人になって実体験として、特定の人に負った
 技術というものの存在を知るようになりました。
 あの人がもしいなくなったら、もうこれを作れる人はいないなというような
 ことです。

 妙技神に入る、そうした人は少数ながらいるようです。
 我々、神に入れないものも、神の域に達した人々の断片でも伝えていかなけ
 ればいけないなと思います。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/02/16 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック