こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
 【菜の花】 (なのはな)
 アブラナの花。また、アブラナ。春の季語。
 例:「菜の花や月は東に日は西に」(蕪村)。「菜の花畑」

 ととりつく島も無いような記述は広辞苑の解説より。
 日本の春の代表的な風景を選んだとしたら、一面に広がる菜の花畑の眺めは
 その中に必ずくわえられるもののはずです。
 一本だけ切り取って花瓶に飾ったとしても、菜の花はあまり見栄えのする花
 ではありませんが、一面を埋め尽くすような菜の花畑の眺めは春の日本の原
 風景と言っても過言では無いでしょう。

 菜の花は江戸時代に油を得るために輸入され、大量に栽培されるようになっ
 たものだそうです。「日本の原風景」と思っている風景は、昔からただそこ
 にあった風景ではなく、人々との関わりの中で生み出されて来た風景だった
 のです。

 日本の風景、日本の春、そうしたものはただ残していけば良いものなのでは
 なく、産み育ててゆくものなのだと言うことを菜の花は教えてくれているの
 では無いでしょうか。
 先人が生み出した菜の花畑の風景のように、我々も何かを産みだし、そして
 残して行けるのでしょうか。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/02/19 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック