こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
 【麗らか】 (うららか)
 空が晴れて、日影の明るくおだやかなさま。多く春の日にいう。春の季語。
 また、声の明るくほがらかなさま、心のさわやかなさま。

 「麗らかな日和ですね」

 そんな挨拶の言葉が交わされる気候になりました。
 冬の寒さに耐えていた人も動植物も、春の陽を浴びて成長の季節を迎えた喜
 びを感じる頃、この言葉を思い出します。

 「麗」はまた「麗しい」という言葉にも用いられます。麗しいとは単に美し
 いものに向けられる言葉ではなく、気品や気高さを感じさせる美しさに対し
 て呈せられる言葉のような気がします。

 麗らかな春の日射しは美しさ、気高さを優しい暖かさに包んで、全ての生き
 物たちの上にそそがれます。


オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/02/26 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック