こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
 【佐保姫】(さほひめ)
 佐保姫は春をつかさどる女神の名。
 春は芽吹きの季節ですから、佐保姫は芽吹きをつかさどる女神とも言えます。

 五行説によれば春は木性。方角では木性は東にあたる。
 平城京の東には佐保山があり、このことから佐保山の神が春を司る神となっ
 たものです。ちなみに秋を司る神は竜田山の神である、竜田姫。竜田山は平
 城京の西にあります。

 秋にも沢山の花は咲くのに佐保姫といえば花を、竜田姫といえば紅葉を連想
 してしまいます。
 佐保姫は今ならさしずめ桜の花でしょうか?

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/03/20 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック