こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
 【麦秋】 (ばくしゅう)
 1.麦を取り入れる季節。初夏の頃。むぎあき。むぎのあき。夏の季語。
 2.陰暦4月の異称。

 現在の 5月〜 6月頃にかけて麦が熟し借り入れの時を迎えることから。
 麦の秋ともいいます。
 季語としては夏のものとされ、麦畑などを身近に目にする機会の多かった時
 代には、季題としても盛んに採り上げられたようですが、最近は麦畑が珍し
 くなってしまいましたので、実感が薄らいだ言葉でもあります。

 5〜6年前に福井方面に仕事で出かけたことがありました。
 雨の中、車を走らせていると雨に霞んだ風景が薄緑の混じった麦色に変わり
 ました。
 一瞬、稲が実っているのかと錯覚しましたが、その時期には稲はまだ花さえ
 咲いてはいないはずだと気がつき、霞む風景をもう一度目を凝らして眺めて
 みると、それは一面の麦畑。麦秋の眺めでした。

 今、私の周囲には一面の麦畑という風景は有りません。
 意識を凝らさないと、麦秋の時期に差し掛かっていることすら気付かなくな
 ってしまいました。
 

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/05/07 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック