こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【薄暑】(はくしょ)
 初夏の、やや汗ばむような暑さ。夏の季語。 《広辞苑》より

 五月も半ばを過ぎる頃になると、その日射しに汗ばむ日が有ります。
 汗ばむといっても、うっすらとにじんだ汗がかえって風のありかを知らせて
 くれるといった程の心地よい暑さ。
 それが薄暑です。

 この頃、平均気温は20℃程となり、木々のみどりは新緑から万緑という表現
 が似合うようになりました。本格的な夏が近づいていることを感じます。

 「薄暑の候」と手紙を書き始める方も多いことでしょう。
 今では、この季節によく似合った言葉として定着したこの言葉ですが、一般
 的に使われるようになったのは大正時代だとか。
 意外に新しい言葉だったんですね。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/05/21 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック