こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【白夜】(はくや)
 北極または南極に近い地方で、夏、日没から日の出までの間、散乱する太陽
 光のために薄明を呈すること。びゃくや。  《広辞苑》

 私の年代(か、それより幾分上の皆さん方)は

  「知床の岬にハマナスが咲く頃・・・」

 という歌詞で始まる「知床旅情」という曲をご存じでしょう。
 私も子供心に、

 「知床と言うところまで行けば、白夜という状態が体験出来る」

 と思ったものです。
 確かに北海道は本州や、九州、沖縄などに比べれば夏の日は長いのですが、
 実際は白夜と呼ばれる状態までなることは有りません。

 広辞苑の記述では、日出没があってもよく、ただ薄明(朝夕の、薄明るい様
 子)の状態が続く場合も白夜と呼ばれると言うことなら、多少地域の制限は
 緩和出来そうですが、それでも北海道にそんな状況を望むのは無理。
 あれは、詩情を誘うために入れた言葉だったようです。残念。

 普通、白夜が見られる場所としては南北66.6°以上の極北の地域。この角度
 は地球の自転軸の傾き23.4°から来ます。

  66.6° = 90° - 23.4°

 という計算です。北海道はその北端まで行っても北緯45°を超えることはあ
 りませんから、白夜が起こる場所にはほど遠いと言うことになります。

◇「白夜」は「はくや」
 今回調べていて驚いたのは、

  白夜 = はくや ・・・ ○
  白夜 = びゃくや・・・ △ (間違いじゃないけど・・・)

 ということだと言うこと。今まで「びゃくや」が正しいと思って、一度も疑
 ったことが有りませんでした。
 でも本来は、「びゃくやとも読む」といったものだったのですね。
 広辞苑(第五版)の記述も、そうなっていました。

 ではなぜ、「びゃくや」という読みが一般化したのかというとこれが、先の
 知床旅情のヒットだったそうです。
 歌の中で「びゃくや」としていたため、これが人口に膾炙して、一般的には
 「はくや」より「びゃくや」の方がなじみのあるものになってしまったよう
 です。

 この辺の事情は始めて知りました。
 私は、物心付いたときから、「びゃくやは明けぬ」だと思っていたのでした。


オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/06/24 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック