こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【新涼】(しんりょう)
 秋の初めの涼気。秋涼。秋の季語。 《広辞苑》

 まだまだ猛暑、酷暑の日が続きますが、それでも朝夕は盛夏のそれとは違う
 涼しい風が吹きはじめています。
 「涼しい」とだけ言えば夏の季語ですが、新涼と言えば秋のものなります。

  「盛夏のそれとは違う涼しい風」

 と書きましたがその「違い」に季節の変化を感じるから、この涼しさは夏で
 はなく秋のものとされたのでしょう。

 まだ暑い日であることには違いがないのですが、その暑さが何時までも続く
 終わりの見えない暑さではなく、昼の一時だけの暑さとなり、暑さの後には
 新しい季節の涼しさが待っています。
 新しい涼しさの底で鳴く虫の声も、何時しか秋のものと替わっていました。


オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/08/28 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック