こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【爽やか】(さわやか)
 歴史的仮名遣いでは「さはやか」。
 1.すがすがしく快いさま。気分のはればれしいさま。爽快。秋の季語。
 2.はっきりしているさま。分明。
 3.あざやかなさま。新しくさっぱりしたさま。

 時は秋、爽やかな空が広がる季節となりました。
 初夏の頃、「爽やかな季節」と使ったら、言葉に敏感な方に

  「爽やかは、秋の言葉ですよ」

 と注意されました。何気なく使っていたこの言葉に季節があることを知った
 のはそのときでした。初夏の頃に使うなら「清々(すがすが)しい」だった
 わけですね。

 不思議なもので、最初から知っていたものよりこうして間違いを正された物
 事の方がよりはっきり頭に刻まれるようです。この訂正された記憶があるの
 で、今でも「爽やか」や「清々しい」と言う言葉が出かかると、頭の中でそ
 の言葉の適否の判定をするようになりました。

 拘りすぎれば伸びやかになりませんし、漫然と使うと鋭さを失ってしまいま
 す。言葉を使うのは難しいです。だから楽しいとも言えるのですが。
 「爽やか」は、言葉の難しさと楽しさをはっきりと示してくれた言葉です。


オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/09/24 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック