こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【広辞苑】(こうじえん)
 『広辞苑』(こうじえん、歴史的仮名遣い:くわうじゑん)は、岩波書店が
 発行している中型国語辞典。
 昭和初期に『辞苑』(じえん)(博文館刊)として出版。『辞苑』の改訂作
 業を引継ぎ、第二次大戦後新たに発行元を岩波書店に変え、書名を『広辞苑』
 と改めて出版された。日本で最も有名な国語辞典の1つ。
 《フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) http://ja.wikipedia.org/》

 広辞苑はこのコーナー、コトノハではその導入部で毎度利用させて頂いてい
 る辞書。
 ウィキペディアの説明にあるように、「日本で最も有名な国語辞典」といっ
 ても異論のない程普及している国語辞典でしょう。

  『「広辞苑」10年ぶり全面改訂・「いけ面」「うざい」など新登場
   岩波書店は23日、「広辞苑」の第六版を来年 1月11日に発売すると発
   表した。全面改訂は10年ぶり。「いけ面」「メタボリック症候群」
   「うざい」「ラブラブ」など約1万語を新たに収録。』
  《日経ネット http://www.nikkei.co.jp/ 2007/10/23の記事より》

 言葉は生きていますから、時代によって変わります。中には泡沫のごとく生
 まれたと思ったらすぐ消えて無くなってしまう言葉もありますが、広辞苑に
 収録されると言うことは、よちよち歩きにせよ自分で立って歩ける程にまで
 は成長した言葉と認知されたということでしょう。

 とは言いながら「いけ面」に「うざい」ですか。
 言われてみれば、確かに私でも意味がわかりますから、広く認知された言葉
 にはなっていますね。まあ、意味がわかるのと、使うか否かとは別問題です
 けれど。

 それはそうと、この記事を書くために広辞苑で引いてみたら見つからなかっ
 た言葉があります。それは、

   広辞苑

 こういった商品名は載せないのかなと思ったのですが、試しに「大言海」や
 「コンサイス」という言葉を引くと、ちゃんと辞書だという解説がありまし
 たから、商品名になっているから載せないといった基準ではなさそうです。
 やはり自分自身を書くのは面はゆいことなのかな? 奥ゆかしい。
 でも、改訂版が出ることが一般のニュースになるほどよく知られた辞書なの
 ですから項目があってもよさそう。そして、

  【広辞苑】 意味:この辞書です。

 くらい書いてくれたら楽しいのになと思うんですが。
 どうでしょう?


オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/10/24 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック