こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【雁風呂】(がんぶろ)
 浜辺の木を薪として風呂をわかすこと。
 雁が秋にくわえてきた木を、春にはくわえて帰ると考え、残った木は日本で
 死んだ雁のものとする俗信から、青森県外ヶ浜で雁を供養した風習。
 雁供養。春の季語。
  《広辞苑・第五版》

 2007/1/9号のコトノハに、
  【葦を啣む雁】 (あしをふくむかり)
   http://koyomi8.com/doc/mlko/200701090.htm

 という話を書きました。今回の雁風呂はこの「葦を啣む雁」と一対を為す言
 葉です。
 「葦を啣む雁」は、中国の淮南子(えなんじ)という本に書かれた話から生
 まれた故事で、準備がととのったこと、手抜かりが無いことを表す言葉とし
 て使われます(といいながら、私自身は使った事はありません)。
 淮南子には渡り鳥の雁が、遠く海を渡る前に海上で翼を休めるための葦を用
 意し、これをくわえて渡りの旅に出たという伝説が紹介されています。

 秋に葦をくわえて大陸から日本に渡ってきた雁は、津軽の浜にたどり着くと、
 くわえてきた葦や小枝をこの浜に落として、身軽になって更に南下を続けま
 す。そして春になり北帰行を始め、再び海を渡る段になると津軽の浜で秋に
 落としていった葦や小枝を拾って飛び立っていくといわれました。

 雁の北帰行が終わる頃、秋から春の間に命を失ってこの浜までたどり着くこ
 との出来なかった雁の数だけ、浜には小枝が残されます。
 近隣の人々はこの小枝を拾って風呂をたて、旅の途中で命を失った雁を供養
 したと言われ、この供養の行事が雁風呂と呼ばれました。

 大変によくできた話ではあるのですが、実際にはこうした事実は無いとの事
 で淮南子の内容を知っていた都人が、その話と津軽の浜の冬の漂着物とを結
 びつけて生み出した物語のようです。
 ちょっと残念な気にもなりますが、出来すぎた物語とは、案外こんなものな
 のかも知れませんね。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/03/18 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック