こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【ゴールデン‐ウィーク】
 (golden week) 4月末から5月初めの休日の多い週。黄金週間。
  《広辞苑・第五版》

 昨日の日曜日、とあるダム湖に沿った道を通り抜けてきました。
 普段は滅多に対向車もない道ですが、昨日に限っては沢山の車とすれ違いま
 した。すれ違う車には申し合わせたようにボートが載せられていました。
 このダム湖で釣りを楽しむ人たちなのでしょう。
 今年はとびとびで変則的ですが、昨日からゴールデンウィークに入っていた
 ようです。
 ゴールデンウィークは、

  4/29 昭和の日
  5/ 3 憲法記念日
  5/ 4 みどりの日
  5/ 5 このもの日

 祝日では有りませんが、5/ 1のメーデーも休日とすることもあります。
 そして、この期間とその前後の日曜日などと組み合わされて成り立ちます。
 今年は「前後の日曜日」との関係があまり上手く行かず、なんだか不連続な
 休日の配置で、どこからどこまでがゴールデンウィークかはっきりしません。
 まあ、見方によっていろいろでしょうが、早い人なら昨日の日曜からとも言
 えると思います。さてみなさんは?

  ゴールデンウィーク

 という名称は1951年、映画会社の大映が名付けたものです。
 当時映画は、国民の一大娯楽となっておりました。映画の興業成績は正月と
 お盆、そしてこの4月・5月の連休期間が上位を占めておりましたからこの連
 休の時期をゴールデンウィークと名付けました。映画会社にとっては正に、
 「黄金週間」だったわけです。

 今は、映画の娯楽としての地位は1951年当時と比べると大分下落しています。
 そして昔に比べて長い休みを取りやすい環境や、旅行代金の値下がりなども
 あって、ゴールデンウィークに映画館に足を運ぶより、大型の連休を利用し
 て国内外の旅行に出かけるという方も増えてきたようです。

 今年のゴールデンウィークは日曜日との関係が悪く、まとまった休みは取り
 にくいという方が、多いのではないでしょうか。
 こんな時こそ、昔に戻ってゴールデンウィークに映画を見るなんて過ごし方
 はいかがでしょうか?


オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/04/28 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック