こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【半夏雨】(はんげあめ)
 半夏生の日に雨が降ると、そのまま大雨が降り続くという言い伝えがありま
 す。また、この大雨によって起こる洪水を「半夏水(はんげみず)」などと
 呼ぶこともあります。

 半夏生の時期は、梅雨のちょうど真ん中付近。
 このあたりから梅雨も後半に入ることになります。
 梅雨の後期には湿った南西の気流が大気の下層に侵入し、その上の層に北西
 から寒気が流入して大気が不安定になり、大雨が降ることがあります。
 梅雨前線豪雨と呼ばれるこの現象が、半夏雨の正体でしょうか。

 梅雨前線豪雨は昼夜の別なく、突然に強い雨が降り出すのだそうです。
 既に半月あまり雨降りが続き、地盤が緩んだこの時期にさらに大雨と来れば
 洪水や、土石流などの自然災害の危険が高まります。
 気象警報には、注意が必要な時期のようです。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/07/03 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック