こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【原爆忌】(げんばくき)
 1945年8月6日に広島に、8月9日に長崎に原爆が投下された。
 原爆忌はこの両日を指す。
 また8月6日を「広島原爆忌」「広島忌」、8月9日を「長崎原爆忌」「長崎忌」
 とも呼ぶ。夏の季語

 今日8月6日と、 3日後の9日は広島、長崎に原爆が投下された日。
 今年(2008年)で63回目となる原爆忌です。
 この語は国語辞書を引いても出てきませんから、まだ俳句の世界でだけ通用
 する季語のようです(最新の辞書はどうでしょう?)。

  投下する者の瞳に輝きて美しかりけむ広島の川 <松村 正直>

 63年前の今日、広島の中を流れる太田川は朝の光を映して美しく輝いていた
 でしょう。
 今日も広島は晴天の模様。太田川は朝の光を映してきっと美しく輝いている
 ことでしょう。

 63年という人にとっては長い歳月も、川にとっては一瞬の時間なのかもしれ
 ません。川にとっては一瞬の出来事で、川は何も変わらないように流れてい
 ますが、人にとっては多くのものが変わってゆく長い時間が流れ、原爆の記
 憶も薄らいできました。
 こうした記憶が薄らぐことは、はたして善いことなのか否か。そんなことを
 考えさせられる日です。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/08/06 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック