こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【真逆】(まぎゃく)
 「正反対」の意味の新語*1。
 2002年〜2003年ごろから使われ始め、2006年現在、すでに多くの人がこの言
 葉とその意味を知っていると思われる。
  《はてなキーワード http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%BF%B5%D5 》

 最初この言葉を聞いたときには、
 「間尺(ましゃく)」のことかと思いましたが、前後の関係を考えるとそこ
 で間尺という言葉が登場するのはそれこそ「間尺に合わない」ので、前後の
 文脈から考え直して、

  「真逆・・・ああ、正反対っていうことか」

 と想像して意味はわかりましたが、なんで「正反対」と言わないのかなとい
 う疑問を持った覚えがあります。

 言葉の意味自体は簡単で、疑問の余地はありませんし、字面を眺めればその
 意味も理解は出来ます。もっとも字面を眺めて意味を理解した後で、何と読
 むのがよいのか悩むことにはなりますが。

 漢字で「真逆」と書いた場合、今までの普通の読み方は「まさか」でしょう。
 これだけだと読みにくいですが「真逆さま」或いは「真逆様」と書いてあれ
 ば「まさかさま」あるいは「まっさかさま」と読めます。
 「逆」を「ぎゃく」と読みたくなるので「まぎゃく」と読まれるのでしょう
 か。でも「逆さま」は「さかさま」と普通に読むと思うのですが。

 これからは、「真逆」は「まぎゃく」と読まれるのが当たり前となって行き
 そうな勢いです。ただ当分の間は「まぎゃく」と耳にしても「真逆」と変換
 するまでには一拍間が出来てしまいそうな私です。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/11/17 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック