こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【鬼の霍乱】(おにの かくらん)
 いつもは極めて壮健な人が病気になることのたとえ。
  《広辞苑・第五版》

 「○○さんが風邪をひいたって? 鬼の霍乱とはこのことだね」
 といった言葉を聞くことがあります。
 鬼のように丈夫な者でも時には病気になるということです。

 「霍乱(かくらん)」の意味は辞書には

 【霍乱】(かくらん)
  暑気あたりの病。
  普通、日射病を指すが、古くは吐瀉病も含めて用いた。夏の季語

 とあります。てっきり目眩くらいの意味かと思っていましたが、そうではな
 かったのですね。

 昨日の朝からなんだか喉の調子が良くありませんでした。いがらっぽい。
 夜になるといがらっぽいから、喉がちょっと痛いと症状が進みました。
 そして一夜明けると、喉の痛みは更に激しくなって声が出ない。唾も飲み込
 むのが困難。おまけに頭痛がするし鼻水が出るし、関節も痛い。風邪です。

 11月最後の日曜日、こよみのページとしては月替わりには更新しなければな
 らないページもあり、年替わりの準備もあり、いろいろ忙しいはずですが、
 こんな時に限って・・・。
 私の風邪も周りから見るときっと

  鬼の霍乱

 と見えることでしょう。
 「本当は意外に病弱なんだよ」と言ってもあまり説得力はなさそうです。
 でも本当は・・・。
 鬼の霍乱でした。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/11/30 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック