こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【風邪の神は膳の下に隠れている】
 風邪の神に負けないためには、モリモリと沢山食べることだという意味。

 沢山食べて、栄養をつけていれば風邪の神様にとりつかれることが無いとい
 うことですが、なぜ「風邪の神は膳の下」なのかな?
 諺には、「そこを今ひとつ解説してくれ」という言葉があります。この「風
 邪の神」の話も最初はあまりぴんとこなくて、もうちょっと解説してと思い
 ましたが、辞書のたぐいは冷たい。そこで考えてみたのが次の論理。

  御飯をモリモリ食べるて食べ終わると、
  → 膳はかたづけられる。膳が片づけられると、
  → 風邪の神様は居場所が無くていなくなってしまう

 論理というほどではないですが、こんなことで沢山食べると風邪の神にとり
 つかれずに済むということでしょうか。

 現在私は、風邪の神にとりつかれております。
 結構食べていたような気がするのですが、逃げ切れなかったのはなぜ?
 私の場合、睡眠時間の問題かな・・・。
 今もまた、洟が・・・。

 冬のこの時期、モリモリ食べてよく眠って、皆さんは風邪の神にとりつかれ
 ないように。
 

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/12/05 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック