こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
 【春陰】(しゅんいん)
  春の曇りがちな天候。春の季語。
   《広辞苑・第五版》

 春は暖かい陽射しの降り注ぐ季節というイメージがありますが、実際にはど
 うかというと、意外に天候は不順で、どんよりとした空模様であることが多
 いものです。
 桜の時期のこうした空に対しては「花曇り」という言葉もありますが、春陰
 は桜の時期に限らず、もっと広い時期のこうした空を表現する場合に使う言
 葉です。

 春は、草木は芽吹き育ち、花は咲き、野鳥は鳴き交わす季節ですが、その春
 にあって陽射しの遮られた春陰の一日は、動き続ける自然が一瞬動きを止め
 たような、静謐な一日となります。

 わくわくするような、軽快な春という季節の中で「シュンイン」という漢語
 的、硬質な響きが、その一瞬の静謐の趣をよく伝えてくれます。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2009/04/18 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック